David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「存」や「在」の三画目は上に突き出すか?

2010-10-19-Tue
ある日、いつも元気なT(以下)が青い顔をしてやってきました。

:「出人さん、出人さん、ちょっと話がある~」

がこんな顔をする話は、ま、わたしにとっては、そこそこおもしろい話です。Tは原則無駄な話はしません。結果的に力及ばず、無駄な時間に終わることはあっても、時間をかけて考えたり調べたりするにはおもしろいテーマを、時折なげかけてくれる、ま、楽しい友人の一人です。

:「出人さん、『存在』の『存』を書いてみて~」

ん? わたしは(以下)はしばし考えた。何かを試そうとしているが、「存」となったら……、あの話かなと、わたし()にはピンと来るものがありました(そもそも、こういう話はわたしにするものだとTの方でも決めているわけですよね)。

:「それってあれ? 出るか、出ないかってこと?」
:「お、すごい! なんでわかった~」
:「いや、以前『耳』で同じようなことがあって~」
:「あ、耳。耳偏?」

わたし()が思い出した『耳』の話は、今でも時々コメントがつく、ま、うちのブログの人気記事の一つです。
 → 過去記事:「「聞く」という漢字の「耳」ははみ出すか?」(2007-09-15付)

このときは「「耳」という漢字の5画目(一番下のよこ棒)が右に貫くが、「聞」のときはどうか」という問題であり、今回は「存」や「在」の3画目は上に突き出るかどうかという問題なのです。どちらが複雑かというと、「耳」の方が複雑な事情がありますよね。「耳」の時は貫くのが普通ですが、じゃ、「聞」や「聴」のときは貫くの、貫かないのってな話になって、ま、二段階なんです。

ただ、結論から言えばはっきりしていて、「聞」も「聴」も「存」も「在」も答えは同じで、「少なくとも文科省はどちらでもいいと言っている」ということになるんですね。

過去記事(「俺はダメなのかよ、常用漢字。~新常用漢字案の案」)で書いたのですが、近年見直しをされていた「改訂常用漢字表」が、この夏正式にスタートしました。その中に、漢字の字体について次のような記述があるのです。

ここに挙げているデザイン差は,現実に異なる字形がそれぞれ使われていて,かつ,その実態に配慮すると,字形の異なりを字体の違いと考えなくてもよいと判断したものである。すなわち,実態として存在する異字形を,デザインの差と,字体の差に分けて整理することがその趣旨であり,明朝体字形を新たに作り出す場合に適用し得る デザイン差の範囲を示したものではない。また,ここに挙げているデザイン差は,おおむね「筆写の楷書字形において見ることができる字形の異なり」ととらえることも可能である。
 → 参考:改訂常用漢字表(PDF)

で、問題の「突き出すか、突き出さないか」(「貫くか、貫かないか」、「交わるか、交わらないか」)に関しては、次のような用例をあげています。
sonzai.jpg

つまり、これらの字については、デザインの違い、つまり、どちらが正しく、どちらかが間違いというではないということを認めたのですね。

それはそれで妥当な結論といえるでしょう。「士」と「土」や「未」と「末」のように違う字が存在しないのならば、実際全く困らないわけです。困ってないから、実際、いくらだって流通しているわけなんですね。

というわけで、「どっちだっていいと考えて全く不都合はないようだよ」というのが、Tにわたしが言った結論で、それで問題はないんです。



ネットでこのことをあれこれ見てまわると、ま、どっちでもいいとは言うものの、実際はどうやら「貫く」(突き出す、交わる)の方が多数派というか、市民権を得ていると印象を受けます。もちろんそれでいいわけですけれど、せっかくですので、この際見たいくつかのページについてまとめておきたいと思います。

たとえば、漢字の正しい書き順(筆順)のページでも、JLPT World Giappone giapponese e kanji: 本日の漢字 (Kanji del giorno)のページでも、貫く」(突き出す、交わる)デザインが、でかでかと採用されています。

OKWaveの「「存」や「在」といった字の部首(部首?)について「」や「正しい漢字を教えてください」あたりでも「突き抜ける(貫く、交わる)」としている回答があり、こちらが支持を得ています。

一方、Yahoo!知恵袋「『在』という漢字について質問します。在 という 漢字の 3画目は 2画目を 突き抜けるのでしょうか?」という問では、この記事の本文でわたしも引用した「改訂常用漢字表」を紹介してデザインの違い見方を示して、「どちらでもいい」というのがベストアンサーに選ばれています。

回答のいくつかのなかに、解字(成り立ち)からみると、「存」の部首は「子」で、「在」の部首は「土」です。ここで問題になっている、左上の「ナ」と「|」からなる部分については、もともと「才」から変化してきたものですから、貫く(突き出す、交わる)のがいいという見方が示されています。わたしの手元の「漢字の語源 (角川小辞典 1)」(山田勝美著・角川書店刊)では、手偏のような縦長の「才」の右に「子」を書いた篆文が紹介されているのです。

son03.jpg

以上、「どちらでもいい」といいつつも、「貫く(突き出す、交わる)」の根拠はあるにはあるのです。

では、突き抜けない(貫かない、交わらない)の根拠はあるのでしょうか?

文科省の「改訂常用漢字表」でも認められている字体なわけですから、こちらを認知する何か根拠があってもいいと思います。上に紹介したQ&A系ページなどでも「根拠」を問われてはいるのですが、「小学校で習った」くらいしか見つからないようです。もちろん、もともとは根拠などない誤用のようなものであっても、歴史的に多くの人が書き、通用しているという実態があれば、認知せざるをえないというか、その実態が根拠になるわけですけれどもね。

実際、存在のフォントは出てないのが多いしれにしても、何か根拠があるといいなぁと思いますよね。

いちおう、見つけました。根拠と言えるかどうかは微妙ですけれど、たとえば、下村式 小学漢字学習辞典などの著書のある下村昇のページ(【今日の漢字】と【今日の天声人語】「現存の『存』」のページ)では、こんな「成り立ち」が紹介されていますが、その説明のイラストは、貫いていません。

son01.png

たぶん、同じイラストですが、こちらでも紹介されています。

son02.png

「貫かない」の根拠をこのイラストに求めるのは、あるいは、本末転倒かもしれません。ただ、このイラストの書き手は「貫かない」を前提にして書かれているということは言えると思うんですけどね。

COMMENT



突き出して書いてるかもです。

2010-10-28-Thu-21:17
こんばんは
漢字は
実際に書くときと
活字の自体などにより
違い出てしまいますね
「道」なんかもそうですね

話は変わりますが
またスタンプ張り切って雨の中行ってきました
墨俣一夜城
木曽川資料館
清洲城
加藤清正記念館?
妙行寺
荒子観音寺
蟹江歴史館

七つまわりました
高速代ケチり帰りは蟹江から甲賀市土山まで延々と一般道で帰りました
行きも高速は彦根→大垣しか使ってません

☆まこちゃんさん

2010-10-29-Fri-11:28
そうなんですよ。

だから、そいつは活字の字体だけど、書くときはこういうものなのよ~みたいな話になるんでしょうね。わたしがそういう典型だなって思うのは、「北」という字の左側ですね。

縦が下に出てるのは、ほとんと活字の世界だけで、書くときは横をはみ出すんじゃないでしょうか。だって、小学校ではそうやって習いますからね。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2574-ba2987cf

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。