David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゲーム中毒」の9割は中毒ではない。でもネットは?~日別集計

2008-12-04-Thu
WIRED VISIONが「「ゲーム中毒」の9割は中毒ではない:専門クリニックが発表」(12/3付け)という記事を書いています。

ビデオゲーム「中毒」になった人の社会復帰治療とカウンセリングを行なうクリニックによると、ゲームに対する強迫観念は、心理的な中毒(依存症)とはあまり関係がなく、むしろ社会的圧力との関係が非常に大きいという。

この意見を発表したのは、オランダのクリニックで、記事によると

施設に来ている強迫的なゲーマーたちは、「昔ながらのコミュニケーション」を必要としているだけで、心理的な病気の治療は必ずしも必要ないという結論に達した

のだそうです。

つまり、ゲームにとらわれている状態は、「昔ながらのコミュニケーション」ができなくなっている状態で、その点を改善すれば病気(依存症)とではないということ見解のようです。そして、問題はそういう状態に若者を追いやっている背景つまり現実の社会的圧力ということのようです。クリニック院長(Keith Bakker氏)の説明では

「このようなゲームの問題は、われわれが現在暮らしている社会が生み出した結果だ。……われわれが治療している若者の80%は学校でいじめに遭っており、自分は孤立していると感じている」

というのです。

治療として、

クリニックの患者の10%に対しては――この10%には薬物やアルコールの依存症状も見られる――依存症患者向けのカウンセリングが効果的だが、残りの90%にはコミュニケーション療法や集団療法が役に立ち、自分と同じように考えている若者と親密な関係を築くことが疎外感や怒りの克服につながる

という説明されています。

こう説明されて、納得するゲーム好き、ネット好きも結構いらっしゃると思います。わたしも納得できます。ただ、少し気になることあります。それは、この医師は「ネット中毒」にも同じ判断を下すだろうか? ということです。もちろん、それは「ネットゲーム中毒」でも当然含まれるという意味でもあります。

先日中国で「ネット中毒」を病気としてWTOに届け出るという動きがあり、うちのブログでも記事にしたばかりです。
 → 「中国「ネット中毒」を病気としてWHOに登録へ?~週別集計」(08/11/17)

「ネット中毒」や「ゲーム中毒」が病気(精神疾患)なのではないかということは、欧米でも中国でも同様に問題で、うちのブログでネットニュースなどで記事を読むととりあげてきています。
 →「ネット中毒は精神障害~週別集計」(07/06/18)
 →「ゲーム中毒は精神障害ではない/日別集計」(07/06/26)
なんてのがあります。

わたしは、今まで深くも考えずに「ネット中毒」も「ゲーム中毒」を同一に論じていいと思ってきました。また、むしろネットの向こうに人がいるだけ、ネット好きの方がゲーム好きよりましだとさえ考えてきました。

そもそもこの両者を同一に論じていいかどうかは議論が必要でしょうが、比較的近いものだろうと今まで思ってきました。しかしながら、上記の4つの記事をタイトルを並べると、どうやら、ゲームよりもネットの方が危険であるということも言えそうです。

では、「ネット中毒」と「ゲーム中毒」の違い、「ネット」と「ゲーム」の違いはなんなのでしょう。ゲームとは違うネットの危険性とは……。わたしは2点指摘したいと思います。

一つは、「ネットの向こうに人がいること」です。つまり、「昔ながらのコミュニケーション」をゲームは断ち切っているのに比べて、ネットではその代償を与えているわけですね。ネット内のコミュニケーション。生のコミュニケーションもネット内も両方うまくできている人は構わない(深刻な事態に及ばない)のでしょうけれど、人とのコミュニケーションがネットの中だけ、それもネットゲームの中だけ……なんてことになってことになってくると、これは相当にマズいケースということになるかもしれませんね。病気かどうかでなくて、まず社会的にまずいでしょう。

もう一つは、「エンドレス」なことです。多くのゲームはエンディングがあります。そこに達成感、もしくは挫折感があり、なんらかの形で区切りがつきます。しかし、ネットのゲーム、中でもMMORPGはそれがありません。ほとんどエンドレス。自分から断ち切る意志がもてなければ、なかなか抜け出すことができなくなります。その意志が持てず、ネットに囚われてしまうこと。まさに「強迫的」です。そこに何か病的なところ(依存症)があるものとも思われます。

わたしは医師ではありませんので断定はできませんけれど、この2点に大きなポイントがあるように思うのです。

ネット中毒の自覚がある人……。特にMMORPG中心の人、気をつけましょう。

いつものグラフは後ほど追記。

にほんブログ村 ブログブログへ

日別集計です。傾向は変わりません。
・アメーバは堅実に伸びています。
・seesaaの下落傾向はストップしています。
・ライブドアはどうなんでしょう。まだ下がるんでしょうか。
act081204.gif
※集計はブログファンです。

COMMENT



きょうはネットっ

2008-12-04-Thu-14:09
きょうはネットっぽい復帰した。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2282-a48b25af

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。