David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごい日馬富士、惜しい豊響~平成21年度名古屋場所初日

2009-07-13-Mon
初日。凄い取り組みがありましたね。

大関日馬富士と同期入幕のライバル関脇稀勢の里の一戦です。

過去の対戦成績は10対10。先場所は「とったり」で日馬富士が買っているのですが、「下位への変化」と批判されたことも事実です。ま、わたしは、「とったり」を決め技にするなんて一流の技術がいると思って、日馬富士の変化を支持するのですが、どうも、そういう声は少なかったと思います。今場所は、横綱を目指す大関としては、そういうわけにはいきません。もちろん、稀勢の里も大関を目指すわけですから、逃げはないと思います。そもそも逃げはない人ですが。

両者正面から当たりました。日馬富士は低く、右の下手回しをひきつけるようにとりました。これに対して、稀勢の里は左の強烈な押っつけと、右手で、低い日馬富士の頭を、まるで上から押しつぶそうとするように、上から凄い力で押さえつけようとします。日馬富士は、本当に苦しかったと思います。

その苦しみを、回りながらしのいでしのいで、必死で下手を切られないようにくらいついて行き、そしてついに稀勢の里を土俵際により切るように攻め立てて、ま、寄り切ったわけなんですが。勝負が決まった後、幾分ダメ押し気味なのですが、今日の対戦を見て、あのダメ押しを咎める人は少なかろうと思います。もちろん、横綱になろうというものがダメ押しはダメと批判してもいいと思うのですが、それまでの苦しい展開をこらえにこらえてのより切りという流れからすると、日馬富士の「どうだ」という気持ちはわからないでもないと思います。これが勝負の世界だと思いますけどね。

朝青龍のダメ押しを咎めていた方は、ぜひ、同じ基準で日馬富士のダメ押しも評価して欲しいと思いますね。

もう一つ、豊響が千代大海に挑んだ一戦も、あそこまで突き押しの千代大海を、突き押しで攻め立てながら、最後は押し戻され、引かれて、多少仕切り線に足をとられたという要素もあると思いますが、残念な結果だと思います。

その他の対戦では、琴欧洲もだいぶよさそう。魁皇は初日黒押しで、豪栄道よくがんばったと思います。白鵬は琴奨菊に危なげなくを寄り切り、朝青龍も小結旭天鵬を下手投げで退けて、不安なところは見せませんでしたね。琴欧洲は阿覧を寄り切り、琴光喜が栃煌山を上手投げに決めたとなると、ま、いずれも安定感を感じます。

あと、うちの部屋では新関脇鶴竜は岩木山に善戦むなしく押し出されたという感じです。

横綱:白鵬 ○ 1戦全勝
大関:日馬富士 ○ 1戦全勝
三役:鶴竜 ● 1戦全敗
平十:豊響 ● 1戦全敗
 同 :把瑠都 ○ 1戦全勝
 同 :玉鷲 ● 1戦全敗
補欠:豊真将

目多掘部屋は3勝3敗でした。



COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2465-56a96f3c

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。