David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大江戸の賑わい展」~刈谷市美術館

2009-05-11-Mon
ちょっと、「だまし絵」に憑かれているのでしょうか?

先日の岡崎市美術博物館(→過去記事:「「視覚の魔術-だまし絵」展~名古屋市美術館」)、名古屋市美術館(過去記事:「「琳派・若冲と雅の世界」展~岡崎市美術博物館」)に続いて、今度は刈谷市美術館に、ちょっと長いタイトルで覚えられないのですが、「中右コレクション 幕末浮世絵アラカルト 大江戸の賑わい展 -北斎・広重・国貞・国芳らの世界-」に出かけてきました。

20090415art004.jpg
 → 刈谷市美術館:展覧会案内のページ
  ※当日券から100円割り引いてくれるページへのリンクがあります。


「だまし絵」に憑かれているというのは、ちょっと大袈裟だったのですが、名古屋の「だまし絵」はもちろんのこと、岡崎の「琳派・若冲」にも、歌川国芳のあの顔の絵(「みかけハこハゐが とんだいゝ人だ」※上のポスターの真ん中の絵)などの「寄せ絵」が展示されていたからです。

これだけ連続して見せられると、と言っても、そもそもこっちのが好んで見にいっているわけなので、ちょっと「だまし絵」に憑かれているのではないかと感じたのは、むしろ騙されてしまっっているわけでして、なんら心配になる必要はないわけなのですが。

さて、今回の「大江戸の賑わい展」は、浮世絵入門展と言ってもいいような展覧会でした。

町人文化の花開いた、まさに大都市江戸において、「美人画」が商品を売るためのポスターとして利用され、「役者絵」が人気歌舞伎スターのブロマイド的にもてはやされたこと。さらに、「東海道中膝栗毛」などで旅ブームが起きて「名所絵」(風景画)が発達したこと。また、伝奇や伝説のヒーローなどへのあこがれ「武者絵」と呼ばれる現代の劇画に通じるような作品群を生んだこと。だまし絵展と通じるような遊び心あふれる作品や、戯画、風刺画の登場。そして、「錦絵」と呼ばれる、非常に色鮮やかで豪華なな多色刷りへの進化など、浮世絵と人々の関わりや、浮世絵の豊かな表現性、多様性をたっぷりと見せてくれ、比較もできるので、浮世絵入門展として見ることができると思いました。

というか、今のわたしの知識ではその程度にしか味わえなかったというだけなのかもしれませんが、それでも、ロビーでは浮世絵の作り方が展示してありますし、ビデオコーナーもそういう視点から作ってあると思ってのですけどね。

ただ、長所であり同時に短所かもしれませんが、一般の洋画展などに比べてそもそも作品が小ぶりなため、展示数が多くなって、一点一点丁寧に見ていると、終わりの方になるとくたびれてしまいます。ポスターの一番下に出ているような「滝夜叉姫と大髑髏」などのような武者絵や錦絵、「ふの字づくし福助」や国芳の寄せ絵などは、展示の後半にありますので、こういう言い方をしてはあれですが、体力や集中力のバランスを考えて見た方がいいかもしれません。

あと、浮世絵つながりでちょっと思ったのですが、このほかにも、「枕絵」(春画)、「無残絵」など、いわばエログロの世界でも、浮世絵は広く人々に愛されていったと思うのですが、そういう展覧会って、どうなんでしょう、どこかで企画されることがあるのでしょうか。

さいごに、洋画を中心とした名古屋のものはともかく、「琳派・若冲展」→「大江戸展」という流れは、時代的にはまさに好都合で、このような形で企画してくれた両美術館に感謝したいと思います。同時に、刈谷市美術館の関係者、もしくは、大江戸の賑わい展の関係者が、わたしの記事を目に留めてくれたらと思って最後にお願いを書いておきます。ぜひ、「音声ガイド」をつけてください。別に有名な俳優やアナウンサーの声じゃなくていいです。せっかくの展覧会で説明を読んでる時間がもったいないです。字を読みに行くのでなくて、絵を見にいきたいんで。



ブログランキング・にほんブログ村へ



国芳の「年が寄っても若い人だ」という寄せ絵の前でずいぶんと時間を使いました。
こちらに絵が載っていたの転載します。

もう一度書きますが、これは「寄せ絵」でして、十二支を寄せ集めて男の顔が書いてあります。逆に言えば、この絵の中に十二支に該当する12匹の動物が隠されています。

このまま記事を読み進めると、あるブログでその十二支の解読を試みている記事を紹介します。そして、その記事とわたしの解釈が一致しないことと、わたしなりの解読が書かれています。

あ、そういえば、ダ・ビンチコードの続編やりますね。ダ・ビンチコードの主人公なら、こういう隠し絵をさっと見抜いてしまうんでしょうか~(笑)

と行数稼ぎに駄文を書いてしまいました。これ以上スクロールすると解読が読めてしまいますので、ネタバレしたくなくて考えたい人は、このあたりでストップするか、上の「年が寄っても若い人だ」の画像をクリックすると、別窓で大き目の画像が開くようになっていますので、そちらを見て、12匹探してください。



はい。

では、まず、ネット上でみつけたとらさんの解読の紹介です。
 → Art Bell by Tora:「浮世絵に見る十二支の動物展(前期) @礫川浮世絵美術館 

こんなふうに解読されています。

歌川国芳の戯画《年が寄っても若い人だ》↓は「十二支の判じ絵」。奇想の画家の面目躍如である。↓の画像で、虎=眉、兎=鼻、龍=額、蛇=口、馬=耳、羊=髪、鶏=髷、犬=頭全体、猪=目のように思うが、鼠・牛・猿は分からない。ご教示ください!
(追記)↓↓の逆転画像で、額の龍の後に猿が見えてきました。

ちょっと、わたしの見方と違いますね。

わたしが見たところ、子(ネズミ)は左目(ネズミの頭は人の目じりです。目頭からふっとのびた二重まぶたのラインはネズミの尻尾です)、丑(ウシ)は顔全体(たぶん上に角がある)、寅(トラ)は眉毛がと虎の尾、卯(ウサギ)は鼻で誰でもよくわかります。、辰(タツ)は額のしわ?、巳(ヘビ)は唇、午(ウマ)は左耳ですね。未(ヒツジ)は服の輪郭に「ひつじ」とかな書きしてあります、申(サル)は額の紙魚(?)、酉(トリ)は髷(まげ)だと思います。最後の戌(イヌ)と亥(イノシシ)がわからないのですが、亥は髪の黒い部分が猪のシルエットだと思います。で、戌がわからない。苦し紛れに「戌は往ぬ(=立ち去った)」と回答しておきます。




あ、違う! もう一度よく見ると、顔全体はイヌ(戌)だと思えてきます。顔の顎先がイヌの尻尾、左ほっぺがイヌの右後足です。さっきまで牛の角だと思っていたのがイヌの右耳で、イヌは髷のほうを剥いて眠るように目を閉じてじっとしています。ああ、かわいいイヌの寝顔が浮かんできますね。絶対に、牛でなくてイヌです。

で、猪(亥)とおもっていのが、牛(丑)だということに改め気づきます。こちらの図だと横顔もよく見えます。イヌの耳のところが牛の角になるように組み合わせてあるように見えますよ。

すると、猪がいません。今度は「猪は往ぬ」などと言えませんね。苦し紛れの二乗ですけれど、紋付の紋が猪の牙だとしておきましょう。



非公開コメント(5月16日)にて情報をいただきました。
> はじめまして。
> 私も今日、刈谷美術館へ行き、十二支の絵にすごく惹かれました。
> 学芸員さんのお話しでは、猿は「去る」のでいないそうですよ。
> 犬は顔全体、イノシシは背中のキバで正解です。
なるほど。犬と猪は正解だったようです。

さて、問題は「猿」ですね。
「猿」は「去るで不在」という説明は、わたしの「犬」は「往ぬで立ち去った」という説明と同じレベルで、ま、そういう洒落はもちろんあってしかるべきだと思います。ですから、ああそうですか。なるほどとお答えしたいところなんですが、いや、それでいいのですが、じゃ、教えてください、学芸員さん。あの、竜のうしろの黒い影のようなものは、でしたら、何で、何のため?

わたしは、烏帽子をかぶったサル回しのサルが、横向きで飛び去っていく影のように見えて仕方がないのですけど。向かって左が頭ですけど……。

COMMENT



賑わいって…なん

2009-05-11-Mon-16:16
賑わいって…なんだろう…?

管理人のみ閲覧できます

2009-05-16-Sat-21:04
このコメントは管理人のみ閲覧できます

☆(21:04)さん

2009-05-17-Sun-06:17
情報ありがとうございます。

猿は「去る」でしたか!
犬は「往ぬ」まで思いつきながら……。

追記に転載させていただきます。



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2414-3ef6d884

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。