David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通勤途上に老人が倒れていたのですが、丸投げしてしまいました……。

2009-05-20-Wed
先日の体験です。

わたしは自動車通勤で、片側2車線ある、トラックや乗用車など非常に交通量の多い国道も利用します。その日も、中央分離帯の側の車線を、クルマの流れに乗って、例によってNHKラジオを聴きながら快適にクルマを走らせていました。ややもするとかなりのスピードオーバーで走らせていたのですが(わたしがというよりもむしろクルマの流れが)、信号の連絡の見直しがあったせいか、最近はややセーブ気味に走れせる方が青信号での通過率もいいなぁと感じながら、わたしだけでなく、全体的にそういう流れにあるように感じています。

さて、ある交差点が迫ったときのことです。左側の歩道に自転車がきちんとスタンドを起こして立っていて、その横に、痩せた白髪の爺さんが、作業着に近い姿で倒れるように横たわっているのが目に入りました。一見すると事故に巻き込まれたという感じはありません。出血したような感じがしないからです。鬚の生えた顔はむしろ眠っているような印象もありました。見ようによっては気分が悪くなって病気で倒れているようにも見えますし、所謂ホームレスに近い人が休憩しているようにも見えなくはありません。いろいろな可能性が瞬時に頭に過ぎったのですが、わたしが思い出しのたのは離れて暮らしている父親のことでした。最近、とみに身体が弱くなったと聞いていたので、わたしの心には、どうしたんだろう、なんとかしてあげないとという気持ちが沸き起こりました。

しかし、国道の中央よりの車線はかなりの速度でクルマが走ります。そして、容易に車線変更できるほど道路は空いていません。他の運転手たちに、その爺さんが目に入っているのか、見てみぬふりをしているのか、気づかないはずはないと思うのですが、誰一人クルマを止めようとしません。いや、ドライバーの心理から言って、こんなに快適に流れている道路で駐車場もないのにクルマを止めたくありません。それはドライバーの習性でもあるでしょうし、後続車に大変な迷惑ですし、同時にまた、事故に直結しかねないのです。

いや、あるいはわたしが歩道寄りを走っていたら、ハザードを点けてクルマを寄せたかもしれません。しかし、わたしは内側の車線を走っていました。なんとかしたい、でも、どうしていいのかわからない……。一瞬ですが、わたしは軽いパニックになりました。携帯電話でどこかに連絡をすればいいような気もしたのですが、こういうときにどこにどう電話していいものやら、全くわかりませんでした。そもそも、運転中の電話は道路交通法違反ですし、ペア登録(一種の短縮登録)しているところならワンタッチでかけられますが、番号案内に問い合わせて、そこに掛けなおすというようなことも、何かまどろっこしいし、運転中にはひどく危険だし、何より、どこに電話するのが適切か、実際の爺さんの正確な状況がわからなかったので判断できなかったのです。

やっぱり、警察だろうな……。ここいらあたりに交番は……。と、思って、その時に次の次の交差点を右に入ってしばらくいくと駐在所があったことを思い出しました。わたしは右折して、その駐在所に駆け込むことに決意しました。余裕をみて出勤するものです!

爺さんが倒れていた位置が遠くに過ぎ去るのが不安だったわたしは、逆に右折の信号待ちが逆にイライラしてきました。交番が近づくと、窓越しに中に人影があるのを見て、お、よくやった。ややもするとこういうときに不在ってケースがあると聞くが、いいぞと、勝手に巡査を褒めたりしていました。

:「すみません。わたしは今通勤の途中で、岡崎方面から車を走らせてきたのですが、途中で人が倒れています」
:「あ、そうですか」
:「交通事故という感じでなくて、病気か、気絶したという感じです」
:「はい。場所は?」
:「そこの、○○の交差点より、岡崎寄りに少し行ったところです」
:「○○の交差点ですね」
:「岡崎よりに戻ったところです。わたしは通勤途中で、遅れそうなので早く行きたいです。ですが、心配で。お願いします。行ってあげてください」
:「○○の交差点というと、ここにコンビニがあって、ここにパチンコがありますね……。で、こっちが岡崎ですね」
と、若い警官は簡単な地図を書き出しました。たぶん、これがイロハなんでしょうね。駆けつけるときには正確な位置を記録する、そして確認をするというのが。なにせ、救急車に電話しなければならないと思ったこともあったので、とっさに信号機の交差点名表示を読み取っていたので自信がありました。
:「○○の交差点から少し、100メートルか200メートルか、クルマで走っていたのでちょっとそのあたりははっきりしませんが、少し岡崎に戻ったところです。岡崎がどちらかわかりませんか? すぐ行ってあげてください。空足になったらすみません。わたしは急いでいます。遅刻しそうなんです。ダメですか」
と一息に言いました。
:「わかりました。すぐ、行きますよ」
:「もう、わたしは仕事に行っていいですか? 遅れそうなんで」
:「はい」

そんな会話で、わたしはその爺さんを丸投げしてしまいました。

その後どうなったか、知りません。その駐在所に電話をして聞きたいような気持ちもありますが、正直、「あなたの知らせで、困っていたお爺さんが助かりました。ありがとう」と言われるような期待半分、「あの人はホームレスでよく通報されるのですよ。おかげで、他の人が困ってきていたのに……」と迷惑がられるような不安もあって、気になりながらも電話する気になれないでいます。きっと、わたしの連絡で、その人は助かったと、勝手によく解釈するようにしていますけれど。

ブログランキング・にほんブログ村へ


語源由来辞典(→「ひげ」)によると、

 「髭」は「口ひげ」、「鬚」は「あごひげ」、「髯」は「ほおひげ」

だそうです。ちなみに関羽は「美髯公」と呼ばれます。わたしはこれを、なぜか「びげいこう」と読んでいましたが、「びぜんこう」と読むのが正しいようです。

COMMENT



私は

2009-05-23-Sat-06:33
出人サンがした事は、正しいと思います。
通勤途中で時間に追われている中で、交番に立ち寄り、自分の於かれている状況を素直に話した事が良かったんじゃないかと。

私の幼少期は、ご近所さんやお隣りさん、地域の人との繋がりがありました。子供が悪さをしたら、地域のおじさんやおばさん、若しくは『カミナリおやじ』に叱られていたものです。
今の時代、人との繋がりが薄くなり『他人は他人、自分は自分』で、子供が危ない事や悪さをしていても、注意をしない悲しい時代になってます。
『人情』が失くなりつつあるんでしょうね。


私も思いますが、そのおじいさんが無事に助かり、家族の元へ連絡も着いた。
と、都合良く考えちゃいましょう。

☆わかしぃさん

2009-05-23-Sat-08:44
コメントありがとうございました。

自分がしたことは、そんなに間違っているとは思いませんけれど、通り過ぎた何十台、何百台、何千台のクルマのことを思うと、複雑なんです。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2422-4e400da4

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

爺さんにケータイを貸して10円もらった話。

先日、路傍に倒れていた老人を丸投げした話を書いたのですが、今回は、丸投げではありません。 あれは、もう10日ほど前の、5月上旬とは...
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。