David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんと日馬富士優勝で終わる~平成21年度夏場所

2009-05-25-Mon
千秋楽も昨日のこと、テレビでも新聞でも、ネットでも「大関日馬富士が優勝決定戦を征して初優勝」ということが報じられているので、タイトルに書いてしまってもさしつかえないでしょう。

大相撲ファンの方の中には、リアルタイムでテレビの相撲中継が見られないので、録画しておいて、そしてそれを見るまで結果を知りたくないという方がいらっしゃいます。ま、これは、相撲に限らず、野球でも、サッカーでも、ま、いろんなスポーツにあることかもしれません。結果を知らずにスポーツ観戦したいということなんでしょう。気持ちがわからなくもありません。だから、ブログで結果を書く人の中にも、見出しに勝敗や結果を書かないという方も幾人かいます。読みに来る人への配慮ですね。

わたしも映画の記事にはこういう方針を採用しています。学生時代にミステリー読みで、ネタをばらすのはルール違反であることを叩き込まれているからです(笑)。ま、しかし、今回は、そういう事情を重々承知ながらも、冒頭2行に書きましたように、結果をタイトルにさせてもらいました。まさか、この時間になって、いっさいの情報をシャットアウトしながら、わたしのブログを読んでから、大相撲の録画を見るなんて方はいらっしゃらないでしょうから~(笑)。

こういうことを書くと、各力士のファンから嫌われたりするのですけれど、白鵬は優等生過ぎて、優勝してもおもしろくないんですね。よくも悪くもニュースになるのは朝青龍であるのはわかっているじゃないですか。いいかわるいかはともかくとして、相撲なんて全く知らない人、たとえば、稀勢の里とか栃煌山を知らない人でも、朝青龍は知ってるんですね。じゃ、その人が白鵬知っているか? 琴欧洲知ってるか? というと、案外、琴欧洲の方が知られていたりするかもしれないと思うのです。高見盛も同じことが言えると思うんです。それは、実力とか、強さとか、精神性とかじゃなくて、一言で言えば話題性であり、人気で当然ながらプロとして大切な要素です。

で、白鵬はすごく立派な横綱で、ぜひこのまんま王道横綱を貫いて欲しいと思うのですけど、一人じゃ相撲はとれないんですね。それは朝青龍の全盛期もそうでした。15日間戦うには15人相手がいるのです。そして、朝青龍は別格として、琴欧洲とか日馬富士、把瑠都、安美錦、豪栄道、栃煌山、豊ノ島、稀勢の里、鶴竜、琴奨菊、玉乃島、豊真将、豊響、千代白鵬、岩木山、黒海などなど、わくわくさせてくれるような相手が必要なんですね。そして、その中に、人気と実力を兼ね備えたスター力士が出てきてほしいと思うんです。

連勝街道を突っ走る白鵬を琴欧洲が止め、日馬富士が初優勝。わたしは朝青龍に白鵬を止めてもらうことを期待していたのですが、なんと、ダメダメと言われていた大関陣がやってくれました。おもしろい場所でした。「クンロク大関」が揶揄した言葉であったのは昔話になりつつあって、勝ち越しさえすればいい、それも、実質二場所連続で負け越さなきゃそれでいいって感じになっている現状です。こいつなら大関の地位をきちんと守ってくれるだろう、大関たちが安心して譲れるような、次の若手が早く育ってくれないといけないと思いますね。

わたしは13日目からちょっと忙しくなって、肝心の最後3日間がダイジェストでも見られずに、本場所が盛り上がったであろうわりに、物足らなさを感じています。

ただ、うちのブログでは、2007年3月に日馬富士が安馬だった当時、出身地をウランバートルから、ゴビアルタイに変更したということがあって(ゴビアルタイはお父さんの出身地で、たしか、モンゴル相撲で関脇相当にまで行った方で交通事故でなくなったんだと思います。そのお父さんを身近に感じるために父の出身地を採用したいということで、変更が許可になったんだと思います)、その時の記事が急にアクセスが増えたのが印象的です。
 → 過去記事:「安馬が出身地変更「ゴビアルタイ」~大相撲」(2007/3/17)

バカピカさんのドリーム大相撲の結果が出たら、この記事に追記します。先場所に続いて微妙なんです~。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

追記書き出したら、思わず長くなったので、こちらの記事に。

COMMENT



きのう、優勝決定

2009-05-26-Tue-16:26
きのう、優勝決定戦とか征しなかった。

平成の照国…日馬富士関

2012-07-22-Sun-22:29
日馬富士関が全勝優勝。伊勢ヶ浜部屋では昭和26年1月の横綱照国以来だ。照国とは…大相撲が年2場所の時代、史上最年少の23歳4カ月で横綱になったのが、秋田県湯沢市秋ノ宮出身の照国万蔵だ。入幕後、わずか3年。7場所で横綱になった。しかも69連勝を達成した無敵の横綱双葉山と5回対戦し、3勝2敗。全盛期の双葉山が、同じ相手に3敗したのは照国だけだ。地方巡業でも双葉山は照国に敗れた。照国は全盛期の双葉山に一歩も引かず、堂々と打ち負かした。生まれも育ちも秋田の若武者が、天下一の双葉山を土俵中央に転がしたのだ。照国の活躍に、地元は大いにわいた。
 照国の体は柔軟で、テンポよく動き、取り口もリズミカル。餅のような色白の肌が、相撲を取るたびに桜色に染まった。その様子は「桜色の音楽」と形容された。観衆は照国に酔いしれた。まさに「絵になる相撲」だ。人気の点では双葉山をしのぐほどで、誰もが愛する時代のヒーローだった。
 「相撲の天才」とも呼ばれた。土俵に腹がつくほどの低い立ち合いから相手を攻めた。低く攻められた相手ははたくが、照国は前に落ちない。子どもの頃、蚕の餌になる桑の葉っぱを朝夕、山に採りに行った苦労が強靱な足腰を育んだのだ。前さばきがうまく、差せば重心の低い吊りや寄りをした。自分よりはるかに長身の相手が高々と宙に浮いた。
 横綱在位、満10年。幕内通算成績271勝91敗。関取勝率74・2%は歴代7位。三役になってからの勝率は双葉山の86・7%に次ぐ81・3%で歴代2位。強い横綱だ。だが照国は、もともと勝負師ではなかった。争いを好まず、内気で温厚な人柄。力士になるのを嫌い、時間があれば勉強したり、読書するおとなしい少年だった。
 そんな照国が、父の急死や兄の出征など家族の悲運を乗り越えるため、あえて相撲取りの道に進んだ。自分が堪え忍び、母と弟たちを窮地から救おうとしたのだ。息子を不憫に思う母は猛反対したが、照国は泣いて故郷を後にした。 
 だが優しすぎる照国は駆け出しの頃、相撲が弱く、「力士としてやっていくのは無理だ」と親方に破門された。両国橋で途方に暮れて泣いていた照国に手を差し伸べ、家族のように温かく育ててくれたのが、同郷の幡瀬川だった。故郷の母は照国を祈り、わが身に井戸水を浴びる過酷な「願掛け」を行った。「万蔵を救ってけれ。おらの寿命を縮めてもいいから」と寒中でも体に水をかぶった。照国が大病を患って危篤になった時も、母は一心不乱に看病し息子を救った。
 だが苦労しすぎた母は若くして逝った。照国は「あばぁ。あばぁ」と、亡き母を叫びながら泣いて相撲を取った。病気やケガに苦しみながらも、母を支えに必死に踏ん張り、連続優勝を果たした。照国は故郷の母や家族を支えに、必死に人生を駆け抜けたのだった。照国は語っている。「故郷にいた時が一番の幸せだった」と。貧しくても家族睦まじく、百姓しながら暮らした少年の日が忘れられなかったという。参考…秋田魁新報「秋田が生んだ横綱照国物語」
日馬富士関は平成の照国として活躍して欲しい。 

☆伊勢ヶ浜部屋ファン

2012-07-23-Mon-08:21
あいにく照国を知りません。

かと言って初代若乃花の相撲を知ってるわけではありませんが、小柄な印象です。昨日(24年名古屋場所千秋楽)、白鵬☓日馬富士の全勝対決の際流されたVTRを見ても小柄だと感じました。こういう、蝮のように、下から食らいつく、食らいついたたら離さないなんて、似てると感じました。

照国もけっこうでありますが、第二の蝮ってのもいいような気もします。白鵬も把瑠都も琴欧洲も下から食らいついて振り回してほしいです。


コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2426-8de8fec0

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。