David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

え?俺って、何カップ?~ 「男性用ブラジャー」って

2008-11-21-Fri
先日、妙なニュースを見ました。

記事によると、楽天市場で「男性用ブラジャー」が人気で、「メンズインナー「その他」部門の売れ筋ランキング(集計期間11月3日~9日)で1位」なんだそうです。

「オレは男! そんなあなたにも、このやさしさを」――なんてキャッチで販売されている、「メンズプレミアムブラ」って言うんだそうです。



……う~む。正直言って、意味がわかりませんが、「売れている」のであれば、その点についてはもうなんとも言いようがありません。事実は否定のしようがない。しかし、なぜ? どんな気分で? って疑問が先に起こります。……どんな形? どんな素材? 俺って何カップ? なんて、記事題みたいな言葉は出てきません。(笑)

記事には、

女性用ブラと同じく、バストを包み込むおわんのような形のカップが左右に付いており、背中側のホックを止めて着用する。カップの中にはポケットがあり、パットを入れてボリュームを出すことも可能

と形状が説明されており、

色は黒、白、ピンクの3色。サテンのような光沢がある生地で、ストレッチ性もあるという。価格は2940円。A85(Aカップ、アンダーバスト85センチ)とA90(Aカップ、アンダーバスト90センチ)の2サイズ用意している。ブラと同じ色のショーツも販売している

と、ま、素材や値段また、Aカップしかないことも書かれています。

ふ~む。そう。でも、わたしはそんなの聞いても奇異な感じがするだけで、買いたいとも着けたいとも思わないですけど、どうも、「どうしてメンズブラはないの?」という客の声を聞いて作ったという言葉から生まれたのだそうです。そりゃ、一枚下着が増えるなんて面倒くさいからなんだと思うけれど、なにかメリットがあるんでしょうか?

そもそも、ブラジャーとは……、スポーツ用のように、プレイの上であった方がいいという実用的な側面があるものもあるのだろうけど、多くの場合はシルエットを美しくするというか、つまり、健康上、衛生上必要というよりは、美容上というと違うな、ファッション上というかマナーに近いものなのかもしれないけれど、そうした、精神性というか、社会的というか、文化というか、そういう性質を強く持っていると思います。汗取りのために着る下着や防寒のために着る下着とはちょっと違いますよね。つまり、「お化粧」に近い……。

実用性とういよりは、文化的側面を持つというのであれば、「どうして男性用はないの?」、「ブラジャーによって、かっこいい着こなしができるんなら、男性用があってもいいはず」というのは、論理的です。男性用の化粧がそれなりに認知されてきているという時代からすれば、それなりに納得もできますね。数年もすれば、普段着のときはともかく、正装するときは男性もブラジャーがあたりまえという時代が来るかもしれません。文化というのは、こういうふうにして徐々に変わっていくもんだと思ったりもします。

ただ、記事によるとショップ側は「やさしくなれるんです。安心できるんです。そんな“気持ち”が大切なはず」と説明して、「気持ちを引き締めたいとき」や「女性の気持ちが知りたいとき」などに使うことをすすめているとしてるし、ユーザーレビューとしては「リラックスアイテムとして」「肌触りが良い」「デザインが可愛ければ」などとコメントが寄せられてるようなんです。こういうのを読むと、「やさしさ」「癒し」「かわいらしさ」など女性的な言葉が多いので、やっぱりどこか、倒錯的というか、女性的な一面に働きかけているような気持ちもします。ま、ご本人がよければ、わたしがどーこーいうことでもないのですが。

ちなみに、ブラつながりで、こんな記事もありました。

こっちは「白黒リバーシブルのパット付き」なんだそうです。あ、女性用ね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2269-5d37e062

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。