David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森村泰昌「なにものかへのレクイエム」展~豊田市美術館

2010-08-21-Sat
先日、久しぶりに豊田市美術館に足を運びました。

豊田市美術館に行くには、高速を使いますので、見たいってのがないと出かけません。今回は「MORIMURA YASUMASA - A REQUIEM」展です。日本語では、「森村泰昌 -なにものかへのレクイエム」展です。
morimura_pic01_s.jpg
 → 豊田市美術館:「森村泰昌-なにものかへのレクイエム」のページ

◇Note
 2010年6月26日(土)~9月5日(日)
 豊田市美術館
 一般:1,000円  高校・大学生:800円  中学生以下:無料
見たくて行ったので、期待どおりというか、期待以上でとても満足しています。ただ、こういう言い方をすると、森村泰昌について、わたしがファンか何かで詳しいのではないかと思われるかもしれませんが、そうでもありません。

はっきりと森村泰昌を覚えているのは、フェルメールを三重県まで見に行ったとき(→過去記事:「「液晶絵画Still/Motion」展を見る~三重県立美術館」に、「真珠の耳飾りの女」の作画工房を再現してるようなコーナーがあって、そこで、森村泰昌が、画家の役になったり、モデルの役になったりして登場していたということです。その時、まだ、森村泰昌が何者か知らずにいたわたしh、いったい何をふざけているのかとさえ思ったくらいです。(笑)

森村泰昌って何者か……、その作品を文章だけで伝えるのは難しいのですが、拙文をお読みいただいている方にはほとんど初耳って人も少なくないと思いますんで、簡単に書いておくと、写真特にセルフポートレートの手法を主に使う芸術家です。セルフポートレートというのは、自分自身を被写体とする写真つまり自画像ってことなんですが、森村泰昌の場合は、コスプレしたちゃうんですね。

たとえば、今回のレクイエム展では、三島由紀夫の「薔薇刑」を再現してるんですね。森村泰昌が三島をやってるんです。あるいは、1970年11月の市ヶ谷駐屯地の事件なんかもパロディにしてしまうんですね。--まさに、今回会場で上映展示されていたもの(の一部)が、YouTubeに出ていますが、森村泰昌が三島を演じつつ芸術論を述べているというか、日本の現代の「芸術家」に奮起を求めているわけです。


こういうことを、「コスプレ」「パロディ」なんて言葉で説明すると、なんとなく安っぽくなって、作家自身には不本意かもしれませんが、ま、実際に見たことのない人に言葉で説明するとそうなるかなと思います。ただ、念のために書きますが、ま、大きな美術館で個展をできるようなレベルの高さと迫力で、真剣に徹底的にやってるんですね。アインシュタインとか、毛沢東とか、レーニンとか、ブリジット・バルドーとか、山口百恵とか……。なんか、こう書くと、清水美智子を思い出す方もいらっしゃるでしょうけれど、芸でなくて、芸術として森村泰昌はやってますので、そこんところろをお間違いなく。







さて、展覧会の感想を書いておきます。

一つ一つの作品でなく、この展覧会全体のテーマみたいなものをちと考えてみました。ま、一言で書くと「表現(芸術)とは孤独で虚しい戦いの連続であり、命がけで自分自身の旗を立てることを目指すのだ」みたいなことを、ま、作品自体も主張しているし、たぶん、森村泰昌自身もそのような考えで創作をしてきたのだろうと思いました。ま、それは、あくまで主に第1部の「戦場の頂上の芸術(オトコ達へ)」で感じたことです。そこに、森村泰昌がコスプレしていた対象者の多くは、政治家と作家(文学、映画、芸術などの)で、彼らもまた、孤独に戦い、自分自身の旗を立ててきた人たちと言えると思います。

しかし、第2部「全女優(オンナ達へ)」はやや違っていました。もちろん森村泰昌のセルフポートレートによるものですが、なんでしょう、そういう主張というかメッセージみたいなものは、少なくともわたしにはあまり感じられませんでした。森村泰昌のWebサイト「「森村泰昌」芸術研究所」の解説によると、今春東京都写真美術館で開催された「レクイエム」展は、今回豊田市の展覧会の第一部に相当する部分で構成されていたものなんだそうです。豊田市美術館で開催するにあたって、第2部の「全女優」シリーズを付加し、言わばバージョンアップさせたわけなのです。

だから、展覧会のテーマ性を考えると、自ずとそこで分割されるわけで、この第2部でわたしが考えていたものは「ナルシズム」ということになろうかと思いました。ま、女優というか成功した女優なら、おそらくほどんとの人がそうとうナルシスト的なところがあるのではないかと想像しますが、なにか、森村泰昌の「全女優」シリーズを見ているうちに、そういうことを感じてしょうがなかったのですね。そして、どの作品も、女優独特のというと語弊があるでしょうか、「媚びた笑い」がないのですね。むしろ、美女だからこそ許される、一種の堂々たる不機嫌さみたいなものが、多くの作品に共通する匂いとして感じられたのです。そう考えると、「ナルシズム」というよりは「プライド」という言葉を想像すべきだったのかもしれません。ただ、ま、わたしの不徳のいたすところなんでしょうか、それとも、第一部の影響が残っていたのでしょうか、わたしが感じたのは「プライド」ではなくて「ナルシズム」の方だったのです。

「孤独」「虚しさ」「戦い」「ナルシズム」そうした言葉を思い浮かべながら、わたしは会場を後にしたのです。


ちなみに、豊田市美術館にお寄りの際には、企画展が何者であれ、高橋節郎館にお立ち寄りになられることをお勧めします。普段、わたしは対極的なものを好んでいるので、このアンバランスというか、バランスが非常に心地良いのです。
 → 高橋節郎館のページ



・ここに作品がたくさん載ってました。今回出展されているのも、そうでないのも。

COMMENT



レクイエムってな

2010-08-24-Tue-15:38
レクイエムってなに?

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2558-cc6a514b

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。