David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太宰治生誕百年に知る、「興ざめ」。~今日は桜桃忌

2009-06-19-Fri
今日6月19日は桜桃忌です。作家太宰治の誕生日にして、愛人と入水自殺した太宰治の遺体の発見された日です(実際亡くなった13日のようです)。ま、人気作家太宰治のまさに伝説的エピソードですね。いくらなんでも、自分の誕生日が遺体発見日になるように入水は不可能だったでしょうから。

NHKニュースは、桜桃忌に合わせて、「太宰治の最古の直筆原稿発見」を報じています。16歳の頃に書かれたものだそうです。

原稿は、両親が太宰治と親交があったという陶芸家、阿部和唐さんの自宅で先月見つかりました。詩や戯曲、エッセーなど4編が28枚の原稿用紙に書かれており、筆跡や日付などから、太宰治の直筆原稿としては最も古い、旧制中学時代の16歳のときに書かれたものとみられています。 
 → NHKニュース:「太宰治の最古の直筆原稿発見

「試合と不平」(詩)という今まで知られていなかった作品もあって、貴重な発見だそうです。

また、同じく16歳の頃の太宰の未公開写真も先日発表されていました。

作家太宰治を青森中学時代に撮影した未公開写真が見つかり、15日、五所川原市教育委員会が公表した。撮影場所は不明だが、太宰が青森中学3年の時のものとみられ、1年に入学した実弟礼治とともに北郡出身者の集まり「青森中学北郷会」の面々と記念写真に納まっている
 → 東奥日報:「太宰治16歳 青中時代の写真発見

人気作家とは言え、100年前(16歳なら計算上は84年前ですけど)なんですから、残っていて、よくぞこのタイミングで出てきたものだと思います。

映画化の話も続々と4作品。昨今の邦画ブームをしのばせます。嬉しいですね。

・5月公開「斜陽」(秋原正俊監督、佐藤江梨子主演)。
  → 公式ページ

・10月公開予定「ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ」(根岸吉太郎監督、松たか子、浅野忠信主演)
  → 公式ページ

・今秋公開予定「パンドラの匣」(冨永昌敬監督、染谷将太、川上未映子主演)
  → 公式ページ

・製作発表したばかりの「人間失格

  太宰が自殺した1948年に発表され、太宰作品でも最高傑作と称される「人間失格」。出版累計1000万部の青春文学の名作だが、映画化もドラマ化もされてこなかった。
 → 太宰治「人間失格」生田斗真で初の映画化

どれも見てみたいですが、ま、キャストで選べば、松たか子でしょう~。

ついでと言っていいかどうかわかりませんが、銅像が立つそうです。鹿児島で作られた銅像の除幕式、今日、青森でされるようですね。

……で、わたしは生誕百年などと知らずに、先日からこんなのを読みはじめています。

直筆は旧字旧かなである上に、推敲のあとが残っていて汚い感じもします。ストーリーを追う上では活字本で読めばいいわけですが、ま、逆に、完成途上の苦労はこういう原稿にこそ残っているわけで、原稿をワープロで書く時代になった今、いっそう特別な意味をもってくるようにも感じられます。

「興ざめ」の話は追記で。



ブログランキング・にほんブログ村へ

さて、「興ざめ」の話です。

興ざめで恐縮ですが、太宰の作品がつまらないとか、生誕百年のイベントが興ざめだというのではありません。

上の、「直筆で読む「人間失格」 (集英社新書 ビジュアル版)」を、太宰なりの用字法があるんだろうかと気にしながら読んでいたときに、気づいたことです。

では、質問です。

「興ざめ」の「ざめ(さめ)」を漢字で書くとき、どの字を用いますか?

ちょっとここで考えてください。書けますか?

変換させると、わたしのところは「興ざめ」が最初に出て(わたしの用字はこれなので)、次に「興醒め」が出てきます。辞書などでも「興醒め」で出てますね。

きょうざめ 0 4 【興▼醒め】
(名・形動)スル [文]ナリ 面白みがなくなる・こと(さま)。
「裏話を聞かされて―した」「なんとも―な話だ」
 → goo辞書 

ここで、太宰が違う字を書いて、たとえば「興鮫」なんて書いていたならば、なんじゃこりゃってなことになるのですが、太宰も「興醒め」と書いています。(なんじゃそりゃ~。)

だから、一般的には「興醒め」と書けばいいのですけど、でも、わたしはどうしても「興醒め」がなじめずに、「興ざめ」と書いてしまうのですね。それは、たぶん、わたしが最初にそうして覚えたからだという単純な理由なんでしょうが、どうしても漢字で書くときには、「醒め」でなくて「冷め」と書きたくなってしまうのですね。

たぶん、これは、ひとえに学生時代の不勉強からくるものだと思うのですが、同時に、漢字は表意文字です。わたしの思いをこんな質問にしてみます。

 わたしは「興ざめ」と書くときに「興冷め」と書きたくなりますね。
 だって、表意文字でしょう。
 「興が冷める」のです。熱狂が冷めるように。
 「興醒め」って、「興が目覚める」のですか?
 それじゃ逆でしょう。


「興ざめ」は「興醒め」と書くと自信を持って答えられる人も、わたしのこの質問にきちんと答えていただける方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?




もちろん、調べました。

「さめる」とは、「冷める」も「醒める」も「覚める」もそもそもは同じ「さめる」です。

「温度が冷える」ことを「さめる」というのではなくて、真義は「熱せられていたものが常温に戻る」「普段の状態に戻る」ことを「さめる」というのですね。

「熱がさめる」も「夢がさめる」も「恋がさめる」も「興がさめる」も、「目がさめる」も、いずれも、特別な状態(発熱状態、夢の中、恋愛中、興味や興奮、睡眠)から、普段に戻ること、これを「さめる」というのです。

そして、主に温度や熱に関するときが「冷める」であり、麻酔とか眠りに関するときには「覚める」を用い、それ以外の、たとえば恋愛だとか、心の迷いだとか、熱狂的な気分だとか、興だとかそうしたものがさめる時には「醒める」を使うのがいいわけです。

わざわざ直筆で読んで、こんな寝ぼけたような発見で恐縮です。

COMMENT



2009-06-21-Sun-00:58
 出人さん、こんばんは!!!
 太宰治は全作品を読んだ唯一の作家さんです。学校の授業の時は全然興味がなく、単にスキャンダラスな人というイメージだったのですが、全作品を読んで紛れもなく天才だと思いました。

 漢字の件はなんとなく理解出来ます。
 私も「興ざめ」は「興ざめ」で書くと思います。これで体に染み込んでいるので。「興醒め」はなんか座り心地が悪いような感じです。

☆おりえさん

2009-06-21-Sun-06:50
いらっしゃいませ。

読んでくださったのですね。ありがとうございます。

ああ、太宰は天才ですか。そうでしょうね。全作品を読んでおっしゃるのだからそうなのでしょう。近代小説の作家がマンガみたいな小説に押されてどんどん消えていくなかで、こんなに残っている……。時代を超えられるのですから天才に決まっています。

もっと太宰のことを書ければよかったのだけれど、太宰のことは実はあまり詳しくなくて、興ざめな話を書いてしまいました。

興ざめついでに書けば、「直筆で読む……」は面倒くさくなって投げ出しそうです。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2448-08386be0

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。