David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「何もしない人の医療費、なぜ払う」って、それが福祉だからです。

2008-11-27-Thu

「何もしない人の分なぜ(医療費)払う」麻生首相」(iza)
麻生太郎首相が20日の経済財政諮問会議で、「たらたら飲んで、食べて、何もしない人(患者)の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」と発言していたことが26日に公開された議事要旨で分かった。

 首相は、努力して健康を維持している人が払っている税金が、努力しないで病気になった人の医療費に回っているとの見方を示した上で、「努力して健康を保った人には何かしてくれるとか、そういうインセンティブ(動機づけ)がないといけない」と話した。

同じことは、YOMIURI ONLINEでも記事になってました。「首相「何もしない人の医療費、なぜ払う」、諮問会議で発言

麻生首相が20日に開かれた政府の経済財政諮問会議で、社会保障費の抑制を巡って「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」と発言していたことが、26日に公開された議事要旨で分かった。

 与謝野経済財政相が社会保障費の抑制や効率化の重要性を指摘したのを受けて、首相は出席した同窓会の話を紹介しながら「67歳、68歳で同窓会にゆくとよぼよぼしている。医者にやたらかかっている者がいる」、「彼らは学生時代はとても元気だったが、今になるとこちら(首相)の方がはるかに医療費がかかってない」とも発言した。

 健康を維持し、病気を予防することが社会保障費を抑制することにつながることを強調する“麻生流”の発言とみられるが、病気になって医療費を支払う人が悪いとも受け取れる発言で波紋を呼びそうだ。

うへぇ~。断片的に聞いて、その言葉だけをとらえて批判するのは極力やめようと思っているのですが、ちょっと見過ごせないので、記事にしておきます。もし本当にこんな発言をしたとしたら、あまりにひどすぎ、お粗末すぎで、マンガチックな思考です。もう、マンガ読まなくていいですから、もう少し新聞でも読んでください……(苦笑)。

なぜって、それが「福祉」ってものだからでしょう。これを否定したら、「福祉」の全否定だと思います。老人だって、子どもだって、障碍者だって、病人だって……、見方によっては「たらたら飲んで、食べて、何もしない人」でしょう。そういう人をみんなで支えるのが福祉ってことになってるんだと理解して、真面目に税金払って、健康保険も払って、介護保険料も払って、年金も払って……してますけど、なんですか、拒否していいんですか? わたしが病気になったら、「お前は努力が足らなかったから、医療費の補助は減らしてもらう」とでもおっしゃるんですか? きっと、身近に理不尽な病気に苦しみ、生まれつきの障碍に辛い思いをなさってる方がいらっしゃらないんでしょうね。そういう家族をもち、自ら支えまた支えられながら生きている人の気持ちなど、きっとわからないのでしょうね。「なんで私が払うんだ」なんて言葉しか浮かんで来ない人が首相であるのが情けないです……。

こんなことを平気で発言するやつの給料を、なんで私が払うんだ?と言いたいです。

・総理大臣ってどうしてリコールできないんだろう……。

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記の記事のあとで、この発言の前後をフォローしているブログを見つけた。
 →メディアは鵜呑みにできない:「また、前後の文無視で切り取られて失言として取り上げられている・・

なるほど、こうして読むと、マスコミの切り取り方もちょっとダーティだという気もしないでもない。

たびたび、この手の「リップサービス」をする首相もどうかとは思うが。

一応、首相の真意はわかったので、本記事はわたしの勇み足的な部分も多々あるということにしておくけれど、マスコミが狙っているのだから発言は慎重に……と申し上げたい。




たしかに、一面には、「健康管理」「自己管理」という側面があって、不摂生の結果身体を壊すという場合もあろう。しかし、それだって「健康管理」ができない理由はさまざまなのだ。単なる不摂生の人もいるだろうが、無理しなければ生きてこられなかった人もいるし、本人には全く責任のない、難病や事故の人だっているのだ。

健康の話ばかりではない。失業や借金だって同じだろう。借金の中には、ただただ遊び暮らしてできた借金もあれば、それこそ病気や事故ゆえの借金だってある。会社の資金繰りに困っての借金だってあるし、どうして資金繰りに困るのかといえば、その理由だって会社によってさまざまなのだ。会社の自己責任もあれば、まさに、今回のサブプライムショック、リーマンショックの余波でなんともならなくなった会社だってあるのだ。そして、どういう理由の失業であれ、なんであれ、生活保護は税金から出している。それが福祉なんだ。

失言かそうでないかは、だから、どういう施策をするのってことになってくる。ただ、評論家みたいな感想を言うだけではダメなんで、「どうしたらいいかと思っている、いい知恵があったら教えてください」で終わってはダメ。だから、どうするの? と思う。



昨日陳謝したようです(28日朝記す)

医療費不適切発言、首相「おわびする」」(読売)
 麻生首相は27日昼、社会保障費抑制に関し、20日の経済財政諮問会議で、「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」と発言したことについて、「病にある人の気分を害したなら、その点はおわびする」と陳謝した。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は「ふしだらな生活をしないで、(病気の)予防をきちんとすべきだというのが趣旨だ。予防に力を入れることで、医療費全体を抑制できる」と釈明した。

だから、予防しないのは「ふしだらな生活」だけが原因なの? ということなんです。言葉遊びではないんです。そういう表象的なことではなくて、「身体を壊すまで働く」ということがあるんじゃないの? と言いたいですね、私は。環境が整い、マンガを次々と読んで、おもしろおかしく暮らせる麻生さんの身の回りにはそういう人はいないかもしれないけど。

COMMENT



出人が諮問したの

2008-11-27-Thu-14:06
出人が諮問したの?

管理人のみ閲覧できます

2009-05-18-Mon-22:41
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2274-46bd0e95

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。