David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観劇:「族譜」~青年劇場公演

2010-09-28-Tue
観劇の市民サークルに入っています。

今回は青年劇場の「族譜」でした。
1009.jpg
 → 青年劇場のWebサイト

もう、15年以上演劇を見ていますけど、いろいろな見方ができるようになってきました。ただ、誰かに「正しい演劇鑑賞法」とかを教えてもらったことはありませんので、ま、勝手な見方というか、自己流で見ています。わたしの見方の基本は「予備知識を持たないで見る」、「役者や演技よりも作品のテーマ性を重視する」という感じです。言わば作品本位で見ています。15年以上見ていて、そんな見方しかできないのかというのはちと残念ですが、ま、わたしはそうなんです。

そんなわたしには、青年劇場はお気に入りの劇団だったりします。

・大スターがいないので作品中心に見られる。
・声がよく通って、とても見やすい。
・テーマがしっかりしていて、考えながら見られる。

そう思って、こないだ青年劇場を見たのはいつだったろうと思ってみると、「銃口」なんですね。2007年か。
 → 過去記事:「観劇:「銃口」~青年劇場」(2007・7・5付け)

ああ、この時も青年劇場褒めてますね、まさに名は体を表す。たとえ老人を演じていても、たとえ深刻なドラマでも、その名に恥じない、若くて、ハツラツとした演技が魅力的です。いいですね、青年劇場。こんなふうに、劇団を褒めることができるようになるのは、見続けている一つの成果なのかもしれません。

さて、「族譜」です。

テーマは「創氏改名」です。一応知識はありますが、Wikipediaから少し引用。

創氏改名(そうしかいめい)は、大日本帝国において朝鮮総督府が本籍地を朝鮮に有する日本臣民(以下朝鮮人という)に対して実施した政策のこと。昭和十四年制令十九号で定められた「創氏は義務であったが、昭和十四年制令二十号で定められた「改名」は任意であり、手数料を取られた


「創氏」というのは、苗字を作るってことですね。当時植民地であった朝鮮人の人たちに、日本人としての苗字を作るということです。朝鮮は、今の日本流に言えば、夫婦別姓だったんですね。一家のうち、嫁いできた嫁は旧家の姓をそのまんま名乗っています。したがって、所謂標準的な家族を想定すると、母だけが苗字が違うという感じになってるんですね。だから、ま、日本式の戸籍制度にして、夫婦同姓にして、家族全員が同じ苗字を名乗りましょう。日本式の氏制度にしましょうというわけなんです(台湾でも同じような日本式の苗字にするという政策があったのですが、台湾は夫婦同姓だったので、単に改姓ことで、「創氏」とは若干違うのですね)。

創氏改名と並んで悪評が高いのは日本語の強制ということもあげられます。「国語常用」と言って、朝鮮語を公的な場面から追放し、日本語を押し付けたのです。




民族の証である母語を奪い、民族の伝統であり一族の歴史でもあるはずの苗字を奪う、これはひどい話ではあるのは言うまでもありません。

ただ、やや大雑把に言うと、朝鮮語のほかに日本語も教えてくれてバイリンガルになる、従来の朝鮮式の苗字に加えて、日本式の新しい苗字をあげるから使う使わないはご自由にってことなら、あるいは受け入れられる余地はあったかもしれません(実際には民族的なアイデンティティとかプライドもあるはずですので、こんなに簡単にはいかないでしょうけれど、ま、それが朝鮮の人たちにとっての、なんというか、一つのチャンスであったら、受け入れられる余地もあるかもしれないと思うのですね)。

劇中で語られますが、植民地の人たちを内地の日本人と対等に、差別をなくすなんてことが、いけしゃあしゃあと言われていたようです。しかし、その裏には戦争が激化していく中で「日本人として徴兵しよう」という意図があったようです。もちろん、そんなことは表面には出さずに、あくまで創氏改名した方が待遇がよくなり、しなければ、差別的に扱われるというように追い込んでいったわけです。一見、利害からすすんで創氏改名する人もいたかもしれませんが、しなければおられないということだったんですね。

ま、そんな中で、どうしても創氏改名を拒否し続ける男がいるのですね。この芝居の主人公と言っていいでしょう。さまざまな不利益を受けても、どうしても創氏改名しようとしないのはなぜか? そこに「族譜」が関係するわけです。

「族譜」は、簡単に言えば、各家々に伝わる「系図+家族の歴史書」みたいなものだとイメージすればいいかと思います。系図に加えて、「第○代当主は応召し、〇〇へ出征、負傷し帰る」だとか、「第○代当主は△△会社を起業する」みたいな、一族の大きなできごとが書いてあると理解したらいいようです。少なくとも、わたしはそう理解しました。

で、その主人公が創氏改名をしない理由は、その「族譜」にあるわけですね。絶対に、日本人になんてなりたくない理由が、そこに書いてあるんですね。自分の先祖が、日本人にどんな仕打ちをされたのか……ってことが書かれていたわけですね。

それは、豊臣秀吉の時代の文禄・慶長の役の話なんですね。ちょっとネタバレなんですが、今回は書いておきますね。

秀吉は天下統一を果たすと朝鮮出兵をします。それが「文禄・慶長の役(→Wikipedia)」なんですけど、ま、戦国時代を勝ち抜いてきた軍隊ですからね、まさに、百戦錬磨なわけでして、強いに決まっています。一方朝鮮半島は、当時は全く平和が続いていて、ほとんど訓練されていない兵ばかりだったようです。

で、日本だと大将首をとって手柄の証としたようですが、この時は朝鮮兵の耳や鼻を削いで塩漬けにして、日本に持ち帰ったようです。首級では荷物になりますし……。

で、ね、ここが微妙なんですが、首級をとるというのは死んでしまいますけど、耳や鼻だと死なない場合もあるわけなんですね。「耳をくれたら命は助けてやる」「命まではいらない、鼻だけ削がせてもらえばいいんだ」……そんな展開もあったようなんです。鼻を削がれて、命からがら助かって、その後「俺の鼻は日本の秀吉に取られた」と恨み続けて余生を送った者が何人もいたわけなんです……。そして、そういう残虐な事実が書き記された「族譜」を、まさに、その主人公は持っていたわけなんですね。

自分の、何代か前の先祖がそんな生き地獄を味わったとして、「日本人にしてやる」「日本の名前を与えてやる」と言われて、はいそうですかと受け取れるわけがないのですね……。

「創氏改名」という言葉は知っていましたし、日本が朝鮮を植民地支配していたのを知っていたし、秀吉が朝鮮遠征をしたことも、もちろん知っていたのですが、それは歴史用語としてというか、歴史的な事件として知っているだけで、その時々に、感情を持つ生身の人間がいたということを、思い知らせてくれる、すごい舞台だなぁと痛感しました。

興味深い作品でした。ぜひ、機会があれば、ひとりでも多くの人に見てもらいたいと思いました。

ぜひ、どうぞ。

地方でわたしのように観劇を楽しみたい方は、こちらのリストを参考に電話などで問い合わせてみてください。
基本的にどちらも大歓迎だと思いますけど。

 → NPO法人 大宮演劇鑑賞会:「全国の演劇鑑賞団体へのアクセス」のページ




そういえば、以前、江口洋介が主演した映画「GOEMON」で、韓国のK-1ファイター、チェ・ホンマンが豊臣秀吉の、言わば用心棒のような役をしたことがあって、韓国でバッシングを受けているという記事を書いたことがあります。
 → 過去記事:「映画「GOEMON」出演でチェ・ホンマンにバッシングって。

この時は、ずいぶん韓国は歴史にこだわるんだなぁと思ったのですが、ま、この「族譜」のことを知っていたら、もう少し違ったコメントになったかもしれません。映画も予備知識無し、作品本位で見るという立場なんですけど、いろいろな知識があると理解や鑑賞法、感じ方も変わってくるということも、また、事実です。

ぜひ、「族譜」、見てください。

COMMENT



きょうピーターが

2010-09-28-Tue-16:14
きょうピーターが観劇された。
それでソレルと青年劇場とか公演されたみたい…

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2568-9d219c11

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

観劇:「中西和久のエノケン」~京楽座公演

観劇の市民サークルに入っています。演劇鑑賞会というんですけどね。ま、毎月会費を納めておいて、二月1度くらいの割合でお芝居を見ようというしくみです。わたしは、どうでしょう、まだ20年にはなってない...
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。