David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「余命1ヶ月の花嫁」~劇場で

2009-05-18-Mon
見てきました。


 → 公式ページ

文句は言えません。実話のようです。

そもそも、タイトルからして、おおよその内容がわかります。そして、大枠その予想と当たらずとも遠からずの映画です。どういう出会いで、どういう二人で、どういうことをしたのかはわからなくても、「病気で余命一ヶ月と診断されて、それを承知で結婚した、愛を貫いた二人の物語」であろうことは想像がつき、ま、そして、そのとおりの作品です。

だから、文句は言いません。いいえ、むしろいい映画だと思います。愛を求めたくなります。愛っていいなと。恋人たちの愛に限らず、夫婦の愛や、親子の愛、そして友情など、愛っていいなって、思いたくなります。そういう映画です。そして、それでいい。こういうと貶しているようですけれど、これと言った新味はありません。むしろ、王道ですよね。そして、実話です。

だから、文句はありません。

タイトルどおりの、ストレート変化球なしの作品です。それでいい人は見ればいいし、そういうのはちょっとって人は、見なければいいのです。もちろん、見てもいいのですけど。

んー、これで、何か感想を書いたことになるでしょうか?

わたしは、予想外に集中して見ました。斜に構えて、こんなの平凡で……って言ってる世代は終わったのですね。ど真ん中の、変化球なしのストレートを、素直に味わえるようになったのだと、喜んでいます。

あと、そうですね、花嫁が病んだのは乳がんです。20歳代の乳ガンはあまり知られてなくて、若者たちもそういう知識が乏しくて、しこりがあっても医者にかからなくて、ま、恥ずかしいとういこともあるようだけれど……。

だから、若い人に映画を見てもらって、乳癌について知ってもらいたいというのが、亡くなった花嫁やそのご遺族の希望のようで、それが映画製作の動機にもなっているようです(でも、なにかこの映画、ググると妙な背景もあるようですね……。なんじゃらほい)。

ま、病気というのは残酷ですね。映画にしてみると「平凡」なんて言葉で片付けてしまうのですが、ご本人たちにしたら、命がけの、まさに一生の大事なのはわかっています。「文句」を言っているつもりもないし、貶めているつもりもないのです。わたしは、その「平凡だ」と思っていたタイプの作品を、予想外にストレートに受け止めることができた自分に驚いているのです。



にほんブログ村 映画ブログへ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2421-0c28be55

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。