David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首都圏で初確認も、また、高校生なんですね~インフルエンザ感染者グラフ(4)

2009-05-20-Wed
まず、グラフ貼ります。

新型インフルエンザの世界の合計感染者数推移グラフです。
inf090519.png
ちなみに、このグラフの黄色の線はAFPBBNewsの記事に現れた数字を参考にして入れています。その記事がWHOの発表に基づいたものを採用していれば、WHOの発表と同じ値になっていますが、5月14日以後はWHOのものを記事に載せるようになっているます。WHOの数字(黄緑色の軌跡)は国立感染症研究所 感染症情報センターの「世界の確定症例数」(新型インフルエンザのページからリンク)から数値をとっています。

もう、19日の時点で1万人が目前ですので、おそらく、今日は1万人を軽く突破していると創造されます。どうも、従来の「季節型インフルエンザ」と同じような対応でいいという見解がマスコミにもれていますけれど、それは、個人の考え方の話です。つまり、予防と言っても、マスク、手洗い、嗽(うがい)、人ごみに出かけないなどであって、そして、実際にかかったときは、医者にかかって、処方されたタミフルを飲み、水分を充分とって、睡眠をしっかりとる……ということですね。

それは、そうだと思います。現在のところ弱毒性で、「新型インフルエンザの恐怖」のように従前に喧伝されていたような、死者が数万も数十万にもなるようなことはないようです。ただし、妊婦とか、心臓病、糖尿病その他持病のある人には大きなダメージを与えることも言われています。そこは注意が必要です。

一部の高齢者には免疫があるのではないかと言われていますが、新型なので基本的に免疫はない人がほとんどなはずで、つまり、ワクチンがあり予防接種が行われていたような従来の季節型インフルエンザに比べたら、感染力が非常に強いというのが特徴なのです。たちどころに広がります。結果、家じゅうがインフルエンザ、学校じゅうがインフルエンザ、営業所じゅうがインフルエンザ、病院じゅうがインフルエンザ……、ひいては町中がインフルエンザという事態にならないとも限らないわけです。当然、個人がすべき判断と、学校や病院、企業などの組織がすべき判断と、地方自治体などがすべき判断と異なってきます。だからこそ、WHOもパンデミックを出すべきではないかと悩んでいるのですよね。そのあたりのところが適切に考えられていればいいのですが、神戸市とか大阪府も、もちろん、その他の自治体も、そして、組織も、時間軸も見ながら、よく考えて欲しいと思います。

そんな中で、とうとう、首都圏にも感染者が確認されてしまいました。これは、伝染性の病気です。誰がなってもおかしくないのです。犯罪者や病原菌のように言うのは決して正しくありません。ただ、ニュースとしては、どうしても報道されることになってしまいますね。お気の毒なところもあります。ま、どうか、ゆっくりとした環境が保証され治療に専念できますことを願います。

 東京都は20日、八王子市に住む女子高校生(16)が発熱の症状などを訴え、都健康安全研究センターで遺伝子検査で新型インフルエンザに感染していることを確認した。首都圏での感染者確認は初。女子高生は最近、米国・ニューヨークから帰国したという。
 → iza:「首都圏で初確認 NY帰りの女子高生感染」(2009/05/20 21:54更新)





ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2423-44e2cd11

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。