David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに静岡、九州でも感染確認~新型インフル感染者数グラフ(5)

2009-05-27-Wed
また、まず最初にグラフです。
sininfl090526.png
WHOが発表した数値を入れています。確認は、ここ(国立感染症研究所 感染症情報センター)とかここ(WHO)でしています。5月24日は発表がなかったので、穴があいてしまいました。グラフ作りとしては残念です。

日本では、大阪や兵庫などのほとんどの学校で第1回の休校が期限(ほとんど5日~1週刊)が過ぎ、継続されることなく学校が再開しています。休校によって、さらなる急速で大幅な拡大は防げたと思うのですが、感染は関東圏(神奈川、東京、埼玉など)、静岡県、九州などにも広がりを見せています。国の対応は、弱毒性で、感染力が強いものの、通常の季節型のインフルエンザと同様の処置をすればよかろうというものに変わってきているのですが、確かに、今のところ死者も、重篤化する例もなく、比較的軽い症状で終わっているようなんですけれど、ただ、予防接種のワクチンが未開発で(ということは、季節型のインフルエンザとタイプや性質が似ていても、人間の側の条件が違う)ということもあって、まだまだ、感染する可能性はあると思うのですね。暑い気候や梅雨が苦手だというのはわかりますが、今の日本には、残念ながら、年中快適な環境で閉鎖的な空間がたくさんあるように思い、気になります。

インフルエンザに限らず病気にかかってしまったことは仕方がないことではありますが、できるだけかからない工夫(人ごみはでかけない。嗽や手洗いをサボらない。マスク着用など)は、、ぜひ、実践されることを望みます。

さて、ちょっと、違和感のある、妙なニュースです。

【こぼれ話】新型インフル「感染第1号少年」の銅像で観光客呼び込め=メキシコ」(5月26日)

【ハラパ(メキシコ)25日AFP=時事】メキシコ東部ベラクルス州のラグロリア村は、新型インフルエンザにかかった第1号ではないかとみられている少年が出て、一躍世界中のマスコミに取り上げられて名前が知られるようになったが、観光名所化を狙ってこの少年の銅像が近く同州に建てられる。
 少年はエドガー・エルナンデス君(5)。新型インフルエンザの「感染者第1号」いわれているが、完治した。このエドガー君に目をつけたのがベラクルス州の知事で、同君の銅像を建て、ベルギーのブリュッセルの小便小僧のような名所にして世界中から観光客を呼び込む計画をぶち上げた。知事は24日、「ラグロリアは今や重要な観光スポットになっている。我々は来週、ベルギーの小便小僧に似たエドガー少年の像の建立式を行う」と語った。
  =以下略=   

日本では、初期の感染者たちが、ややもすると犯罪者的に扱われているのではないか? という指摘があって、ずいぶんと扱いが違うものだとびっくりしました。

あたかも犯罪者のような扱いをし、病人にさらに負担をかけたりなんかして、新型インフルエンザ自体がせっかく治っても、不登校状態になってしまうかもしれない状況にならないようにしたいですね。




ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2428-cfe1b0fa

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。