David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな時だからこそ……。ドリーム大相撲~平成20年度九州場所

2008-11-03-Mon
まず、平成20年九州場所の番付を示しましょう。
ban_2011.jpg
若ノ鵬、露鵬というロシア人力士が消えてなお、欧州勢は大関琴欧洲、関脇把瑠都、栃ノ心、阿覧、黒海と5人います。これに、若ノ鵬、露鵬がいたかと思うと、国際色豊かでとても魅力的な土俵になったと思います。返す返す、大麻事件は残念なことです。

若ノ鵬の逮捕のみならず、その後の力士会での薬物反応で大麻陽性となった騒動そして解雇処分。そして、その後のマスコミへの告白や、裁判所への提訴と、大麻問題で角界はボロボロになったという感じです。

それと併行して、週刊現代の八百長報道と名誉毀損関連の民事裁判で、北ノ湖元理事長が、なんとも稚拙な証言しかできず、逆に、講談社側からは、板井の発言や例の、増加する無気力相撲に危機感を募らせた当時の二子山理事長などの厳しく処罰する旨の発言テープが出てきたりで、北の湖が八百長をしたかどうかはともかくとして、少なくともそのテープがとられた時代には、「故意による無気力相撲」が親方、力士の間で共通の問題となっていたという証拠になるものだから、ま、「八百長は全くない」とは言えなくなってしまいました。

さらに、時津風部屋の力士暴行死事件についても、裁判が進んでいて、目下、相当に悩ましい状況に陥っていることは間違いないわけです。若ノ鵬も「八百長しないとかわいがり」なんて言葉を言うものだから、この3つのことがどことなくつながっているような気もしてくるわけです。

ああ……。こんな状態で相撲が楽しめるでしょうか。いや、見るほうはまだいいかもしれません。たとえば、NHKのアナウンサーたちは、こんな状態で公共放送としての公平は立場から放送ができるものでしょうか……。もちろん相撲中継をするのですから、大相撲を応援するという立場でいいのでありましょうが、かといって、八百長を目の当たりにして、それを見抜かずに平然と勝者を褒め称えるなどという中継が許されるわけなんでしょうかねぇ。「この勝負はちょっとおかしくありませんか?」くらいの切り口で、まさに、自分たちが相撲をチェックし、立て直すことに協力するんだくらいの使命感を持ってほしいと思うのですが、ま、難しいでしょうけれど。

さて、こんな相撲の話をするのもなんとなく寒々とするのですが、そういうときこそ、土俵に集中して楽しみたいものです。きっと、先場所から課題の合わない立合いも巡業や稽古を通じて改善されていることでしょうし、今場所は落ち着いて見られるといいと思います。安馬大関獲りの場所です。

では、バカピカさんのブログの企画「ドリーム大相撲」への参加です。
 → ドリーム大相撲ルール説明記事
 → ドリーム大相撲参加募集&参加申請記事

さて、目多掘部屋は……。

横綱:白鵬
大関:パス
三役:安馬、把瑠都
平幕:稀勢の里、琴奨菊、豊響
補欠:阿覧

で、補欠以外は、そっくり先場所と同じで行きたいと思います。

安馬の大関挑戦は応援したいし、把瑠都好きですからね。横綱は白鵬をはずそうかどうか迷ったんですけれど、優勝候補最右翼だし、はずせないでしょう。

まだ、締め切りまでは日にちがありますので、考え直すかもしれませんけれど。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

幕内豊響が網膜はく離で初の休場

 大相撲の東前頭2枚目の豊響(23=境川)が左目の網膜はく離離のため、九州場所(9日初日、福岡国際センター)を休場することが5日、分かった。

 師匠の境川親方(元小結両国)によれば、10月の秋巡業中から違和感があり、既に10月下旬に福岡市内の病院で手術を受けたという。現在も入院中で、同親方は「今場所は全休」と明言。豊響は「手術をすれば、また頭からぶちかますことができる。残念だけど一からやり直したい」と話した。

ニッカンスポーツからです。

格闘技で網膜はく離というのは、選手生命にかかわる重要な病気だと思います。お気の毒です。手術が成功し、復帰できることを心からお祈りします。

目多掘部屋は「豊響」⇒「鶴竜」の交替を申請。

横綱:白鵬
大関:パス
三役:安馬、把瑠都
平幕:稀勢の里、琴奨菊、鶴竜
補欠:阿覧

COMMENT



2008-11-07-Fri-00:17
こんばんわ。

>たとえば、NHKのアナウンサーたちは、こんな状態で公共放送としての公平は立場から放送ができるものでしょうか……。

今日の日本シリーズ第5戦、ラミレスの二塁へのスライディングも
実はアウト(足が塁から離れていた)っぽかったのですが
テレビ朝日は肝心のその場面のリプレイを意図的に避けてました(´Д`;)

「「ラミちゃんの好走塁から巨人が大逆転勝ち!」みたいな流れに
水を差したくないテレビ局の意図がミエミエで興ざめでしたorz
別にジャッジそのものをひっくり返せ、と言うんじゃなく
その「肝心の場面」をもっとよく見せてくれ! という思いは
プロ野球ファンなら誰もが抱いたと思うんですけどね

こういう印象操作が民放ではここ3~4年でずいぶん酷くなりました。
NHKもここ1~2年で悪い意味で民放的になってきてるので
「臭いものにはフタをする」方向になっていく可能性が高いです。
ただ大相撲中継には吉田・岩佐・藤井・刈屋という物言うツワモノアナがそろっているので当分は大丈夫じゃないかとw 

☆バカピカさん

2008-11-07-Fri-09:03
日本シリーズの放送は見ていませんでしたが、ラミレス激走、2塁クロスプレーで阿部奮起のシーンはニュースで見ました。わたしは、「ズームイン」で見たのですが、タイミング的にはセーフで、塁審がセーフをしている間に足が離れて、そこにタッチしているようにも見えました。

場面を放送で確認するのはいいと思うのですが、実際どの程度西武が抗議したかどうかはわかりませんが、人間の審判がすることですのでミスもあります。カメラで見たらわかるのに、審判にはわからなかった……という視点が行き過ぎるのはどうかとも思います。

ただ、テレビ局が、自分たちの都合でそういう検証をしない、ファンが見たいということころを見せないというのは、確かに不満ですね。大相撲の場合は、民放と違ってNHKですし、「国技」と見るむきもありますし、「財団法人」という団体ということもあります。八百長問題、元時津風親方による弟子の暴行死問題、大麻問題などもあり、幸い相撲中継の間には充分すぎるくらい時間がありますので、秋場所以後の協会の取り組み方などについて、15日間の間のどこかで話してもらえるといいのではないかと期待します。がんばれ! NHK!

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2250-495be275

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

かんたん大相撲ゲーム(POG)「ドリーム大相撲08年11月」参加者募集中

※大相撲11月場所初日(11/9)までこの記事をトップに表示します武蔵川理事長の
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。