David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観劇:「初雷」~文学座公演

2009-03-28-Sat
演劇の市民サークルに入っています。今回は文学座公演の「初雷」でした。
haturai.jpg
 → 文学座の公式ページ
 → 「初雷」公式ページ

タイトルの「初雷」。わたしは「はつらい」と読んでいるのですが、辞書などでは「はつがみなり」という読みも紹介してます。「 はつ‐らい【初雷】」の項に「「はつがみなり」に同じ」とあることから、そもそもは「はつがみなり」なのかもしれません。ただ、俳句の春の季語になっておりまして、音数が勝負ですので「はつがみなり」よりも「はつらい」の方が、俳句としては有効で、ま、「はつらい」で定着しているものと、考えています。
 → ヤフー辞書:「初雷

意味は「立春後、初めて鳴るかみなり」。「ささやかな春の嵐」みたいなニュアンスがあるのですが、どこかロマンティックです。平穏な日々に突然に訪れる衝撃みたいな響きはもつものの、所詮春には春って感じで、そこには厳しい冬みたいな、大きな闇みたいイメージはありませんね。

それは、このストーリーの主人公、50歳の主婦理子(みちこ)と、その家族に訪れた転機をさしています。35歳の時に兄嫁が幼子二人を残して他界、それまでキャリアウーマンとして仕事に燃えてきた理子は退職仕事を辞め、残された二人の子供を育てながら、兄と四人の生活を、まさに「主婦」に専念してきたのです。

自分を実の母のように思ってくれる子どもの成長は、理子にとっては満ち足りていて後悔のないものだったのですが、下の子が成人を迎えるのをきっかけに、再び自分の道を選択したいと思うようになります。これが「初雷」なんですね。かつてのキャリアウーマンも、50歳となり15年のブランク。再就職の道は厳しいわけです。実際、平和な家庭を築いてきたものの、兄と兄嫁の子どもであり、理子自身の恋愛も結婚もどこかに置き去りにしているようなものでもあります。

自分の選択と、自分の人生に後悔しているわけではないのだけれど、さて、今後どうしたらいいのかというとなかなかそこは答えが得られない……というわけですね。

「初雷」のWebページには「女性の自立と家族の絆」というテーマと書いてありますが、男である私は女に限ったことではないだろうと思います。仕事にやりがいを感じて突き進んできたとしても、仕事の側ではそれほど自分を評価してくれていない現実や、次々と新しい技術や知識が求められる世の中で、熟練の腕や長年の勘所などが否定されるということも少なくありません。表現がいいかどうかわからないけれど、「仕事と自立」というか、「仕事と家庭」もしくは「仕事と個人と家族」というのもあるのではないかと思います。ありますよね、ずっと。

芝居の感想としては、理子の元同僚桂子が出てきたあたりからはテンポもよく、おもしろくなったと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



ピーターがページ

2009-03-28-Sat-14:57
ピーターがページタイトルも観劇された!
それでミロボットと演劇公演した?

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2373-650bdb60

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。