David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「チェ 28歳の革命」~劇場で

2009-01-25-Sun
映画「チェ 28歳の革命」を見てきました。つい先日まで、わたしの中で「チェ」といえば、チェ・ジウだったのですけど(ま、時々、チェ・ホンマンだったときにもありますが)、ま、今日からしばらくは、チェ・ゲバラであると思います。

 → 公式ページ

実は、まだ記事書きかけで公開できないでいるのですが、先日「ブーリン家の姉妹」を見てきました。どちらも、史実に基づく作品なのですが、ずいぶんイメージも見所も違いましたが、わたしは、内容的には「ブーリン家」の方が自分は好きなはずなのに、そしてたぶん、活字で読むとしたら、「ブーリン家」の方を自分は楽しむだろうと思うのに、なぜだか見た直後は「チェ」の方がとてもいい映画だったという思いを持ちました。

ほとんどBGMがなく、全体に乾いた感じです。最初は山林で、しだいに砂漠のような荒地から、都市へと、チェたち「反乱軍」の戦いは進んでいきます。苦戦もあり、また、規律違反や志願兵もある、仲間の死亡もある。そうしたエピソードを淡々と描いていきます。チェの立場も、最前線で指揮をとったり、新兵の教育係になったりと変化はします。しかしながら、全体的に銃撃戦や交渉、演説などがほとんどの映像です。ま、そうしてキューバ革命が成功していくわけですが、派手なアクションもなく(せいぜい、あの電車の脱線シーンくらい)、最新のCGや特撮もありません。手法としては平凡な映画と言っては語弊があるのでしょうが、わたしには敢えてそういう言葉がいいように思います。また、クライマックスと言えるような場面もありません。この二人は恋愛関係になるのかと思わせるようなシーンがないでもないですが、あるいは実際にはそういうこともあったのかもしれませんが、映画ではちっともそんなふうにスポットは当たりません。あくまで、チェ・ゲバラが革命に対して、いかに真摯であり、誠実であったのかということが貫かれている映画です。まるで、「野球小僧」と言われるような一流選手が甲子園に出て、プロ野球に入っても、大リーグに行ってもずっと野球が好きなように、チェはずっと、革命が好きというような感じです。そういう男のさわやかな半生を見せられた、そんな感じの作品です。

そして、なぜだか、日本のことを思います。日本にはこういうタイプの革命家がいなかったような……。強いて言えば、明治維新の時の坂本竜馬たちはそうだったのかもしれないと思ったりもしました。それと、今の日本ですね。政治が力をなくし、天下りとういような形で、一部のエリートが国民の税金を懐に入れることばかり考えている、そして、方や派遣社員や非正規社員の問題やワーキングプアーの問題ですね。格差社会が世代をまたいでいよいよ定着しようという感じさえあります。まさに、近い将来日本でも、このチェ・ゲバラのような強いリーダーを求める声がいよいよ高まるかもしれないなと思ったりしていました。

革命の勇士~チェ・ゲバラとカストロ [DVD]
ハピネット (2007-01-26)
売り上げランキング: 21414



さて、最後に、ちょっと気になっていた「チェ」について書いておきます。「チェ・ゲバラ」として有名なので、チェが本名だと思っている人が少なくありません。映画のなかでは「エルネスト」と呼ばれることも多いので。「エルネスト・チェ・ゲバラ」という名前で「チェ」はミドルネームと思っている人もいると思います。しかしそうではありません。わたしも気になって、さっそくWikipediaで調べたら、書いてありました。引用します。

「チェ」はアルゼンチンのスペイン語(リオプラテンセ・スペイン語をはじめとする諸方言)で「ねぇ君」などと相手に呼びかけるときに使う言葉に由来するあだ名である(ゲバラは何かというと「ねぇ、君」と相手に声をかけていた)。ラテンアメリカでは通常「チェ」もしくは「エル・チェ」(El Che。el は英語の the に相当する定冠詞)と呼び、「チェ・ゲバラ」と呼ぶことは少ない。本名はエルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ(Ernesto Rafael Guevara de la Serna)。
  → Wikipedia:「チェ・ゲバラ





にほんブログ村 映画ブログへ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2327-24072076

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

映画:「チェ 39歳別れの手紙」~劇場で

先日のパート1に続いて(過去記事:「映画:「チェ 28歳の革命」~劇場で」、パート2を見てきました。第1部(28歳の革命)でキューバ革...
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。