David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮飛翔体騒動と学校耐震化云々……。

2009-04-07-Tue
4月4日からの4日間に「人工衛星」の打ち上げを行うと北朝鮮が通告した件で、休日返上の大騒動となったようですが、ま、北朝鮮には「成功」されてしまったわけですが、それでも、直接的な被害はとりあえずなく、特に飛行コースと言われていた東北地方の方々にはその点はお喜び申し上げます。わたしが最も心配したケースは、北朝鮮の「人工衛星」が未熟な技術ゆえ、コースを逸脱して日本本土に落下。日本側も不慣れで迎撃に失敗、双方失敗に終わりながら、北朝鮮に「日本が打ち落とされた!」などと被害者面された挙句に、不当な要求をされることでした。そんな事態よりは、幾分ましでした。

うちのブログでは、2006年の7月に記事がありまして、当時はこの「ひしょうたい」という言葉を初めて聞いて、なんのことだかわかりませんでした。「しょうたい」(「小体」というような字を想定してました)と言っているのか? 「飛翔隊」(複数だったので)なのか? とあれこれ思いをめぐらせていましたけれど、そんな昔の記事にも今回スポットがあたって10件を超えるくらいの閲覧がありました。
 → 過去記事:「梅雨には「しょうたい」も降る~北朝鮮ミサイル着弾

さて、今回の「飛翔体騒動」では、「打ち上げ予定期間」の初日(4日)には、誤報や誤探知による通報があり、もちろん当局も緊張したでしょうけれど、住民の方たちも心配し、不安になり、覚悟を決めたことだろうと思います。実際5日に、誤報でなく本当に発射の情報があったところで、いったいどうしたらいいものか、わたしにはさっぱりわかりませんでした。いったい、わたしがそのコースの住民だったらどうしたらいいのでしょう……。「堅牢な建物に退避する」などと言われたところで……。

昨日(6日)になって、「核シェルターの注文が急増!」なんて記事を見つけました。ああ、そんなものを真面目に心配しなければならなかったのかと、しみじみと思いました。

 北朝鮮による長距離弾道ミサイル発射問題を受け最近、一部の核シェルター輸入・販売会社に「家庭用核シェルター」の注文や問い合わせが急増していることが5日、分かった。ミサイルが上空を通過するとされた秋田、岩手両県の客が多いという。

 大阪府羽曳野市の株式会社シェルターによると、核シェルターに対する問い合わせは、通常期は「月3件程度」。しかし、北朝鮮によるミサイル発射情報が報じられ始めた約2カ月前から急増。最近約2カ月で、通常期の数十倍ペースとなる、約150件の問い合わせが寄せられたという。

 そのうち、実際にシェルターの購入契約が成立したのは12件。通常契約に至るのは年間5~6件といい、これも10倍以上の“大売れ”状態だ。しかも、約150件の問い合わせの約半数、契約した12件のうち8件は、緊張感が高まっていた秋田、岩手両県の人からという。

 → nikkansports.com:「核シェルターの注文が急増!

秋田、岩手両県からの問い合わせが多かったそうですが、今回は「人工衛星」だったので東北地方がコースだったのですけれど、「核弾頭」だったら、東北地方をあまり狙うってことはありませんね。どうなんでしょう、米軍や自衛隊の基地があるあたりか、原子力発電所のある辺りを狙うんでしょうか。それとも、首都圏か……。直接被弾しなくても、放射能の汚染の問題もありますし、そういう意味でも「核シェルター」が必要になるのかもしれません。

家庭 核シェルター」で検索してみて、わりとわかりやすかったのは、こちらのページです。「世界の状況」というページがありまして、世界の「核シェルターの普及率」が示されています。

アメリカ82%イスラエル100%
ロシア78%ノルウェー98%
イギリス67%シンガポール54%
スイス100%日本0.02%

世界平均みたいなことはわかりません。無作為に選んだわけではなくて、普及をはかりたい協会が、比較的多目の国々と日本とを並べたという気もします。それにしても、日本がいかに戦争や核兵器、他国からの攻撃に関して無頓着でいられたかということをよく示しているとは思いますね。

「核シェルター」が戦争が起きなければ無駄に終わってしまうのかというと、そうでもなくて、このページを読むと地震などの自然災害にも、それなりの効果はあるようでもありますし……。
 → 核シェルター(NPO法人日本核シェルター協会)
 → NPO法人日本核シェルター協会ブログ
 → 日刊勝ち組スポーツ!:「核シェルターで安全な未来を

検討してもいいかもしれませんけれど、こういうのを読んでいて思い出したのが、公立学校の耐震化のことです。約1年前のデータですけれど……。

05080201.gif
 → 文部科学省:「公立学校施設の耐震化の推進

「耐震化」などと言ってないで、「シェルター化」ってことでもいいんじゃないでしょうか。

そんなら学校より先にやるところがある……という意見が出てくるかもしれませんが。

ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2381-dce99f51

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。