David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「アマルフィ 女神の報酬」~劇場で

2009-07-20-Mon
映画「アマルフィ 女神の報酬」を見てきました。

最初に書きますが、すごくいい映画でした。ああ、表現力がないなぁ、おもしろい映画ですでわたしはいいのですけど、前田有一の超映画批評ではこうなっています。

今年2009年の夏シーズン、忙しい中、たった1本だけ映画を見られるとするなら、私は迷わず『アマルフィ 女神の報酬』を選ぶ。夏休みらしいスケールの大きな大作であること、邦画の枠内でなく、世界標準からみても優れたサスペンス映画であることが理由だ。

と同時に、このような意欲作がコケることになったら、もはやマジメに日本でエンタテイメントをやろうという人はいなくなってしまうのでは、と危惧する。人気テレビドラマをチョチョイと2時間に引き伸ばし、洗脳のごとき繰り返し宣伝で純情な視聴者を映画館に集め、1800円を搾り取るビジネスモデルが通用するようでは、あまりにクリエイターたちが可哀相だ。

前田有一の採点は100点満点で90点。わたしも異議はありません。いい映画でした。


 → 公式ページ

ネタバレのない程度に、どこにでも紹介されているような、導入的ストーリーを紹介すれば、国際会議や大臣の外遊などの折、訪問先の大使館は大変です。テロなどの危険から要人を守らねばならないのと併行して、実績を残し、次期予算を少しでも多くとるためには要人に喜んでもらわねばなりません。記念レセプションとか、歓迎パーティとか、あるいは視察というか、見物というか。安全と歓迎はややもすると二律背反です。大臣を喜ばせるには、危険が拡大するわけですね。

そういう状況で、イタリアの国際会議に外務大臣が来ることになりました。同時にテロの予告が。そこで織田裕二扮する黒田外交官の登場です。テロ対策の視点から、外務大臣を徹底的に警護する……はずだったのですが、邦人誘拐に関わることになります。紗江子(天海祐希)の娘が美術館で行方不明になったという電話が大使館に入り、黒田と外交研修生の安達(戸田恵梨香)が援助に行くことになります。誘拐犯人からの電話が入り、行きがかり上黒田は父親だと答えることになります--。

テロ予告が入っていて、ただでさえ忙しい黒田は、同時に邦人幼女誘拐にも深く関わらねばならなくなるというわけです。ちょっとどっちつかずのような妙な展開ですが、黒田が抜けたおかげで何倍も忙しくなってるだろうに、さらに黒田から誘拐がらみの難しい調査を依頼され、てんてこまいの新米研修生を、戸田恵梨香がユーモラスに演じているのも楽しいです。もちろん、コメディではなくて、本格派サスペンスなのですが。

同じくローマやバチカンを舞台にした「悪魔と天使」を思い出しましたが、どちらを見ても、イタリアってほんとすばらしいところなんだなぁと思うと同時に、「アマルフィ」って相当の制作費だったんだろうなって思います。サラ・ブライトマンの歌も凄いですし~。ぜったい、CDほしくなりますね。



前田有一が言うように、この夏、一つしか見ないとしたら、「アマルティ」。わたしも賛成です。

ちなみに、Amebloがコラボ企画やってます。




ところで、この記事はなんなんでしょう?

 日本シナリオ作家協会(西岡琢也理事長)は17日、18日から全国公開される映画「アマルフィ 女神の報酬」で脚本家名が表示されていないことに抗議する声明を、製作統括の豊田皓フジテレビ社長や複数のプロデューサーらに送付した。

 声明では、「アマルフィ」は、上映される映画本編のほかにポスターやホームページなどにも一切、脚本家の氏名の表示がなく、「事情のいかんを問わず、我々は重大な疑義と強い憤りを覚える。一刻も早く表示を行うことを切望する」としている。
 → 「脚本家名ない「アマルフィ」に作家協会抗議」(読売新聞)

記事中のフジテレビ広報部の話によると、

脚本は、原作者の作家、真保裕一さんと西谷弘監督が担当したが、「一人で書き上げたわけではないと、それぞれが表示を辞退したので、協議して入れないことにした」

のだそうですけど、作家協会の「重大な疑義と強い憤りを覚える」ってところをもう少し詳しく知りたいです。



個人的には、読売の記事がわかりにくいと思います。Wikipediaには

※ 本作には脚本家のクレジットが存在しない。そのため、脚本家軽視の疑いがあるとして日本シナリオ作家協会が制作者側に抗議を申し入れた。シナリオは小説版作者の真保裕一と西谷弘監督が担当したが、「一人で書き上げたわけではない」とそれぞれが表示を辞退したため、協議してクレジットを入れないことにしたという[3]。

とあって、作家協会の「重大な疑義と強い憤り」の内容が、「脚本家の軽視」ということだったのがズバリ説明されてます。……なんで、そう書かなかったのか? という疑問もおきなくはないですけど。

COMMENT



2009-07-22-Wed-08:56
>テレビドラマをチョチョイと2時間に引き伸ばし、洗脳のごとき繰り返し宣伝で純情な視聴者を映画館に集め、1800円を搾り取るビジネスモデル

まさにアマルフィのことじゃん。前田って頭悪いんかね

☆タイムさん

2009-07-22-Wed-09:34
いや、たぶん、そういう意味ではなくて、テレビドラマの映画版(刑事モノでも、学園モノでもあるじゃないですか~)のことをこういう言い方をしたのだと思って読みました。

つまり、オリジナルなキャラでなく、テレビシリーズに乗っかっているような作品で、ドラマを見てる人たちが、黙っていても流れ込んできてくれるようなモノね。

ま、そこはともかく、「犯人」がどこまで計算していたのか? ってところがちょっと疑問なのではあります。

きのう、表現した

2009-07-22-Wed-14:39
きのう、表現した。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2469-ae34ddbe

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。