David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイのデータもグラフに入れてみました~新型インフルエンザグラフ(10)

2009-06-27-Sat
AFPBBNewsで「タイの新型インフル感染急増」(6/16)の記事を受けて、タイのデータもグラフに入れて作っていたのですが、記事がなかなかまとまらず、日の目を見ないままでしたので、もったいないのでグラフ中心の公開です。

inf090626.png

単位は世界合計の値(緑色)は「千人」で、日本(黄色)とオーストラリア(水色)、タイ(青色)は「百人」です。ちなみに、数字の元はWHOです。同じ数値は、国立感染症研究所 感染症情報センターでも見られますが、発表が遅いですがこちらは日本語です。発表はここのところ2~3日に1度のペースですので補助軌跡で結んでグラフらしくしてあります。

先日(06/12)のコメント

一部地域以外ではまともに検査すらしていない日本と、

バカ正直に検査・カウントし続けているオーストラリアの感染者数を比べて、

なにか意味があるんでしょうか?

というようなものをいただきました。

日本はもうきちんとチェックしないという方針になったようです。

 政府が示した新運用指針により、国内の新型インフルエンザ対策はさらに緩和された。世界中で感染が広がる中、「これ以上の拡大防止策は限界がある」(厚生労働省職員)との判断によるものだ。対策の力点は感染拡大防止から重症者や死者を出さないことへと移る。

 国内対策の切り替えによって原則自宅療養となり、診察や入院も専門医療機関でなく、一般の病院で対応が可能となる。季節性とほとんど変わらない対策が取られることになる。

 → iza:「新型インフル、対策緩和も油断は禁物」(06/19)

治療方針も、今までのような特別病棟に隔離するようなスタイルから、自宅療養へと変更になり、感染力は強いが重症化することはまれだという現実に即した対応になったようです。そして、第2波の流行に備えて監視を強化していくために、集団発生の早期探知に重点を置くということですね。


 厚生労働省は26日、新型インフルエンザの流行「第2波」に備えたサーベイランス(監視)の強化策を公表した。7月中旬開始予定で、集団発生の早期探知に重点を置き、患者の全数把握は取りやめる。
 → 毎日.jp「新型インフルエンザ:早期集団探知に重点、全数把握は中止 厚労省が監視強化策」(06/21)

「すでに、変異が確認されたという報道」がありました。

 新型インフルエンザ(H1N1型)の一部に人間の細胞に侵入しやすいように、すでに変異していることが、河岡義裕東京大医科学研究所教授らの研究チームで明らかになった。14日付けの英国科学誌ネイチャー(電子版)で発表した。
 → IBTimes:「新型インフル-ウイルス変異し感染力高まる」(06/15)

当たり前ですが、今までのように、ほんとうに軽症ですむのならば、どんなに感染力が強かろうと、ま、ほとんど問題にもならないのですが、今後のこの変異のパターンによってはもっと深刻な事態が起きる可能性もあるわけです。

罹らないように注意して、予防ワクチンまでなんとか持ちこたえたいところです。いろいろ書きたいことがありますが、とりあえずグラフを公開してしておきます。

気が向いたら追記に書きます。記事を書きなおしました。



ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2451-67ba354b

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。