David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIAUの緊急声明発表と国会の解散~児童ポルノ法改正(3)

2009-07-17-Fri
「伝家の宝刀を22日に抜く!」と宣言したおかげで、「そんなら審議はできませんよ」と野党が拒否しています。国会は空転というか、機能停止。ウイルス性肝炎感染の治療に関する基本法である肝炎対策法案や、拉致問題解決などそっちのけで、核ミサイルの演習(実験?)を繰り返している北朝鮮への制裁に関する法律である船舶検査法などは、関係者の期待虚しく廃案の方向にむかっているようです。

麻生首相はこれらの重要法案の成立を待ち、成果を見定めて、「解散!」というべきできはなかったのでしょうか。まさに、党利党略、私利私欲。自分のプライドだけを考えたかのような感じです。なんか、泣きたくなりそうな状態のなかで、とりあえず、児童ポルノ法の改正安も廃案になりそうです。

 深刻化する児童ポルノ被害を食い止めようと、画像を所持することへの規制強化に向け国会審議が続いていた児童買春・児童ポルノ禁止法改正案は、衆院が21日にも解散されることで、廃案の見通しとなった。

 同法をめぐっては、18歳未満を写した性的な画像を個人で見るためだけに所有する「単純所持」を禁じる自民・公明両党と、「有償または反復して取得」した場合に処罰を限るべきだとする民主党がそれぞれ改正案を提出、先月26日に衆院法務委員会で審議入りした。3党は今国会での成立を目指して修正協議を重ね、「単純所持」を違法とすることで合意したが、処罰対象をどこまで広げるかなどで折り合いがついていない。
 → 毎日jp:「児童ポルノ:禁止法改正案は廃案の見通し 衆院解散で」(7月14日)

14日の記事には解散ぎりぎりまで協議の可能性もあるというようなことも触れてますが、その後の国会の様子を見ていると、少なくとも自民党は法案の審議どころではないという印象を受けます。

時系列的にはそれよりも前の話になるわけですが、MIAU(インターネットユーザー協会)が、児童ポルノ法改正に関して緊急声明を出していました。

10日発表の緊急声明はこちら、その解説はこちらで読むことができますが、ITMediaNewsが要点をとりあげています。


緊急声明の文章に説得力を感じます。要点は5点。

(1)児童ポルノの定義を客観的・限定的にし、アイドルの水着写真まで含むような法文を改善すること
(2)「性的目的で所持した場合」などあいまいな基準ではなく、客観的に証明できる基準で罰すること
(3)過去に合法的に販売された商品の所持まで罰する可能性がある法文でえん罪の恐れを高めるのではなく、新たな児童ポルノの製造・販売の処罰を強化するなどして児童を守ること
(4)ネットを規制する内容について、憲法や他の法律などとの整合性を取ること
(5)被害児童の保護や救済制度を拡充すること


(1)は、ここでも書いてきました。ポルノとは呼べない児童の写真までが「児童ポルノ」になってしまうのはおかしいです。

jidopo_01.png

わたしの考えでは、ポルノとうい大きな枠の中に児童ポルノがあるはずなのに、本来ポルノでない写真まで児童ポルノにしてしまうというような感じがしてなりません。

たとえば入浴に関しては日本の文化がありまして、親子や家族で一つの湯船に入るなどはなんの違和感もないのですが、あの「となりのトトロ」の父と娘二人の入浴シーンが問題となるというような話を聞きますと(→破壊屋:「となりからみたトトロ」)、これはアニメだったからまだよかったものの、実写があったならば、この法律が成立したら、「実写版となりのトトロ」は1年以内に全て焚書にするのかというような心配さえ出かねないのかと思ったりしたものです。

少なくとも現行法では適法であるものの単純所持に関してまでも処罰するというのは、問題を残します。過去記事に書いた、両刃の刃物を禁じられ、牡蠣加工業者が困っているという話ですが、これが、「実写版となりのトトロ」で起こるわけですよ。しかも、処分を忘れていると、「児童ポルノ単純所持者」というレッテルを貼られてしまうわけでしょう。

定義や基準、過去の適法作品の扱いなど、普通に考えたら困るようなことが、「児童ポルノ禁止」「子どもを守れ」という言葉の持つ絶対的な正当性の前で、反対しにくいムードを作っているような気がしてなりません。

子どもを守ってください。児童ポルノは禁止してください。そう思います。ただ、冤罪とか焚書みたいなことはやめてほしいです。基準があいまいで、結局児童ポルノじゃないものまで児童ポルノと言われたら困ると表現を自粛してしまうこともあるのですね。

たとえば、前の記事でとりあげた日本ユニセフ協会のスライドだって、3人の幼児の全裸のシャワーシーンがあり、男児は顔も表情も性器も全部写っています。となりの女児も乳首も性器も隠してません。趣旨から言えば、別の構図やアングルの写真でも構わなかったはずなのですが、別にわいせつだとかそういうには無関係に、過酷な状況で普通に生活していくこのと困難さと強さ、子どもの純真さを示すのは、むしろああした裸の持つ力で示したかったのだろうと思うのですね。困難さ、たくましさ、純真さ、日常性……。あの写真を選択したことはそうした撮影者や編集者の意図があると思うのです。

しかし、あいまいな基準ではこの写真は使えなくなります。普通の日常生活を送る子どもたちの、ごく普通のシーンは、わたしの基準ではまったく「児童ポルノ」ではないのですが、それはたぶん日本ユニセフ協会の判断でも同じはずですが、しかし法改正がされれば、その点がどうなのか全くわかりません。わからないということは怖いことです。「児童ポルノ」に該当し処罰されるのではないかという不安は、安全志向に向かいます。不安よりは無難でという心理の下に、この写真は消し去られてしまいます。この手の表現はすべてなくなりますし、公開だけがダメでなく、単純所持がダメの意味は大きいです。元データもネガもすべてなくなります。

憲法で保障された表現の自由に大きく関わってくると思うのですが、これは、わたしの屁理屈でしょうか?

そもそも、プライバシーの守られた入浴自体がこの子たちに必要なのかどうか、即断はできません。野蛮とか文化的ということでなく、たとえば、家族でお風呂に入るのは日本の文化であり、あの「となりのトトロ」のあの入浴シーンになんの違和感も感じないのが、一般的日本人なのです。逆に西欧には西欧の文化があり、家族の入浴に関する考え方もあるのでしょう。同様に、ジャワにはジャワの文化があり、子どもの水浴びがある。それを理解して発言しなければなりません。もちろん、文化であればなんでもOKという態度も問題ですが、少なくとも、そんなところまで、法律で強引に異文化の基準に合わせるのはやめてもらいたいと思います。

もちろん、今問題になっているのは、そんなことではなくて、性的に搾取されたり被害にあったりしている子どもです。その点に関しては、国境はないはずだと、わたしもアグネス・チャンと同じ気持ちで思うのです。

だからこそ、拙速はやめてもらいたい。法案が廃案になって、次期国会に回ってよかったと思います。定義や基準、適応対象など、無理なくそして実効性のあるものにしてほしいです。夜中に公園で酔っ払って全裸で騒いでいたタレントの部屋を探したら、「実写版となりのトトロ」があったので児童ポルノ単純所持で有罪……なんてオチでは、なんの効果もないでしょう。


COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2461-c21540b2

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

児童ポルノ禁止法改正、確実に廃案とすべし

民主党の審議拒否で多くの法案が廃案になる中、児童ポルノ禁止法改正は進められそうだという話がある。 先に断っておくが、児童保護は絶対に必要である。幼児性愛者などという変態的存在は地球上から抹殺されても仕方ないと考えているし、擁護もできない。 しかしながら、...
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。