David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「視覚の魔術-だまし絵」展~名古屋市美術館

2009-04-30-Thu
名古屋市美術館で開かれている「視覚の魔術-だまし絵」展を見にいきました。

「だまし絵」というたいうことで思い出すのは、エッシャーとか、マグリットです。おなじみの作品も展示されています。企画側の今回の目玉はポスターにもなっている、この一枚の肖像画です。

damasieten.jpg

上の絵は公式サイトのトップをそのまんまコピーさせてもらいましたが、これが今回の目玉です。16世紀にハプスブルグ家に仕えた宮廷画家ジュゼッペ・アルチンボルドの日本初公開作品です。「ウェルトゥムヌス(ルドルフ二世)」の「肖像画」として書かれながら、四季の果物や野菜、穀物を巧みに組み合わせて描いています。トリックアートでは「ダブルイメージ」という手法に分類される作品ということです。会場ではどこでどの野菜がつかわれているかということを細かく説明してあります。時間があればじっくり見られると思います(わたしが行ったのは休日で大変混雑していました)。

上のアルチンボルドの「ウェルトゥムヌス」と同様の手法の歌川国芳作品もあります。裸の男を集めて一人の男の顔をつくっているような作品や、猫の顔が数多くの猫の集合でできているとうような作品。これもどこかで見たことがある……。こうした寄せ集めだけがダブルイメージというわけではなくて、一枚の絵に表に表れたものとさらぶ別のものが隠れるように描かれているようなものを言うようです。うまくいえませんが。

もう一つ、「トロンプルイユ(trompe-l'œil)」というフランス語が紹介されています。「目を騙す」という意味なのですが、まさに「だまし絵」ということです。家具屋で本箱の展示をしているのをみるとダミーの百科事典や書籍が入っていることがありますが、ま、その絵画版とでもいいますか、戸棚や状差し(レターラック)を本物そっくりに描いて、実物の雑貨や手紙があるように思わせる……そうした作品です。ヨーロッパやアメリカで大流行したというような説明もされています。また、石造そっくりに描いた一枚の板。遠めに本物の石造ですが、横にたつと平面板だとういうことがわかります。、しかも時代を経てだったと絵画があります。こうしたものは、芸術、美術というよりは、広告が華やかな現代社会ではいくらでもあるようにも思います。ただ、写真やコピーの技術が一般にひろがっていなかった時代には、特殊な腕前を持つ人たちの特別な技であり、さらに、芸術作品といえるものはその一部なのでしょう。

日本でも、「描表装」(かきびょうそう)という手法があります。本来掛け軸は絵なり書なりを画家や書道家が、それを表装して一枚の掛け軸に仕上げていくのは別の職人(表装職人?)の仕事なわけです。ところが、画家の側がその表装が担当する部分をあらかじめ絵で描き込んでしまうという手法が「描表装」で、これも一つの「だまし絵」という解釈で展示されてます。

「ダブルイメージ」や「トロンプルイユ」の手法、そして、「アナモルフォーシス」と「さや絵」など、いろんなだまし絵の手法を欧米と日本から紹介するというのも一つのこの展覧会の特徴でありみどころです。

……ですが、わたしが見て一番すごかったのは、パトリック・ヒューズの「水の都」でした。これはすごい! 順路に従っていくと、ちょうど正面からその作品と対峙することになるのですが、その配置がまたすばらしかったのでしょう、その立体感は驚愕といっていいです。思わず声をあげてしまいます。そして、絵を見たまま、右にうろうろ、左にうろうろ……。こんなことできるはずがないと思って、近づいたり、遠ざかったり、EXILEさながら絵を見つめたまま、身体をグルグル回してみたり……。それでも絵は着いてきます。着いてくるといっても後を着いてくるわけではなくて、奥行きというか、立体感というか、3Dの状態を忠実に維持します。横だけでなく、上下にも! そして、それは、コンピュータなどによる映像のトリックではなくて、ちょっとした工夫によってもたらされているのです……。ちょっと進んで隣の作品の前まで行き、振り返ってほぼ真横から「水の都」を見るとそのからくりがわかります。そのあまりの単純さに、え? こんなことでと改めてビックリ! 戻ってもう一度作品を見ると納得します。わかってみるとちょっとアレなんですが、実際見て驚いて見てほしいです。
 → 特別展「視覚の魔術-だまし絵」展ブログ:「話題の「だまし絵」作品その1
 → パトリック・ヒューズのホームページ

途中で、零円札もやがて登場するのかと思って見ていましたが、今回のトリックアートの中では紹介されていませんでした。特別展時間をとられて常設展まで回れなかった(その後大須へ行ったし)のだけれど、時間にゆとりがあったらどうぞ~。

■Note■□■□■□■□■□■□■□
開催期間:2009年4月11日(土)~6月7日(日)
開館時間 :午前9時30分~午後5時 金曜日は午後8時まで 
休館日:毎週月曜日(ただし5月4日(月・祝)は開館し、5月7日(木)は休館)
 → 公式サイト
■□■□■□■□■□■□■□■□■□


ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



管理人のみ閲覧できます

2009-05-11-Mon-17:37
このコメントは管理人のみ閲覧できます

☆非公開コメントさんへ

2009-05-11-Mon-22:55
こんな非公開コメントをいただきました。

「非公開コメントも必要に応じて後悔する」という、うちのブログのローカル・ルールに従って、公開します。ただし、必要に応じて一部伏字にしたり、削除したりしております。

> 5月※※日に
> だまし絵展・大須演芸場・中川区にあるトンカツ屋
>
> と三カ所はしごしようと思います
>
> 時間配分のプログラムを組みたいので
> だまし絵展は
> どのぐらいの所要時間で回れるか
> 目安教えていただけますか?
> ちなみに名古屋市美術館は一度も行ったことないです

ご指定の5月※※日は平日ですので、わたしの予想ですが、それほど混雑していないと思います。お一人で行かれるのであれば、すいすいと見て回ることができると思います。ただ、時間を予想するのは、とっても難しいです。

こだわり方にもよりますので一概に言えませんが、1時間か1時間半みておけばいいんじゃないかと思います。絵がお好きで、おく展覧会にいかれるなら、もう少し長くてもいいでしょうが、普段行かない方は、それ以上では、むしろ疲れてしまうでしょう。

また、「中川区のトンカツ屋」とご指定なのであれですが、名古屋市美術館や大須演芸場から、ちょっと最近暑いですけど、がんばれば歩ける距離のところに(実際歩くとかなりきついでしょうけど)、「矢場とん本店」もありますよ。

よろしければ、そこも検討してみたらいかがでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

2009-05-12-Tue-21:33
このコメントは管理人のみ閲覧できます

とっても楽しかった

2009-05-14-Thu-20:25
名古屋に行ってきました
とても楽しかったです

また行きたいです

☆まこちゃんさん

2009-05-14-Thu-23:18
それはよかった~v-46

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。