David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「審判」が「チンパン」?~Jリーグ人種差別発言騒動

2009-07-24-Fri
Jリーグで、といってもJ2ですが、試合中に人種差別発言があったと問題になっています。

 東京・味の素スタジアムで22日に行われたJリーグ2部(J2)の東京V-甲府で、東京VのMFレアンドロ(28)が人種差別的発言を受けたとして激高し、鈴木茂マッチコミッショナーが両チームに事情聴取を行った。
 → iza:「甲府・杉山、試合中に人種差別的発言!?

記事によると、試合終了後、レアンドロが「ロスタイムは短すぎた」と審判に抗議した際に、甲府のDF杉山に「ポルトガル語で『チンパンジー』と言われた」ということです。一方の、杉山の側は「言っていない。ポルトガル語も分からない」と強く否定したそうです。

レアンドロと杉山とが試合中にどういう感じだったのかわからないし、二人の選手について何も知らないのであれなんですが、試合中の暴言といっても(人種)差別発言は大きな問題だということを痛感します。

果たして杉山がレアンドロに暴言を吐く必然性が、それも、日本語でなくポルトガル語で、チンパンジーと言う必然性なんて……、レアンドロと杉山とが試合中にどういう感じだったのかわからないし、二人の選手について何も知らないのであれなんですが、ちょっとありえないと思います。杉山の「ポルトガル語もわからない」という言葉は素直に理解できます。前々からよほど因縁があるならともかく、わざわざポルトガル語でチンパンジーとは言わないでしょう。

まず、ポルトガル語でチンパンジーのことをなんというか、知りませんよね。検索しました。ありました。
 → Yahoo!知恵袋:「ポルトガル語でチンパンジーは何て言うんですか?できれば読み方としてカナカナにも変...

答えは「chimpanzé」で、「チンパンゼー」という読み方を示している人もいますが、

発音は、最初のchiが日本語でいうところの「シ」に聞こえる感じです。
シンパンゼ、が一番近いかな。

という回答もついてます。

ああ、これなら「審判だぜ」とか、「審判ウゼェ」とか、「審判遅ぇ」とかいうと、ポルトガル語で「チンパンジー」って言ったようにも聞こえますね。これは、ありそうです。J-CASTニュースでも、「「審判」と言ったのを聞き間違った可能性も」と書いています。

2009年7月22日に「味の素スタジアム」で行われたJ2第29節、東京ヴェルディVSヴァンフォーレ甲府の試合が騒動のきっかけ。1対1で迎えた後半ロスタイムに甲府の大西容平選手がヘッドで合わせ、劇的な勝利になった。試合終了のホイッスルが鳴った直後、東京のレアンドロ選手が審判に対し、終了には早すぎると抗議した。かなりの興奮状態だったため、審判はレアンドロ選手にイエローカードを出した。その際、甲府の杉山新選手がポルトガル語でレアンドロ選手に「チンパンジー」と言ったのだという。

甲府の広報によれば、杉山選手は「チンパンジー」などと言った覚えはなく、「チンパンジー」のポルトガル語表現すら知らないという。「審判」と言ったのを聞き間違えた可能性もあり、

「レアンドロ選手はかなりの興奮状態にあったため、そのとばっちりを受けたという感じだ。試合後の事情聴取でもそう説明しています。レアンドロ選手は聴取を受けずに帰ってしまいました」
と説明する。
 → J-CASTニュース:「「チンパンジー」言った?言わない? Jリーグで差別発言騒動

これだけを読むと、ま、杉山の「審判」を、レアンドロが「チンパン」と聞いてしまったということになりますし、これが真相だとしても、素直にうなづけます。

ただ、この話を聞くと、いろいろなことを思いますね。

杉山やレアンドロのことはここでは切り離して(というのは、真相はわたしにはわからないので)、勝手な妄想だけを書かせてもらえば、サッカーの選手にはブラジルの選手多いですから、日本語で「審判!」という言葉に抗議している姿に、過敏に反応しているブラジル選手を目撃する機会は、Jリーグではそれほど珍しいことではないのかもしれないということです。つまり、そういういやらしいことを十分に承知の上で、ブラジル選手と審判員を目の前にして「審判! 審判!」と連呼して、カッカさせることってないのだろうかということです。いいこととは決して思いませんが、なんかそういうことってありそうです。

「国際サッカー連盟は近年、人種差別的発言に厳しい姿勢を示している」(→ iza:「甲府・杉山、試合中に人種差別的発言!?)わけで、むふふ、よく調査して、お互いに納得いくような解決になるといいですね。

ちょっと悪ノリして書くと、もし、ブラジル人の審判だったらどうなんでしょうね。ま、J2にはいないにしても、国際試合とかでだったら普通にブラジル人の審判ってことがあるのですよね。だったら、審判に対して「審判」という日本語で呼びかけるのはマズいということになってるんでしょうか? もし、そういうことなら(仮定です)、国際レベルの選手ならそれなりに知ってることになりますね、「審判」という言葉の危うさくらいは。だとしたら(仮定です)、これはこれでサッカー界では特別にな話ではないのかなと思ってみたりもします。

……難しいなぁ、まさか、こんなことで「審判」という日本語が国際的なスポーツ界から追放されることになるとは思わないけれど……。





ちょっと違うけど、この手の話は人名ではよくあることともいえなくはないか……。

福留が大リーグに行くときに、「英語圏の人たちはローマ字つづりの福留の名前を“FUCK YOU DO ME(犯し犯され)” 、“FUCK YOU DOME(犯しのドーム)”と」読むなどと言われましたし、進研ゼミのベネッセの旧名は「福武書店」。改名の理由は同様に「FUCK」にあると言われてました。

ま、審判は審判、シンパンゼはシンパンゼなんですけどね。



続報です。

サッカーのJ2東京ヴ・甲府戦(22日)で、東京ヴのブラジル人FWレアンドロが甲府の選手から人種差別的発言を受けたと訴えた問題で、Jリーグは24日、調査の結果、「事実が確認できなかった」として、この件に関する処分は下さないことを明らかにした。ただし、「事実かどうかにかかわらず看過できない事態」(Jリーグ羽生英之事務局長)とし、全クラブに対して、人種差別的行為や発言を行わないことの徹底を求める通達を出した。

 Jリーグ規律委員会が23、24日に聞き取りを実施。レアンドロは「チンパンジーと言われた」と主張し、甲府の選手は「言っていない」と反論。審判団や周囲の選手から、人種差別的発言があったとの裏付けは取れなかった

 6月14日には甲府のブラジル人選手と熊本の選手との間で同様のトラブルがあり、羽生事務局長は「人種差別的なことは絶対に起きてはいけない」と話した。【江連能弘】  → 毎日.jp:「<Jリーグ>人種差別的発言は確認できず 禁止徹底を通達

ま、この手のいざこざはしかたがないかもしれません。誰かビデオで撮っていたらはっきりしたかもしれないけれど~。ところで「6月14日の件」というのがあるのですね。よくわかりませんが、こんな記事。

J2甲府関係者は23日「人種差別的な発言は絶対にない」と、あらためて否定した。この日も試合にかかわった全選手に状況確認を行い、発言の事実はなかったという。6月14日の熊本戦(小瀬)で、DFダニエルが人種差別的発言を受けたとされる出来事もあり、講習会を開き、そうした発言をしないよう指導したばかりだった。それだけに「うちはあり得ない」と怒りすら浮かべていた。
 → ニッカンスポーツ:「甲府「差別発言絶対ない」全選手状況確認

で、6月14日の記事は、もう残ってなくて、ここに貼ってあったのを貼ります(#495です)。

▼C大阪 大久保また退場
甲府を下して今季初の連勝を飾ったC大阪だが、エース・大久保が“大暴れ”。
後半39分に1枚目の警告をもらうと、同44分にも遅延行為で2枚目のイエローで退場。
さらに、試合中に甲府ブラジル人DFビジュに人種差別発言を行った疑いがあるとマッチコミッショナー(MC)から事情聴取を受けた。
差別発言について本人は否定。
証拠がないことからその件について規律委員会にはかけられないが「普段の怖い態度を改めないと」と関正広MCに注意を受けた(報知)





YOUTUBEもありました。

全体に混乱というか、レアンドロを追っています。杉山(白ジャージ32番)が出てくるのは、1:12くらいです。この映像で見る限り、杉山はレアンドロから逃げているように見えます。1:00くらいまでは「レフェリー」に抗議していたようなんですが、1:00ちょうどくらいからレアンドロの動きが変わります。実況も「何か言われたようですね」「選手ですね」と言っています。杉山の言葉はもちろん聞き取れませんが、「誤解された」というよりは、何か言ってレアンドロを怒らせて逃げているように見えてしまうのです。ただ、あくまでわたしの感想で、確定的なことは言えません。



ヴェルディファンのブログにも映像(写真)があります。
 → 名門復活を信じて:「レアンドロの件
が第1報ですが、ビデオで検証しています。
 → 名門復活を信じて:「検証、レアンドロの件7
あたりからです。

上のYOUTUBEと見比べてみると、わたしは全然わかりませんでしたが、0:55くらい、右端白17番の選手の向こうで、ちらちら見えているのが杉山ということです(→この記事)。このときはレアンドロの方を向いています。レアンドロは既に杉山に対して怒って、向かっていこうとしています。

状況はわかりますが、選手の言葉まではわかりませんので、「不問に伏す」以外はないのでしょう。



杉山は短期ですがブラジル留学の経験があるようです。

99.12.06-00.02.04 Mirassol Futebol Clube(São Paulo)に玉田圭二(現名古屋グランパスエイト)と共に短期留学。
 → wikipedia:「杉山新





ここ(http://www.oddcast.com/home/demos/tts/tts_example.php?sitepal)
で、「chimpanzé」「Portuguese」として発音させてみると、アクセントはいろいろですが、「シンパンズェ」くらいには聞こえます。

いずれにしても、審判に向かって言っているのと、相手チームのブラジル選手に向かって言っているのと、自然にわかるはずですね。

COMMENT



お久しぶりです

2009-07-24-Fri-22:57
こんばんは。
出人さんの思考はいつもユニークですよねw

>日本語で「審判!」という言葉に抗議している姿に、過敏に反応しているブラジル選手を目撃する機会は、Jリーグではそれほど珍しいことではないのかもしれないということです。

Jリーグの試合をしょっしゅう見てますが、
そのような反応を示したブラジル人は1度も見たことがありません。
日本人選手も審判のことを「審判」って呼び止めることは少ないですよ。
だいたい最初の呼びかけは省略して話し始めてます。

>国際試合とかでだったら普通にブラジル人の審判ってことがあるのですよね。

国際試合を裁くレベルだと英語も使える人が多いので
選手も「レフェリー」くらいの単語は使うんじゃないでしょうか。

☆SUSANさん

2009-07-24-Fri-23:40
お久しぶり~。

貴重な証言ありがとうございます。Jリーガーたちが「審判」ということが少なく、「レフェリー」と言うことが多いとしたら、逆に、今度は、杉山が不利で、レアンドロの怒りがごもっともってなことになってくるのかもしれませんね~。ま、他の選手はあんまり「審判」といわないけど、杉山はいつもそう呼んでるのかもしれませんけど。

ま、いずれにしても、水掛け論になっちまうかもしれませんね。

ところで、名古屋場所、けっこうおもしろい展開できましたね。今日(13日目)、白鵬が単独首位になっちゃいましたが、ま、ここで、日馬富士戦が残っているし~、琴欧洲のさらなる奮闘に期待されます~。

後に読む人のための補足

2009-07-26-Sun-08:20
susanさんのコメントも僕の返信も、記事の最初追記部分(「ちょっと違うけど……」と2番目の追記(「続報です……」)の間に書かれたものです。

YOUTUBEの実際の映像を見たら、記事本文がかなり杉山よりの印象で書いているなと感じました。事情は一切知らないが、「審判!」が「チンパン」に聞こえるとしたらおもしろいという点が中心の記事でしたので。

その後いろいろ読んだり見たりして、ひょっとしたらsusanさんは、ちょっと杉山に都合よく解釈しすぎとお感じになられたのかもしれません。言葉の音がどんなに似ていようと、どういうムードで誰に対して発しているかは伝わりますからね。

人種差別発言であったかどうかはわかりませんが、杉山がレアンドロに何かを言ったということは、事実と見ていいでしょう。その場合人種差別的な言葉だったかどうかは大きなポイントになるかもしれませんが、う~ん、うまく言えないけど、日本人が黒人を「サル」とか「チンパンジー」とか言って差別してきたことは、歴史的にないと思いますけどね。そこを言っても、レアンドロは納得できないのでしょうかしらん。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2477-7f172463

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。