David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヴィーナス展」~名古屋ボストン美術館

2009-08-23-Sun
ヴィーナスは世界で最も有名な女神でしょう。日本でも。現代も、そして今後とも。

有名なのはミロのヴィーナス像とか、ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」とかあります。あとは、なんでしょう、どちらかというと、そのヴィーナスのイメージを利用しての、シンボル的というか、比喩的なヴィーナスで、じゃ、神話の中でヴィーナスがどんな女神だったのかってことは、どうでしょう、名前ほどはよく知らないのじゃないでしょうか? 別にそれだってかまわないのでしょうが、美しい絵や、歴史的な美術品を見て、そうした神話の一端を知ることができる、それが、名古屋ボストン美術館で開催中の「愛と美の女神 ヴィーナス展」です。見てきました。

venus.jpg
 → 公式ページ

展覧会のタイトルにもなっていますが、ヴィーナスは「愛と美の女神」として知られています。同時に、「豊穣の女神」ということになっています。豊穣というと実りであり多産です。

Wikipedia(→「ウェヌス」)によると、ヴィーナス(ウェヌス)はそもそもローマ神話では菜園の神であったのが、ギリシア神話の愛と美の女神アフロディーテと同一視されるようになったのですね。「愛と美」というイメージはギリシア系で、「豊穣」というのはローマ系ということなのでしょう。そして、現在残っているヴィーナスに関するエピソードはアフロディーテに由来するものばかりだそうです。名前はローマ系、逸話はギリシア系というわけで、双方のイメージによって作られたようです。

ボティチェリの「ヴィーナスの誕生」にある、大きな帆立貝のようなものの上に立つ挑発でふくよかなヴィーナスは、海の泡から生まれたという伝説に基づいています。残念ながらボッチチェリの本作は来ていませんが、この逸話に基づく展示も数々あります。

そして、トロイア戦争の原因となった言われる「パリスの審判」を題材にとった作品。展覧会に入場するとその作品群をまず見ることになります。

少し長くなりますが、興味深かったので「パリスの審判」とトロイア戦争の話を少し書いておきましょう。

ゼウスがペーレウスとテティスの結婚の祝宴を開くということがありました。このとき争いの女神エリスは招待されなかったのです。エリスはそれを怒り、黄金の林檎に「最も美しい女神に(贈る)」と書いて祝宴の会場に投げ入れたのです。そこに、 3人の女神、ヘーラー、アテーナー、アプロディーテ(=ヴィーナス)がいて、その林檎を争うことになってしまったのです。

そこでゼウスは、トロイの王子パリスに判定させることにしました。これを「パリスの審判」と呼ぶのですが、パリスが選ばれた理由は依然雄牛の判定会で公正公平な審判をしたことが評価されたからです。

さて、三人の女神たちはそれぞれがパリスに賄賂を贈ることを申し出ます。ヘーラーは「有力な国の王位」を、アテーナーは「戦いに勝利する力」を、アフロディーテ(=ヴィーナス)は「最も美しい女」を約束します。そして、パリスはアプロディーテを選ぶのですが、この時の「最も美しい女」というのは、すでにスパルタ王の妻となっていたヘレネーです。

こうして、ヘレネーはスパルタからトロイに連れて行かれ、これがきっかけでトロイア戦争(スパルタとトロイの戦争)が勃発することになってしまうのです(トロイア戦争を描いたの映画に「トロイ」というのがあったけれど、それはちょっと神話的でないのだそうです)。

音声ガイドでこんな説明を聞きながら、その題材をとった絵画や双耳壷(アンフォラ)を見ることになりますが、この双耳壷(アンフォラ)を見ながら、わたしは高校時代の教科書の載っていた西脇順三郎のことを思い出していました。具体的な作品は思い出せなかったのですが、なぜだか、黄色い双耳の壷がイメージされたのでした。

im_venus-200907_10.jpg
 → 「見どころ」より


それ以外にも、火と鍛冶屋の神ウルカヌス(=へファイストス)と結婚したものの軍神マルス(アレース)と熱愛をして、エロースをもうける話や、そのエロースのエピソード。恋の相手になった、アドニスの逸話や、アンキセスとその子アイネアースの話(ローマ開国の祖なんだそうです)話など、美術鑑賞をしながら、ギリシア・ローマ神話の世界に浸ることができます。

なんでしょう、ちょうど疲れていた心身をゆったりと癒してくれるような、そんな非日常の時空への小旅行ができます。

ゴーギャンの時も思ったのですが、8月30日まで開催の「ノリタケデザイン100年の歴史」は圧巻です。見る価値あり。
noritake.jpg
 → 公式ページ
 ※「ヴィーナス展」のチケットで見ることができます。

□■NOTE■□■□■□■□■□■□
会場:名古屋ボストン美術館(金山駅前)
 → 公式ページ
期間:2009年7月18日~11月23日
時間:10:00~19:00、土・日・祝・休日は10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館:毎週月曜日(祝・休日の場合はその翌日)
料金:入館料/一般1200円、シルバー・学生900円、中学生以下無料
 → ホームページに割引券・ケータイページにも割引画面あり。
■□■□■□■□■□■□■□■□

そうそう、ここまで律儀に紹介することもないのでしょうが、ノリタケ展が終了した後、「よみがえる400年前の輝き —名古屋城本丸御殿障壁画復元模写展— 」(9月19日~11月23日)というのが始まるようで、「ヴィーナス展」と併行して見られるようです。
 → 概要はこちら

COMMENT



はじめまして

2009-08-26-Wed-10:36
ブログを拝見させていただきました。
ランキングアップさせてこのブログを
沢山の方に見ていただいたらいかがですか?
ランキングが上位にあがるといろいろな面で
すぐ結果が伴ってくるので面白いですよ。

またお邪魔させてもらいます☆

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2500-133b1574

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。