David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

品格あぶり出し~若麒麟の退職金

2009-02-06-Fri
若麒麟が大麻所持で現行犯逮捕されて、相撲協会が若麒麟を解雇処分にして、尾車親方を二階級格下げしました。この「解雇」処分ってのは、相撲協会の規程では二度と土俵に戻れない非常に厳しいもののようですが、退職金に相当する「力士養老金」が請求により支給されるというものです。

おそらく、昨今の日本のサラリーマンの感覚からすると、大麻所持現行犯逮捕となると、懲戒免職が相当で、退職金はもらえないというのが相場なんでしょう(統計とったわけではないですが)、相撲協会の処分が甘いのではないかという批判が出ました。いろんな記事から見聞きしたところ、相撲協会の規則(寄付行為)では「解雇」「番付降下」「出場停止」「給与手当減額」「けん責」の5つがあって、この5つは理事会で決議できるが、それより重い処分である「除名」は理事会だけでなく、役員・評議員・横綱・大関のうちの4分の3以上の特別決議が必要なんだそうです。今回はその「特別決議」を避けて、「解雇」にしたのだそうです。

これに対していろいろ批判があります。養老金が10万や20万ならともかく、500万円ということも関係するかも知れませんが、再発防止委員会のやくみつるなども「信じられないくらい甘い」と言っています。文科大臣も「甘すぎる」とコメントしたようです。

大麻取締法違反(共同所持)で現行犯逮捕された大相撲の元若麒麟容疑者(25)に対し、日本相撲協会が最も重い処分となる除名を避け、退職金を受け取れる解雇としたことについて、塩谷立文部科学相(58)は3日の会見で、処分が軽すぎるとの批判的な見解を示した。だが、この発言を受けた協会ナンバー2の伊勢ノ海事業部長(62)=元関脇藤ノ川=らが“反発”。新たに大臣Vs協会の火花が散る。
 → iza:「元若麒麟を除名せよ!塩谷大臣、協会に激怒

こうした批判を受けて賞罰の規程を見直すんだそうです。ただし、今回の若麒麟についての処分は見直さず、若麒麟の側が退職金(養老金)を請求しないということで支払わないという形にするようです。

元若麒麟は2日の理事会で養老金が支給されない除名処分ではなく、請求すれば受け取れる解雇に決定。塩谷立文部科学相から「処分が軽すぎる」と批判されていた。これにより、武蔵川理事長は早急に規定の見直し作業に入る意向を示していた。
 → iza:「元若麒麟、養老金辞退 相撲協会が発表

う~む。大麻所持でも懲戒解雇でなくて、退職金がもらえるというのは、確かに一般サラリーマンの感覚からはずれていると思いますが、なにせ、相撲協会の甘さというのは、今に始まったことではなくて、弟子を暴行死させた(元)時津風親方も「解雇処分」であって、退職金は1500万円だったんですよねよ。

「退職金は今のところ考えておりません」
 解雇された時津風親方の退職金について質問された北の湖理事長はこう答えた。
 今のところというのは解雇されたとはいえ、返上の申し出がないかぎり親方に退職金を払わざるを得ないからだ。「日本相撲協会寄附行為施行細目 退職金支給規定」には「除名処分を受けた者には退職金は支給しない」とあるが、それ以外の懲罰(解雇、番付降格、給料手当減額、譴責には退職金の規定はない。ということは相撲協会は退職金支給を拒否することはできないのである。
 だからこそ北の湖理事長は「今のところ考えておりません」と答えたのである。規則では払うことになっているのを百も承知で、いかにも払わないようなポーズを取ることで、北の湖理事長は世間の強い風当たりをかわそうとしたのであろう。なんとも小賢しい考えである。
 相撲協会は財団法人だ。公益法人として財政面の優遇を受けている。となれば金銭に関しても、処分に関しても一般企業以上に厳しくしなければいけないはずだ。
 相撲協会が時津風親方に退職金を払わないつもりなら、きちんと手続きを取って解雇ではなく、より重い除名処分にすればいい。そうすれば退職金はビタ一文払わなくていい。退職金は規定に合わせて計算すると約1500万円になるという。あえて解雇にしたのは、退職金は協会内部や他の部屋の実情を封じる口止め料の意味合いがあるのでは、と勘繰られても仕方があるまい。
 → ゲンダイネット:「時津風は解雇、理事長以下は減俸 魂胆ミエミエの協会処分」(2007年10月6日)

ま、弟子の暴行死でも「解雇処分」どまりだったという事実があるのに、いくら騒動から再出発の最中だからとはいえ、大麻所持ごときに「除名」など適用できんでしょう。これでは、亡くなった時太山が大麻以下に軽く扱われることになってしまいませんか。

もう、(元)時津風親方の処分があんなのだったので、その後の大麻も何もかもがそれを超えた処分ができないのですね。規程を見直さなければならないというのは正しいかもしれません。

ただ、わたしがこの記事のタイトルを「品格あぶり出し」としたのは、「相撲協会が、除名にしたいが、まだ若くてかわいそうだから解雇にしてやるよ」と言ったのに対して、若麒麟が「さんざんご迷惑をかけて申し訳ありません。寛大な処分に感謝します。養老金は辞退します」と言ったのは、ま、まさに皆さんが欲している「品格」じゃないのかなぁと思ったからです。朝青龍の土俵上のガッツポーズを攻撃していた人たちが朝青龍に求めていた感覚、「勝っても敗者への配慮を忘れるな」という言葉を、相撲協会も、尾車親方も若麒麟も、土俵際で出しているのです。本当は許せないが許す、本当は欲しいけどもらえない……。

それを、「退職金が支払われるの支払われないの」という、非常に卑近な切り口でしか批判できないとしたら、今まで「品格、品格」ってのをわかっていらっしゃったの? 聞きたくなりますね。

ま、協会も、若麒麟や尾車親方の処分と同時に、若ノ鵬や露鵬らの事件で降格されていた間垣親方や大嶽親方の昇格を合わせて発表したりするから、品格のなさを露呈してしまうのだけれど。


▲わかるテレビ:「大麻」


▲NHK:「大麻の常用 深刻な影響が」

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2333-4483c5d1

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。