David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リンクを売る側と買う側」~Googleブログパーツ紹介問題(5)

2009-02-19-Thu
GoogleがPayPerPostに対して厳しい対応をとるのは、公正な検索という、ま、言わば自社サービスの品質を保障するためということのようです。これは素晴らしいことだと思います。わたしは、別段今までGoogleのガイドラインなど細かく読み込んだことなどありませんでしたが、CnetJapanの記事が参考になりました。

Googleがペイパーポスト記事に否定的なスタンスをとるのは、次の論拠に基づいています。つまり、お金目的で記事を書く人は、その話題について十分な調査も知識もないままに適当に正確性や信頼性に欠けた記事を書き、ネットに公開していきます。それが多数のブロガーによって生成されていけば、検索結果は検索利用者に無益なコンテンツで溢れかえってしまうため、検索品質を保護するためにPageRankの調整を行わなければならなくなってしまうわけです。だから、Googleはペイパーポスト記事を書くなら、それが広告であることを明示すること、nofollow をつけて検索結果全体に影響を及ぼさないようにウェブマスターにお願いをしてきたわけです。
 → CNET Japan:「Google、ペイパーポストのブログマーケティングで謝罪

ふむ。これ本当? こういう言い方はなんですが、金もらわなくても無益なコンテンツをあふれさせているブログっていっくらだってありますね。

そもそも、Google急上昇ブログパーツといような類のものは、別段「その話題について十分な調査も知識もないままに」書いた感想記事(レビュー記事)で、全然かまわないと思うのですね。もちろん、正確な知識や十分な調査があるに越したことはないのですけど、そんな人しか使っていけないものでも、評価していけないものでもなく、言わば掃いて捨てるほどいるフツーのブロガーが、ちょこちょこっと使ってみた感想で、まったくもって十分なはずですよ。

ブログパーツでなくて映画だって小説だって、ゲームだっていい。そりゃ、それぞれの専門家がそれぞれの専門性を生かして、作品評をするのはすばらしいです。しかし、それでないと記事を書いていけない、正確性や信頼性に欠けた記事になってしまうというのは、なんでしょう、いまどきのブログの状況を理解しているとは思えない発言だと思います。専門家には専門家なりの意見があり、素人には素人なりの意見がある。それが口コミなんでしょう。

このCNETの記事に書いてあるような根拠でGoogleがPayPerPostを否定しているとしたら、ああ、それはCyberBuzzがしていたPayPerPostとはちょっと違うものじゃないかと思いますね。もちろん、レビュー記事の中に、「特定のページに関するリンクを貼ってほしい」という条件はあります。しかし、感想を書くのであれば、ま、ある意味当然のことでもあると思います。これを「リンクを買う」とか「リンクを売る」とかいう行為だというのは、ちょっと違うと思いますけどね。

また、同記事にこんな記述もあります。

なお、この事件は「リンクを購入した(’PayPerPostを利用した)側がペナルティを受けた初の事例」かもしれません。従来、リンクを販売したサイトがPageRank下落などのペナルティを受けることはありましたが、リンクを購入した側のサイトがペナルティを受けたことは、たぶんありません。少なくとも私はそういう事例を見たことがありません。ただ、いつ購入側にもペナルティを課すようになるか関心を持っていました。まさかGoogle自身がその第1号(?)になるとは。
→ 「同記事

え~。どうして~。そもそも、リンクの売買でPageRankがあがるのは、買った側でしょう? Googleが公正さを維持するためにPageRankを引き下げなければならないのは、ま、今回は自らにやった「金だしてリンク記事を買った側(それによってPageRankが上がるサイト)」であるべきでしょう。ま、売った側も下げないと検索の公正さが保てないというのならば、それもわからなくはないのですが、どうして売った側を今まで下げないのか、そこのところが、まだちょっとわかりません。

PageRankが下がったって金がもらえればいいと考える人はいるかもしれませんが、金を払った上にPageRankが下げられるってことがあったら、馬鹿馬鹿しくて買う側はぐんと減ると思うのですけど、どうしてそうなさらないのか? そこがちょっと疑問です。

それとも、今後はしますよという、ま、一つの宣言ということなんでしょうか。今回のケースは。

にほんブログ村 ブログブログへ

COMMENT



サービスするの?

2009-02-20-Fri-17:05
サービスするの?

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2345-3ece334e

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。