David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「意識の襞 星野眞吾展」~豊川市桜ヶ丘ミュージアム

2008-12-02-Tue
先日、豊川市桜ヶ丘ミュージアムで開催している「意識の襞 星野眞吾展~パンリアル美術協会の揺籃期とともに~」を鑑賞してきました。
hosino_p.jpg
▲ポスター
 → 豊川市の同展覧会の案内ページ

星野眞吾は時々岡崎市美術博物館で見ている画家なので(題名までは覚えていませんが「柩」というようなタイトルだったと思います)、ひょっとして三河地方の出身かというぐらいには思っていたのですが、今回の星野眞吾展に行ってみて、豊橋市の出身ということを知りました。豊橋市出身の、それも近代美術史を語る上ではそれなりに著名な画家の一人であるようです。

もちろん、ご存知でない方もいらっしゃると思うのですが、上のポスターは、星野の代表的な手法である「人拓(じんたく)」という技法によってできています。人拓とは人間版の魚拓です。「魚拓」というのがありますね、釣りを趣味にする人たちが、大物を釣り上げたりしたときに、魚の形をそのまんま版画のように写し取るという……、魚なので「魚拓」、人間なので「人拓」です。

星野眞吾は若い頃、「パンリアルの会」というサークルというか、同人に所属していました。戦後期の苦しい日本社会にあって、画家とは言え漫然と「花鳥風月」のような美を追求していられない、もっと問題意識を持って現実を描こうとすべきである(というような主張だと、わたしは理解しました)というような主張から、メンバーたちは、まだ若くして技術的には未熟なものがあっても、試行錯誤的、実験的にさまざまな手法を研究し合い、切磋琢磨相互の影響されながら、それぞれの手法を確立しようとしていたのです。それが「パンリアルの会」なのです。

星野眞吾は、その中で、たとえば。和紙を細く千切って、海草や髪の毛のように並べて貼り付けて、襞のような質感を出したり、蚯蚓とも、人間ともつかない目を持ったワームようなものに、会議をさせたり、とぐろを巻くように連ねたりしたり、あるいは割れた器や、切れた電線などを好んで描いてみたりなどして、新しい手法の確立や、自分自身の内面をいかに描き出すかということに工夫を凝らしていたよのでしょう。

今回の「意識の襞 星野眞吾展~パンリアル美術協会の揺籃期とともに~」は、星野眞吾の、いわば修行中であった「パンリアルの会」時代のもの、そして、その後も完成期のもの、晩年のもの、そして絶筆へと、時代を追って、星野眞吾の歩みがわかる展覧会になっています。

ちょうどわたしが行った日は、「ギャラリートーク」の開催日で、若い研究者(学芸員?)が、およそ1時間かけて、見所やエピソードなどを交えながらいっしょに回ってくれました。もし、時間の都合さえつけば、ギャラリートークに参加するのが、わかりやすく、楽しく見られると思います。全部回った後に、「質問はないか?」と聞かれたので、わたしは、確か途中で説明があったであろう「人拓」の作り方について質問し、繰り返して教えてもらいました。

「人拓」は、モデル(当初は星野自身がやったが、後に、妻となる画家の高畑郁子がやったり、あるいは別の人がやったりした)の身体に糊(のり)を塗ります。手なら手に、足なら足に、全身なら全身に塗ります。そうしておいて紙の上に身を投げ出すのです(もちろん、身を投げ出すのは全身に糊をつけた場合で、手なら手だけでよく、足なら足だけで構いません)。すると、そこに、人の身体の形にべったりと糊(のり)がつきます。星野の場合は、そこに、色のついた粉状の絵の具を降りかけたそうです。当然ですが糊(のり)のついてる部分にだけ絵の具の粉がはりつきますね。こうして、「人拓」ができるのです。当初は星野自身でやったのですが、糊というのは当然乾きます。作品側の糊も、肉体側の糊も乾きます。自分の身体に糊をつけたまま製作するというのも不都合で、次第にモデルにやってもらうようになったと、学芸員が言ってました。

星野はその人拓を切り抜いて、好きなように配置して作品に貼り付けて、さらにそこに絵を書き足すという手法で「人拓」の技法を使った作品を創作し続けていきます。ポスターに採用された絵は、下方に足の平が、また、中央から上全体には、まるで曼荼羅図の前に立つ千手観音のような「人拓」が切り貼りされています。これは、星野眞吾の父親の死に際して作られた作品で、敬愛する父が死後、成仏を遂げ、また千手観音のようにいつまでも子(眞吾)を見守り続けるというようなイメージで作られているそうです(確か、こんなようなことをギャラリートークの方がおっしゃってました)。

東京近代美術館、京都国立近代美術館、京都市美術館、福井県立美術館などに所蔵されている星野眞吾の作品を集め、星野と同時代のパンリアルのメンバーたちの作品も併せて100点近い作品展で見ごたえがありました。

□■□ NOTE ■□■□■□■□■□■□■
会期 平成20年11月22日(土)~12月21日(日)、月曜日休館、ただし11月24日(祝)は開館
時間 午前9時30分~午後5時、11月22日(土)のみ午前11時から、入場は午後4時30分まで
会場 豊川市桜ヶ丘ミュージアム全展示室
観覧料 一般600(400)円、学生は学生証の提示で無料、高校生以下無料
 → 展覧会割引券

関連行事
◎記念講演会「忘れ難き出会い-三上誠と星野眞吾の日本画-」八百山登氏(元福井県立美術館副館長)
11月22日(土)午後2時~|無料|豊川市桜ヶ丘ミュージアム2階会議室

◎記念対談「星野眞吾とパンリアル」
高畑郁子氏(故星野眞吾夫人・創画会会員)と大野俊治氏(豊橋市美術博物館主任学芸員)による対談
11月29日(土)午後2時~|要当日観覧券|豊川市桜ヶ丘ミュージアム2階会議室

◎講演会「意識の襞 星野眞吾とパンリアル美術協会の揺籃期」森田靖久(当館学芸員)
12月7日(日)午前10時~|無料|豊川市桜ヶ丘ミュージアム2階会議室

◎ギャラリートーク(学芸員による展示解説)
11月30日(日)、12月6日(土)、12月14日(日)、12月20日(土)|それぞれ午後2時から|要当日観覧券|豊川市桜ヶ丘ミュージアム1階受付へ

◎ワークショップ「人拓で年賀状をつくろう!」
12月7日(日)、12月13日(土)それぞれ午後2時から|参加無料|要申込|
豊川市桜ヶ丘ミュージアム2階実習室|定員20名
 
                              □■□■□■□■□■□■□■

参考
 → 東日新聞の記事

ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2279-0cb2d5fc

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。