David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「狗神」~DVDで

2009-08-18-Tue
公開中の「アマルフィ」は好評のようです(→過去記事)。「大作」という言葉がしっくりしませんが、この「狗神」に比べたら、大作です。そんなことばはあまり聞かないですが、「大作」というのではなくて、「豪華作」くらいの方がわたしの印象には合うのですけど。「大作」と言って何がいけないかって、なんでしょう、日本映画らしくないってことでしょうか。いけなくはないのだろうけど。ま、「アマルフィ」のことはおいておいて、お盆中にDVDで見た「狗神」です。

すげーいい。珍しく3回繰り返して見ました!



舞台は四国の平家落ち武者の村です。紙漉き(かみすき)をする美希(天海祐希)は狗神筋(いぬがみすじ)の家系です。狗神とは、「狗神」と「神」をつけているので、一見あがめているかのような印象を受けます。実際、資産家で大きな屋敷に住み、相当な山林を所有しているようですので。家名も「坊之宮(ぼうのみや)」といい、由緒がありそうです。実際坊之宮の一族は村の先祖の祭礼を取り仕切り家柄でもあります。しかし、同時に、とり憑くと食い殺されるという狗神の伝説が生きていて、たとえば東京から来た行きずりの家族が一家心中でもすると、狗神の祟りだと一族の責任にされ、村人からは警戒の目で見られる、村からは忌み嫌われます。子どもは何かあると狗神の家の子だといって仲間はずれにされたりします。それは、子供同士の素朴な感覚ではなくて、親の世代の入れ知恵です。それを伝え聞く坊之宮の嫁は怒って里に抗議に行ったりするわけですね。

村八分とまでは言いませんけれど、たとえば縁談などはそれ(家柄)が理由で壊れることは普通にあるようです。そこにあるのは完全な「差別」です。映画の一つのテーマとして差別問題があるんですね。

紙漉きの美紀は映画の冒頭では、白髪交じりで老眼鏡が必要で、身体のしなやかさを失いつつある初老の女なのですが、ある夏、中学教師として赴任してきた晃(渡部篤郎)と知り合い交際を重ねるうちに、艶やかになり、若返っていきます。白髪はなくなり、老眼鏡もいらなくなります。これは、程度の差はあれ、あることですよね。恋をすると女は美しくなるなどと言いますが、男も女も、恋をするとというか、人を愛し愛されることで精神的にも充実し、ストレスも減り、実際健康的で若々しくいられると、ま、思います。もちろん、この映画のような急激な変化は、オカルト的でもありますけれど。

美紀は同時に暗い過去を持っています。高校生の頃、それと知らず愛していけない相手と恋愛関係になり、妊娠してしまったという過去です。回想シーンでは、設定の上では高校生同士のセックスシーンが展開されます。演じているのは田中沙斗子(→Wikipedia)で、撮影時には20歳を超えていたので児童ポルノに当たることはありえないと思ったのですが、設定上では高校生ですので、将来的にはこんなシーンも問題になることもあるのかしらんと思ったりもしました。ちなみに、これが理由かどうかわかりませんが、R-15指定です。

天海祐希も、すごくいい……。そりゃ、「アマルフィ」の方が現代的で綺麗で洗練された感じはありますが、わたしは「狗神」の天海祐希見て、何倍もファンになりました。

原作は「子猫殺し」で話題になった坂東眞砂子です。(あのあとどうなったのかなぁ)
 → 過去記事:「仔猫のために、あえてひとこと。
 →  〃 :「「子猫殺し」(2)~告発に発展か?」 

そうそう、狗神一族の話に出てくるアキラ(本作で「晃」ですが)と言ったら、そりゃぁもう、ウルフガイの犬神明ですから~。

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2488-b995f609

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。