David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日診療所で7時間待ちって~新型インフルエンザ(18)

2009-10-15-Thu
まず、YOMIURIONLINEの「「休日当番医」に患者が殺到、7時間待ちも」(10月13日付け)の記事から引用です。

 新型インフルエンザが流行し、3連休の当番医療機関には長蛇の列ができた(12日午前、札幌市中央区で)=田村充撮影 新型インフルエンザの感染が急速に拡大し、国立感染症研究所(東京)による最新の調査で流行が全国で最も高い水準となった北海道では、医療機関が休診となった3連休中、「休日当番医」に患者が殺到した。

 札幌市では連休最終日の12日、医療機関1か所あたり200人を超える患者が受診する異常事態。診察待ちの長蛇の列は、医療機関の外にあふれ、中には7時間以上待たされるケースも出るなど、インフルエンザを巡る混乱が広がっている。

これでは、かえって悪くなってしまいませんか……。北海道は1医療機関あたりの患者数が、全国平均を大きく上回っているんだそうです。

 感染研の最新の調査では、9月28日~10月4日の1週間で、1医療機関あたりの患者数は、北海道が16・99人。全国平均の6・40人を大きく上回り、全国トップとなった。特に学校での集団感染が増えており、札幌市内では10日現在で市立学校340校中15校が休校、143校で学級閉鎖となっている。

 札幌市では、流行のピークが今月初旬から中旬になるとみて、今月4日から小児科の休日当番医の体制を増強。これまでの3医療機関から5医療機関としたが、患者の急増が3連休と重なり、12日には子供の患者が殺到。同市保健所では急きょ、市立札幌病院に要請し、休日診療できる医療機関を6か所とした。

 しかし、同市中央区の医療機関では12日、訪れた患者が待合室に入りきれず路上にあふれ、長い行列ができた。午前中に受け付けを済ませたが、順番待ちで夕方になっても診察を受けられないケースもあった。

これが、パンデミックですよね。症状が深刻になる人が少ないのが不幸中の幸いという以外にないでしょう。受付で、重い患者さんから診ますと言えるうちはまだよくて、そのうちに、重い患者さんを1人診るより、中程度の患者さんを3人診る方が大切です……というような事態が発生するかもしれませんね。実際、大災害などが起きたら、救えそうな命から救うということになってきます。もっと軽い人は自分でなんとかしろと言われます。パンデミックはまさにそういう状態になることまで覚悟しなければならないのでしょう。今のうちに罹っておいた方がいいかもというブラックなジョークが夏によく言われましたが、まさに真実味を帯びてきています。

 同市保健所では今後、休日当番医をさらに増やすことを検討しているが、飯田晃・医療政策担当部長は「受診する子供の中には、軽症のケースもあり、混乱を避けるためにも、症状を見極めた上で来院してほしい」と呼びかけている。

でも、ない袖は振れないでしょう。医者だって看護士だって機械じゃないのですから、休日が必要です。「症状を見極めた上で来院してほしい」と言われても、学校や保育機関の方は、たぶん逆の指導をしている。たぶん、症状が軽くても、早めに医者にかかるように……と。学校としては、やはり、安全な子に来て欲しいし、現代の日本において基本はそうなんですからね。

読売新聞が掲載させていた表を引用します。

infuhos1015.jpg

北海道がすごく多いのはわかりますが、福岡、沖縄そして、わが愛知が4番目に多さなのに、びっくりしました。

ここはやはり、政治的な力が必要でしょう。国が、政権交替でパフォーマンスもどきの政策ばかりやっているので、こういう肝心のところまでに手が回らないのかもしれません。「消えた年金を取り戻す」ことも大切ですが、新型インフルエンザ対策だって大切なんですね。文科省も、なんだか教育改革の見直しみたいなことをしてるようですが、それも大切ですが、学校における新型インフルエンザ対策は大切です。死者は、体力のない基礎疾患のある中高年から、基礎疾患のない人、高校生(愛知の高校生はぜんそくが持病でした)、そしてインフルエンザ脳症によって、小学生、幼児まで拡大しています。

infu091015.png

10月11月と冬が近づくにしたがって患者数が増加していきます。北海道で起きたような休日診療所の医師不足という問題が、まるで紅葉前線が南下してくるように、全国各地に広がってくるのでしょう。

行政の責任が大きいと思います。国がなんとも指示しないなら、地方自治体のレベルで取り組まねばダメでしょうね。秋の大型連休(シルバーウィーク)が、一時的ですが感染拡大に一定の歯止めをかけたのは事実のようです。その一方で、病院も休診してしまうと、こんな状態になってしまうのですね。

どこを休ませていいのか、どこは休ませてはいけないのか?

行政の手腕が問われると思います。

そして、個人では、罹ってもたいしたことがない……なんて寝言を言っていてはいけません。

アメリカの調査ですが、こんな記事もあります。

 新型インフルエンザで入院した大人の40%以上は基礎疾患(持病)がなく、感染前は健康だったとの疫学調査結果を、米疾病対策センター(CDC)が13日、発表した。

 基礎疾患のある人が重症化のリスクが高いとされているが、CDCは「健康な人にとっても深刻なウイルスだ」として注意を呼び掛けている。

 →iza!:「新型インフル、入院した大人の40%以上は「持病なし」 米CDC」(10/14付け)

率から言えば、はやり基礎疾患ありの人の方が、重症化する傾向にはあるのでしょうが、「基礎疾患がないから大丈夫」なんて根拠はどこにもないのです。そして、大人本人はそうかもしれませんけれど、家族や友だち、知人つまり、親や子ども、仲間のことまで考えたら、やはり事態は深刻なんです。

手荒い、うがい! そして、あてになるんだかどうだかわかりませんが、マスクですよね。

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2530-164a3f6e

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。