David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

源氏物語千年紀「石山寺の美」展~岡崎市美術博物館

2008-10-16-Thu
石山寺をご存じでしょうか? 滋賀県大津市にある真言宗の古刹です。「紫式部が源氏物語を書いた寺」とわたしは覚えていましたが、厳密に言うと「紫式部が石山寺参篭の折に源氏物語の着想を得たとする伝承がある」くらいの方がいいようです。もう、ずいぶん前に石山寺に行ったときに、紫式部の蝋人形(これまた人形であるかどうかも厳密にはわかりませんけれど)があったので、大雑把に、「紫式部が源氏を書いた」と記憶していたものです。いずれにしても、史実はどうあれ、石山寺の側では「紫式部や源氏物語ゆかりの寺」として売り出していることは、今さらいうまでもなく、また、わたしのような(寺にとっては)好都合な誤解をする人も少なくないだろうと想像します。「源氏物語誕生1000年」と言われる本年、石山寺ではそれにちなんだ企画を次々としていることも、それを物語っています。
 → 石山寺のWebサイト
 →  〃 イベント案内ページ

さて、わたしがよく訪れる岡崎市美術博物館でも、この10月11日(土)から、「石山寺の美 ―観音・紫式部・源氏物語」という企画展を開催しています。
isiyam.jpg
 → 岡崎市美術博物館:「現在の展覧会」

1時間~1時間半もあれば、それなりに丁寧に見てもみられるので、日帰りというか、「展覧会と食事(もしくティータイム)」くらいの日程でいくのにちょうどいいです。今回の「石山寺の美」展では、石山寺の本尊(如意輪観音坐像)や、重要文化財「石山寺縁起絵巻」、本尊の観音像内納入品の二体の観音仏立像、秘奥の「薫聖教」(国宝)など、石山寺の貴重な宝が陳列されるとともに、源氏物語や紫式部に関する展示も豊富にあって楽しめます。

わたしが記憶に残っているのは、蛇頭人身にして、三面十臂の弁天を中心に描き、七眷族(けんぞく)と十五童子を描いている「天川弁才天曼荼羅」(室町時代)でした。こんな曼陀羅は初めて見ました。所謂「曼陀羅」でイメージするような、多くの仏様が同心円上に配置されていたり、方形の舛目に配置されていたりするものではありません。まず、中央に立っている弁才天が異形です。コブラをおもわせるような蛇の頭を三つ持つ人身なのですが、手が十本あります。これが「蛇頭人身にして、三面十臂の弁天」ということですね。そして足元に水天と火天を、両サイドに吉祥天と訶梨帝母(鬼子母神)、そして、両肩と正面下の三つの蛇、つまり4人天女と3匹の蛇(の形をした仏?)を配置します。これが七眷族です。「眷族(けんぞく)」というのは、「親戚、同類、仲間」くらいの意味です。

そしてその背景には天川の三つの山がおかれ、手前には十五人の童子が、弁才天をあがめるように左右二郡にほぼ等分して配されています。こんな「曼陀羅」初めて見ました。

なんとかイメージを伝えようと検索してみましたが、こちらのページに、同名同テーマの「天川弁才天曼陀羅」の写真(部分)と解説が載っています。十五童子の記述がないので完全に同じものかどうかはちとわかりません。その続きのページに長谷寺や高野山(親王院)、六角堂などにも同様のものがあることが書かれていますが、珍しい曼陀羅です。

源氏・紫式部の関係では、絵巻や屏風、掛け軸などが並ぶ、源氏の世界のように、まさに優雅で華やか印象です。その大半は大和絵です。大和絵とは平安時代に発達した、日本画の伝統流派です。大和絵の持つ美しさ、それはさまざまでしょうが、豪華さ、華やかさ、繊細さ、はかなさを味わうことができます。「土佐○○」という土佐派(大和絵のメイン流派)の作品が並びますが、多くは江戸時代のものでした。こんな作品を作り続けた人たちはどんな環境にあったのだろう、どんな財政的な援助があったのだろうと、作品よりも背景が気になったりしますw。

また、コーナーの入り口近くに配置された大きな「紫式部聖像」の肖像は色あせて、美しいとは呼びにくいものになってしまっています。上部の賛や背景に書き込まれている源氏物語縁のさまざまなアイテムは、大半が消えているも同然、式部の顔さえ薄汚れ、剥げた能面のようです。しかしその大きさは、圧倒的です。こんなに大きな紫式部の姿がこんなふうに描かれているというのは、掛け軸のようなインテリア的なものではなくて、石山寺が紫式部ゆかりの寺としてずっと人気があった、また、寺側をそれを売りにしてきたのだろうと想像されます。「伝紫式部筆大般若経(巻大百三十六)」というのもありました。年代は鎌倉時代です。紫式部のものであるはずはないといえばそうなんですが、「紫式部が石山寺で源氏の着想を得た」ということ自体も、どのくらい本当で、どのくらい伝聞なのか、また、なぜそんなことが人々に伝わっていったのか、いろいろ考えさせられますよね。だって、そもそもどこで着想を得ようと作品には関係ないわけだし、ここで着想を得たと言われて嬉しいのは、石山寺ですよね。○○の墓所、○○発祥の地なんていう地域興しって今に始まったことではなかったんでしょうね。

「石山寺の美 ―観音・紫式部・源氏物語」展はおもしろく目を楽しませてくれる、まさに石山寺が紫式部と源氏物語と深い関係にあるということを思い知るわけなのですけれど、こういう言い方をすると失礼ですが、そもそも籠もっている間に着想を得た程度のことが、「石山寺」「紫式部」「源氏物語」さらに「月」というキーワードの組み合わせによって、「聖像」と呼ばれるような肖像ができたり、伝紫式部筆の写経が出てきたり、まさに期せずして本来の信仰とは別の世界を生み出しているわけで、そこがおもしろいです。それは、一つのセットとして扱われ、たとえば「紫式部観月図」という同モチーフの作品を、いろんな画家たち書いています。時代を超えて制作意欲を湧かせるモチーフとなり続けているわけで、なにかこう、紫式部の伝説的魅力というものを改めて感じます。

それは、現代でも同じです。「源氏物語千年紀in湖都大津」として、いろいろなイベントが企画されている中で、紫式部をイメージしたロボットMURASAKIが、この石山寺で展示されていることです。(斜め読みする人のために書きますが、岡崎市美術博物館の「石山寺の美 ―観音・紫式部・源氏物語」展でロボットが展示されているのではありません

 → 源氏物語千年紀 in 湖都大津
 → 石山寺:源氏夢回廊
 →  RobotWatch:「高橋智隆氏、紫式部をイメージしたロボット「MURASAKI」を発表~源氏物語千年紀 in 湖都大津

映画やアニメはもちろんとして、もう、ロボットの世界にまで、紫式部や源氏物語はモチーフになってきてるわけなんですね。
ロボットの天才
ロボットの天才
posted with amazlet at 08.10.16
ロボットクリエイタ-・高橋智隆
メディアファクトリー
売り上げランキング: 98026
おすすめ度の平均: 4.0
3 とても魅力的な筆者で、わくわくはできる本。しかし、本人の業績と本の出来、内容は別物。
5 天才って 自分のこと?
4 ロボットざんまい
5 カロッツェリア風ロボットデザイン


大津に行ってMURASAKIを見たくなるし、源氏物語も読みたくなるそんな展覧会でした。



ブログランキング・にほんブログ村へ 

COMMENT



出人が参篭するの

2008-10-16-Thu-13:42
出人が参篭するの?

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2232-94d52bd2

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。