David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「すべての生き物は生まれて死ぬ」~仏陀の言葉

2009-07-29-Wed
先日、仏教や仏陀について調べる必要がありました。詳しいことを書くこともないのですが、外国人に「仏教」とはどういうものかを説明しなければならなくなったのです。

いろいろ検索していたのですけれど、ちょっと興味深い言葉を見つけました。

そのページを疑う根拠はなにもありません。仏教関係の方がしっかりしたお考えのもとに作られていると思います。ただ、あまりにも簡単な言葉で、わかりやすく本質的に書いてあったので、こんなに単純でいいのかしらんと思ったほどでありました。しかし、その言葉の明かりで、わたしのこれまでの、豊かとは決していえない仏教へのかかわりを照らしてみるとき、なんの矛盾もなく、きっちりと納得されるので、今では、これぞ仏陀の教えであろうと信じています。

その仏陀の教えの核心とは、

すべての生き物は生まれ<て>死ぬ

です。ああ、素晴らしい。今まで「(仏教的)無常観」などとわかったようにいろんなところで読み聞きし、自ら語りもしてきました。「すべてに永遠のものはない」だとか解釈してきました。確かに、全宇宙の非生命に関してもすべてに永遠ということはないのでしょう。それは宗教的真理であると同時に、科学的、宇宙的真理です。

けれど、そのように宇宙的真理として仏陀が語ったというよりも、「すべての生き物は死につつある」と、生と死という見方でとらえた言葉の方が、わたしにはしっくりとしたように思えたのでした。

釈迦族の王子に生まれたシッダルタは、生後7日にして実母(摩耶夫人)を失い、王子として暮らしていても心から楽しむことができず、死や病や苦しみのことばかりを考えていたといいます。わたしは実母の死の大きさがそこに感じられます。まるで、自分の誕生が実母を傷つけ、命までも奪った……、そのようぶシッダルタは悩んだのではないでしょうか。その辛さ、虚しさ、矛盾からどうしても抜け出すことができず、それが、宗教的な修行へと向かわせたのだと思います。

「色即是空」という世界観を得たよりも、「すべての生き物は生まれて死ぬ」とした方がリアルな救いとして仏陀に感じられたのではないかと思うのですね。

偉大な宗教の始まりを、単に個人的な悲しみの問題にしていいのかどうかは疑問ですが、ま、非常に大雑把に言えば、そういうものとして生まれてきた生命はどのように生きるのが(宗教的に)正しいか、そのことを釈迦やその弟子たちは考え、語り、実践を積み上げて、今の仏教があるということになっているわけでありましょう。今の仏教界のすべてが、釈迦の付託に応えてているかどうか、わたしのような一個人にはわかりませんけれど、インターネットでちょいちょいと調べて、この言葉に出会えたことに、今はとても感謝しています。

わたしはこの言葉を「クリスチャンに贈る仏陀の言葉」というページで知りました。その時のわたしの心にズシリとしたものに感じられ、納得されたのですが、果たしてクリスチャンたちが、このページをどう読むかはいささか心配しないわけではありません。

なぜなら、わたしはクリスチャンの友人を前にして、わたしは一応仏教徒、君はクリスチャン、信仰はそれぞれ違っていい全然かまわないという態度で済ませています。なんの抵抗もないし、争いがなくていいなぁとさえ思っています。しかし、そこは信仰に篤い方となるとそうはいかないものなのでしょうね。自らの信仰が絶対的に正しいといういう以上は、別にあえて言及しなくても、それは同時に他の信仰は間違っていると言っているのに等しいわけです。積極的に直接主張しなかったとしても、では、どうですかと尋ねられれば、やはりそう言う立場に立たねばならなくなるということなのでしょう。せいぜい、日本では信仰は自由ということになっていますとか、それぞれのお気持ちお考えがありましょうと言葉を濁したとしても、つきつめれば、信仰の前に嘘はつけませんから。

「クリスチャンに贈る仏陀の言葉」というサイトも、贈るというので、一見柔らかそうなニュアンスを感じさせますが、本質的には自らの正しさを述べ、相手(キリスト教)の立場を間違いであると述べているのです。それは、敵対的でもあり、挑戦的でさえあります。

ただ、実際武器を手にして戦うようではいけないと思いますが、ま、こうした筋道立てた言葉によって、他宗教の解釈や評価を述べ、自らの宗教の正しさを主張するのは、果たして希望的でポジティブな結論に達するかどうかは疑問の部分もありますが、一概に否定できないと思います。

少なくとも、一応仏教徒であるが、さほど信仰に篤くないわたしには、とても参考になるページだったと思います。

COMMENT



きょうピーターが

2009-07-31-Fri-14:36
きょうピーターがソレルは説明ー!

たまに

2009-08-01-Sat-23:30
宗教とかには感心がないけど、たまに「私の存在は凄くちっぽけで、なんの為に生まれてきたんだろう?」と思います。
捻くれ者だから、そう思ってしまうのかも?

☆桜ん坊さん

2009-08-02-Sun-00:30
はじめまして。

それは、多かれ少なかれ考えることだろうと思います。ただ、わたしの場合は疑問形でしたけれど、あるいは、桜ん坊さんの場合は反語形、つまり「なんのために生まれてきたんだろう? 生まれてきてもちっともいいことがないじゃないか」とか、「生きてる甲斐がないんじゃないか?」とか、そういうふうに考えるということですよね。

誰でもとまでは言い過ぎかもしれませんが、「こんなはずじゃなかったのに」とか、「こんなことでいいのだろうか」とか、「ずっとこのまんまなのかなぁ」とか、いろいろ考えますよね。そして、勝負に出てみたり、で、その勝負に勝ったつもりがあんまり変わらなかったりね。なかなか、人生、思うようにはなりません。

そもそも、世の中公平にできてなくて、特に最近は、格差があったり、自分の責任とは関係のないような、なんとも虚しい現実もありますからね、ことにそういうふうに感じる人もいるに違いないと思いますよ。だから、あまりご自身を「捻くれ者」と責めることもなかろうと思います。

なにかアドバイスを求められているかもしれませんが、どういうふうに言ったらいいのかうまく言えません。ただ、どんなに大物であっても、才能があったり、金があったりしても、死から逃れられないということは間違いありません。そういう意味ではすべての人は平等です。富も権力も地位も名声も、老いや死の前ではあまりに無力です。自身がちっぽけであろうと、大物であろうと、死の前では平等です。富も名声も地位も権力も無力、それどころか、安らかな死すなわち「安らかな生」の妨げになることもあるかもしれません。

ちっぽけな存在だからこそ気づけること、わかることもあると思いますよ。それを大事にしてはいかがでしょうか。

あとひとつ

2009-08-02-Sun-23:28
私の年齢は30代前半なんですが、30歳を越えてから思った事が、ひとつだけあります。
それは「生きてる事が怖い」と云う事です。それは、今回のblogと同じ内容で、「生きてる。と云う事は、確実に死へ向かって歩いてる」からで、それを考え思った時は、背筋がゾクゾクとなりました。

☆桜ん坊さん

2009-08-03-Mon-05:50
おはようございます。

そうですね。ある言い方をすれば、「生きているということは、常に死に向かって進んでいる」ということになろうかと思います。ですから、どう歩くかを問いたくなり、時に「自分は、ひどくちっぽけで、なんのために生きているんだろう」と自分を責める気持ちにもなるのかもしれません。

それは息苦しい考え方のように思うかもしれませんが、そこまで突き詰めて、だから「楽しく生きよう」「誰かの役に立ちたい」「後悔しないように挑戦を続けよう」「自分らしく輝きたい」……といろんなことを人は考えると思います。選択を迫られる場合もあるでしょう。選択することは、他の可能性を捨てることでもあります。

わたしはそれは現代人としては当然だと思うのですが、あるいは、釈迦の考えでは煩悩ということになるのかもしれません。たぶん、そこのところまではわたしにはわかっていないのですね。

わたしの考えでは、自分の行動が他の誰かを著しく傷つけたり、苦しめたりするのはいけないことだと思っていますが、逆に、日々の暮らしではある程度傷つけられ、苦しめられたりするのは避けられないことであるとも思っています。許し合い、譲り合うことでそれは減るのですが、世の中そういう人間ばかりではありませんし、世の中の仕組みとして、ある種のレースや審査などどうしても勝ち負けや順位がつくものがありますから。

ああ、こんなお返事でいいのでしょうか?

それとも、詭弁を弄するようですが、死んでしまっては、何に向かって歩くことはできません。また、思い悩み、苦しむこともできません。

くらいの方がお好みでしょうか。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2483-910cdcb5

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。