David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ:「ゴンゾウ~伝説の刑事」~DVDで

2009-05-17-Sun
ドラマの中でも紹介されているのですが、「ゴンゾウ」とは「警察用語で、能力や経験はあるのに働かない人間のこと」だそうです。 語源は江戸時代、腕はいいのに働かないやつのことを、職人仲間はこう呼んだということのようです。今ではそれが警察組織にだけ残っているということのようなんですね。

で、さらに、英語に「gonzo」という形容詞があって、「独断的な,偏見に満ちた」とか「風変わりな,異常な,いかれた」という意味で、主にジャーナリズムに対して使われているようです。ドラマの中だけでなく、テレビ朝日のドラマ「ゴンゾウ」のページにも掲載されています。そして、「独断と偏見に満ちた報道,奇人,変人」のことを「gonzo」と呼ぶようです。

そんな、ゴンゾウが警視庁の井の頭署の備品係にいます。黒木係長(内野聖陽)です。かつては敏腕のエリート刑事でしたが、ある事件をきっかけに挫折、備品係の係長としてくすぶっているのです。ある時バイオリンを亡くしたと行ってきた女性(前田亜季)のバイオリンを、担当でもないのに探すのですが、それが見つかり、警察の窓口で手渡した帰り道、その女性と女性刑事(本仮屋ユイカ)が何者かに発砲されます。女性刑事は重傷、バイオリニストは死亡……。警察へのテロにに一般市民が巻き込まれたて射殺されたと騒然となります……。

ゴンゾウ黒木刑事は、いやいや捜査の第一線に復帰することになります。捜査は思わぬ方向に進展し、かつてのエリート刑事がゴンゾウに落ちぶれた理由もはっきりします。刑事ドラマでありつつ、被害者、加害者、刑事のそれぞれの苦悩を描いた、おもしろい作品で、なかなかおもしろい作品でした。

ゴンゾウ~伝説の刑事 DVD-BOX
ジェネオン エンタテインメント (2008-12-26)
売り上げランキング: 10024
おすすめ度の平均: 5.0
5 人間味溢れるドラマに感動
5 オンエアから見ればよかった・・・
5 真実に寄り添う深い淵
5 繰り返しの鑑賞に耐える、見ごたえのあるドラマです!!
3 続編とかやらないかなー

 → テレビ朝日のドラマ「ゴンゾウ」のページ

放送時は1時間枠ドラマの全10話。DVDにすると5枚です。

脚本を担当した古沢良太氏は、本作で「第27回向田邦子賞」受賞しました。

「『ゴンゾウ~伝説の刑事』は刑事ドラマであり、連続ドラマであり、さまざまな制約があったろうと思われます。その枠組みの中、作家としての挑戦を感じる作品でした。達者な構成力、はりめぐらせた伏線等、視聴者を楽しませることに心血を注ぐ精神とセンスは授賞に値すると判断いたしました。今後、違うジャンルへの挑戦を含め、テレビドラマの脚本家としての更なる飛躍を期待します。」(向田邦子賞委員会より)

というのが受領理由のだそうです( → テレビ朝日のドラマ「ゴンゾウ」のページより)。

続編もいけそうですし、映画化でもいけそうですね。ツタヤレンタルで100円の日に、5枚借りてきて一気に見ました。



ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2420-bed667e7

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。