David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ:「CHiLDREN チルドレン」~DVD

2009-09-04-Fri
NHKのドラマ「ハゲタカ」の大森南朋は、カッコよかったのですが、その他の作品の大森南朋はそうでもありません。ダサい役というとあれですが、もう少しぼんやりした役をやってるように思います。ま、全部見たわけではありませんけど。でも、この「チルドレン」に出てくる大森南朋はカッコいいです。見てくれのカッコよさというのではなくて、本物の持つカッコよさみたいな感じで。

若い家庭裁判所調査官のドラマです。主演は坂口憲二。経験不足と真面目すぎるという点があって、担当する子どもたちにナメられてしまいます。誠実で真剣なんですけど。その良き先輩の役に、ちょっとハチャメチャなところがあって、実はそれが子どもたちの信頼を得るのに役立っているという、ドラマにはありがちな役設定なんですが、そういう先輩を大森南朋です。二人のコンビは一種の凸凹コンビの典型なんですが、それがおもしろいです。

万引き常習犯の少年(三浦春馬)の事件の担当になった武藤(坂口)は、呼び出しに応じてきた親子の印象がひっかかりすっきりしないでいます。一方で先輩陣内(大森)は仕事のことよりも、堅物武藤が一目ぼれした女性三春(小西真奈美)をなんとか武藤に紹介し、うまくいかせてやりたいようで、おせっかいに見える行動をしてきます……。その女性に個人経営の書店に勤務しているのですが、万引きが耐えません。三春が、なぜだか、少年たちが日々万引きをしているのに気づきながら捕まえるどころか、注意一つしないでいるからです。そのわけは……。というような設定です。

話の中心に犯罪です。その一つに万引きがあります。罪を犯してしまったものの更生の問題があります。裁判とは人を罰するのが目的でなく更生させるのが目的であるという、建前論というか理想論と、その難しい現実の問題もあります。また、罪を犯す理由や事情、心理などもとりあげていると思うのですが、果たして、ドラマとしてどこまでそこを深く描ききれているかという点は、やや疑問です。

映画でなくて、WOWWOWのドラマWのシリーズです。連作でなくて、単発です。
 → WOWWOW:ドラマWのページ

原作は伊坂幸太郎。

COMMENT



ドラマって…なん

2009-09-04-Fri-14:51
ドラマって…なんだろう…?

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2491-706e628b

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。