David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「GOEMON」出演でチェ・ホンマンにバッシングって。

2009-05-04-Mon
映画「GOEMON」は、予想外に楽しく見たのですが、こんな記事を見つけました。

映画『GOEMON』出演のチェ・ホンマンが韓国で大バッシング! スーパーハルクトーナメントにも批判集中!? [ kamipro.com | 韓国格闘技の最新情報をお届け『韓流MMAニュース』 ]

 韓国のあるメディアは「チェ・ホンマンが『GOEMON』に出演することに対して、韓国のネチズン(NETとCITIZENの造語)は『壬辰倭乱(豊臣秀吉の朝鮮出兵)を引き起こした豊臣秀吉を守るなんてもってのほか!』『いくら映画だからといって、豊臣秀吉の武士を演じるとはどういうことだ』『韓国の歴史を少しでも理解しているなら、絶対この役割だけは受けてはならない』といった批判が相次いでいる。

 この映画、歴史的背景が監督独自の解釈で描かれてるらしい。CM見てると、日本には全然見えない(笑)。
 → BLACKEYE2:「映画「GOEMON」出演でチェ・ホンマンが韓国で大バッシングされている

へぇ、韓国の人ってそういうふうに考えるのですね。

豊臣秀吉の「壬辰倭乱」ってのは「文禄の役」(1592年)のことなんですね。そもそも明を攻めるために朝鮮半島に出兵し、4月に釜山に上陸した日本軍は、5月には首都・漢城(現在のソウル)を占領してしまったんだそうです。あ、こういうことほとんど知りませんでした。韓国の教科書には数ページを費やして掲載されているそうです。これに対して、わたしの理解では「秀吉は朝鮮出兵をして失敗した」という理解です。この理解って、なんでしょう、他国を侵略したことに対する日本人の責任を感じる……なんて発想は全然なくて、「秀吉はやらなくてもよい海外進出をやろうとした」というような、秀吉への批判としてわたしの中にあるような気がします。いずれにしても、もう、遠い過去の話として。
 → Wikipedia:「文禄・慶長の役
 → 「その他の日韓歴史問題」のページ

ところが、韓国のチェ・ホンマンへの批判は、よりによって朝鮮出兵をする豊臣秀吉を守る兵士の役として出るとは何事かというもののようです。確かに、「GOEMON」に出ている俳優で、一瞥して韓国人とはっきりわかるのはチェ・ホンマン一人です。他にもいるかもしれないし、いないかもしれない。それはわかりません。また、秀吉役の奥田瑛二が初日の舞台挨拶で

「ここにいる人(共演者)は全員僕の敵。味方はチェ・ホンマン(秀吉の家臣役)だけですが、今日は来ておりません」と笑いを誘った。
 → シネマトゥデイ:「「GOEMON」初日で10万人動員、天下統一へ好スタート

とあるのですが、チェ・ホンマンは、「よりにもよって秀吉の、ただ一人しかいない味方」を演じていることになります。そんなことを考えてみると、映画の中では、まさに、朝鮮出兵に向けていざ出港という場面で、妨害を謀る勢力が登場、船に爆薬をしかけたり、秀吉の命を狙ったりするわけですが、よりにもよって、チェ・ホンマンはそんな中で命がけで秀吉を守って戦うんですね。う~む、考えていけばそうなんですけど、単なる映画の役の話ですよ。う~む。製作サイドもここまで計算したのでしょうか……。

ついでなんで、キャストを引用しておきましょう。三成に要潤、信長に中村橋之助、千利休に平幹二朗、家康に伊武雅刀、秀吉:奥田瑛二の豪華キャストです。中村橋之助の信長は良過ぎです。こんなに信長がよく描かれているのも珍しいのではと思います。

* 石川五右衛門:江口洋介(少年時代:広田亮平、青年時代:田辺季正)
* 霧隠才蔵:大沢たかお(青年時代:佐藤健)
* 浅井茶々:広末涼子(少女時代:福田麻由子)
* 猿飛佐助:ゴリ(ガレッジセール)
* 石田三成:要潤
* 又八:玉山鉄二
* 我王:チェ・ホンマン
* 吉野太夫:佐藤江梨子
* 夕霧太夫:戸田恵梨香
* 小平太の母:鶴田真由
* 五右衛門の母:りょう
* 才蔵の妻・お吉:藤澤恵麻
* 三成の妻・おりん:佐田真由美
* 小平太:深澤嵐
* 蕎麦屋の店主:蛭子能収
* 紀伊国屋文左衛門:六平直政
* 遊郭の番頭・弥七:小日向文世
* 織田信長:中村橋之助
* 服部半蔵:寺島進
* 千利休:平幹二朗
* 徳川家康:伊武雅刀
* 豊臣秀吉:奥田瑛二

 → wikipedia:「GOEMON (映画)

そういえば、このWikipediaの一覧には、光秀の配役が書いてありませんね。これっていちおうネタバレを配慮した結果なんでしょうか?

いろいろと、話題が仕込んであるもんですわ。「GOEMON」。


→ 公式ページ



にほんブログ村 映画ブログへ

COMMENT



ピーターが光線う

2009-05-04-Mon-16:19
ピーターが光線うさぎとミロボットの記事も予想しないです。

2009-05-30-Sat-08:16
今回の映画でまず始めに韓国からのクレームがくると思ってました。
と言うのも、韓国は世界一のクレーム大国だからです。特に日本に対しての苦情は昔から絶えないのです。芸能・国技・伝統などあらゆるものを全否定したり、時には自分達に都合の良いように嘘をでっち上げたり(強いていうなら韓国起源説)。しかもこの事実は日本にとどまりません。アジアだけではなくヨーロッパなども被害にあってます。西遊記事件やフランスで開催されているJAPANエキスポの件を知れば一目瞭然です。
因みに2002に開催されたW杯は始めは日本が開催国だったのをご存知ですか。それが後々コリアジャパンに変わった理由など言うまでもありません。
別に韓国を憎めとか言ってるのではありません。ただ全て嘘のようですが本当の話です。
反韓ではなく『嫌韓』と言う言葉まで生まれているのも事実なのです。
とても残念です。

☆きさん

2009-05-30-Sat-08:33
はじめまして

コメントありがごうございます。

クレームですか。わたしはチェホンマンへのブーイングのことは読んだのですが、ほかに韓国からどんなクレームが来てるのか、詳しく知りませんでした。ただのフィクションのどこにクレームが来るのか、不思議ですよね。

韓国の歴代大統領が非業の最期をとげていることや、人気女優が自殺したりしていることなど、韓国って、なんというか、良くも悪くも激しい国だというのは理解しています。北朝鮮も同じ民族性だと思うのですが、としたら、北の管理体制ってものすごいのだなと改めて思いますね。

「冬ソナ」と「悲しき恋歌」そして「デュエリスト」なんて、わたしは大好きなんですけどね~。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2405-9b5ca4ac

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

観劇:「族譜」~青年劇場公演

観劇の市民サークルに入っています。 今回は青年劇場の「族譜」でした。  → 青年劇場のWebサイト もう、15年以上演劇を見ています...
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。