David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「マリー・アントワネット」を3本見る~DVDで

2009-08-09-Sun
マリー・アントワネット」はソフィア・コッポラ監督の作品で、アントワネットの役は、「スパイダー・マン」シリーズのヒロイン、メリー・ジェーンをやったキルスティン・ダンスト。現代的で等身大のマリー・アントワネットという感じです。結婚のシーンから、優雅で、贅沢で、堕落した宮廷生活が描かれます。結末はフランス革命で、市民によって有罪にされ、断頭台に送られてしまう点は変わらないのですが、生き生きとしたマリー・アントワネットがとても魅力的で、国が困っているのに、ここまで、自由気ままに、贅沢を満喫できるなんて、うらやましいと感じる人も少なからずいると思います。もちろん、そういう、無知や無関心が国の崩壊を早め、自らを残酷な運命に追い込むことにつながっていったわけなのですけれど。歴史映画というよりは、青春映画という感じの作品です。


 → 公式ページ

二本目の「王妃 マリー・アントワネット」は2008年のフランス映画で、マリー・アントワネットの書簡を元にマリー・アントワネットの台詞を構成し、コッポラの「マリー・アントワネット」では描かれなかった有名なエピソードも忠実に再現してあります。特徴は、歴史を知らない人のために丁寧なナレーションがついています。あまりにも無学なわたしには、それがとても助かりました。



オーストリアの皇女であるマリー・アントワネットがフランスのルイ15世の王子に嫁ぐのは、戦争終結和平の証であり、民衆からは大歓迎されたのです。一方、財政難のフランスにあってアントワネットの浪費は批判の的になっていったこと、後継者の王子を出産する定めに苦悩したこと、財政難がさらに進みやがて革命へと進んでいくこと、革命が一夜でなく、段階を経て、しかも、アントワネットの家族にとって非常に残酷な形で進んだこと、共和制が順調に進まず、恐怖政治が行われことなどもわかります。「マリー・アントワネットの首飾り事件」も描かれています。

映画としては、史実に忠実に、淡々と重々しく撮ったという印象があります。世界史の勉強にもなる作品といっていいでしょう。マリー・アントワネットや歴史に興味のある人なら十分に楽しめる内容でです。また、 アントワネット役のカリーヌ・ヴァナッスはかわいらしく、コッポラ作品のキルスティン・ダンストよりも、アントワネットのイメージにぴったりです。

3本目は「マリー・アントワネットの首飾り」。主人公のヴァロア夫人を「ミリオン・ダラー・ベイビー」のヒラリー・スワンクが演じています。



マリー・アントワネットの役はジョエリー・リチャードソンで、高貴な貴婦人です。マリー・アントワネットの気位の高さ、驕慢さはよく示されますが。女王というのはこういう感じかと思いますけれど、ちょっと、かわいらしさがありません。ま、革命直前の、浪費と貪欲の女王にして、国民困窮のシンボル的な存在となり批判の対象になっているアントワネットは、そこまで追い詰められていたということかもしれませんが。三作品ともそれぞれおもしろいのですが、名誉とは何か、マリー・アントワネットの罪はなんだったのかを描いた本作が、わたしとしては一番おもしろいと思いました。

※見ているうちに、この作品は見たことがあると思い出しました。記事書いてました……。
 → 過去記事:映画:「マリー・アントワネットの首飾り」~DVDで

COMMENT



承認待ちコメント

2017-01-21-Sat-01:51
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2486-2e81ecd3

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

-

管理人の承認後に表示されます
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。