David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんと500人の集団感染も~新型インフルエンザグラフ(15)

2009-09-16-Wed
ほとんどの学校が2学期をスタートして2週間、始業式の日に感染した人たちが次々と発症して着実に増加しているということなんでしょうか。通常感染より2日くらいで発症するそうですが、長い場合は10日後に発症することもあるようで、最長2週間はウィルスを排出する(感染させる)可能性があるようです。(→ Wikipedia)つまり、始業式に感染した子が、ようやくウィルスを撒き散らすのをやめたのってことでして、まだまだ教室にはウィルスがいるってことになりますね。

ちょっと衝撃的だったのは、近大付属和歌山中学と高校の500人というニューズですね。

新型インフル 500人集団感染 近大付和歌山中高(2009年9月16日(水)08:05)
 近畿大学付属和歌山中学・高校(和歌山市善明寺、中学511人、高校1193人)で、中学生202人、高校生287人の計489人が新型インフルエンザに感染した疑いがあることが15日、和歌山県保健所が県に行った報告で分かった。同校は16日から18日までの学校閉鎖を決め、休校中は生徒たちには外出の自粛を求めた。これまでに重症の生徒は出ていないという

救いは重症の生徒は出ていないということで、それが、今回の新型インフルエンザのいいところなんですけど、それにしても全校の約三分の一、500人が感染してしまうのは、驚きという以外はありません。この学校の場合は、記事によると大阪から4割の生徒が通学しているそうです。通学電車がウィルスを培養しつつ輸送する装置となり、学校がそれをさらに培養し拡散する施設としてはたらいてしまっているという感じです。

全国でも増えています。

 厚生労働省は15日、先週(9月6~12日)1週間にインフルエンザが原因で休校や学年・学級閉鎖の措置を取った保育所や幼稚園、小中高校などが前週からほぼ倍増し、少なくとも2158施設に上ったと発表した。
 → YOMIURI OLINE:インフル休校など1週間で倍増、2158施設

和歌山の学校と同じような事情のところも、都市部やその周辺には当然あると思いますね。

その一方で、重症化する人は少なく、基礎疾患がなければそんなに心配はないということが言われています。たぶん、学校関係者もそう思っているのではないでしょうか。大騒ぎしてはいけない、基礎疾患がなければだいじょうぶなのだからと。ま、確かに、ご本人はそうかもしれません。中学生にしろ、高校生にしろ、持病のある人も中にはいるでしょうけれどそれは本人が自覚してことさらに気をつければいいのであって、健康体であれば、ま、万一うつっても普通のインフルエンザと同じだから、あえて、大騒ぎしなくてもと。

しかし、自分ではなくて、家族に妊娠してるだとか、家族に身体の弱い高齢者がいるだとか、家族に持病のある人がいるだとか、そういう中学生、高校生はいっぱいいるはずです。そして、従来の季節方インフルエンザでは、予防ワクチンが用意されていて、たとえば高齢者には接種が推奨されていたりする事情があるわけですね。今回の新型インフルには、まだそれがありません。

学校を媒体に拡散したウィルスが、不幸にしてその家族に広がり、中には高齢者や持病のある人が苦しむようなケースだってあるわけですね。妊娠中のお母さんが、看護に当たらねばならないというケースだってきっとあるのです。

ことさらパニックになって大騒ぎすることはいけませんが、うがい、手洗いを励行して、感染しないように学校や社会全体で取り組むことが必要でしょう。少なくとも、この間までは、日本人はそういうことは得意だったはずだと思うのですけどね。

もう一つ。沖縄で、基礎疾患のない24歳女性が死亡しました。

 沖縄県は15日、新型インフルエンザに感染した県内の女性(24)が同日死亡したと発表した。女性に持病はなかった。直接の死因はくも膜下出血。厚生労働省によると、持病のない感染者の死亡は大阪府の男性(45)に続いて2人目。20代では初の死者となった。
 新型インフルエンザは、頻度は低いものの健康な若年層も重症化するリスクがあるとされ、厚労省は注意を呼び掛けている。
 新型に感染したか感染の疑いのある人の死亡は国内で14人目。
 → 時事ドットコム:「新型インフルの24歳女性死亡=持病ない若年層で初-沖縄県

基礎疾患がない若者でも、重症化することもあるということですね。

ところで、時事通信は「14人目」と書いているんですけど、産経は「13人目」としています。


 厚生労働省は15日、沖縄県で新型インフルに感染した基礎疾患のない女性(24)が死亡したと発表した。女性は肺炎で入院後に意識不明となり、死因はくも膜下出血だった。国内の死者では最も若く13人目。
 → 【新型インフル】沖縄の24歳女性が死亡 国内最年少、基礎疾患なし

う~む。疑い例の扱いが違うのか、読む側は混乱しますね。

一応、わたしのグラフでは14人目だと思いますが?

infu090915.png

今回は棒グラフにしてみました。

COMMENT



2009-09-25-Fri-19:02
僕が親なら、少なくともワクチンを打つまでは登校させませんね。

インフルエンザ脳症になったら、5割以上が死ぬか後遺症が残ります。
そんなハイリスクな人を一箇所に集めるなんて、正気の沙汰ではありません。
みんなで集まって、インフルにかかって、だれが脳症になるか、命をかけたゲームをしているとしか思えない。

疎開させるか、通信教育でよいはずです。

幸い、小中学校に、進級に出席日数の縛りはありません。
高校でも、隔日か3日ごとに登校するだけでもいいのではと思います。

☆はっさくさん

2009-09-26-Sat-14:08
わたしの近隣でも、小、中、高とも学級閉鎖、学年閉鎖などの声を聞くようになりました。10月がピークというのは、ほんとうにそんな感じです。

まわりの大人を見ている限り、軽症だからかかってもいいという感じなんですけど、子どもの「脳症」については、もっとよく知るというか、広く知らせる必要があると思います。ちょっと今度記事にしてみます。

道場(わたしが稽古している某武道)で、高校教師が学級閉鎖が増えてきているが、教師自身がインフルエンザなったら有給をとらねばならないと言ってました。消防士は、それならいい、自分たちは職免扱いだと言ってました。

そのあと二人は、どちらの待遇がいいのか、条件的に有利なのかというような話をしていました。同じ公務員でもこんなふうに扱いが違いのも、縦割り行政というのか知らんと思って聞いていました。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2518-e6da7d1c

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

「インフルエンザ脳症」って~新型インフルエンザグラフ(16)

前の記事(→「なんと500人の集団感染も~新型インフルエンザグラフ(15)」)のコメントで、インフルエンザ脳症がこわいから、もし親...
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。