David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の主要ブログは508って……。<月別集計>

2008-10-02-Thu
japan.internet.comが「日本と韓国の Blog 比較1―現状」という記事を書いてます。

記事の概要から言えば、先日の総務省の調査結果(2008年)と韓国の「インターネット白書」(2007年)とのデータの比較をし、ブログが活発な日本に比べて、韓国はSNSが盛んという傾向にあったが、そのSNSがやや停滞ぎみである現状を述べ、ここにきてGoogleが、韓国の設置型ブログツール(自身の PC に Blog 運営プログラムを設置しBlogを公開できるツール)を提供している企業を買収したので、今後韓国のブログが大きく変化するのではないか、というような論旨だと思います。それは、一応は理解します。

そういうことはいいとして、この記事はわたしにはなかなか一読では理解しづらいものでした。(※以下の引用は冒頭の記事からです)

日本の総務省の情報通信政策研究所(IICP)が発表した「ブログの実態に関する調査研究」によると、日本の Blog 総数は1,690万サイト、その中で1か月に1回以上アップデートされる Blog は、300万ほどだという。

韓国の場合「2008年 インターネット白書」によると、2007年7月基準で、主要サイトの Blog 数は約508程度と推定されている。

日本の「1,690万サイト」「300万ほど」と比較して書かれている「主要サイトの Blog 数は約508程度」って、いったい何の数なんでしょうか? 文字通り桁が違うので、「主要サイトの Blog 数は約508程度」といわれて、どのようなものが508あるとイメージしていいかわからないのですね。それとも日本のサイト数はあくまで前置きで比較しているつもりはないのでしょうか。ここでさっそく躓いてしまって、読むのに時間がかかりましたw。

こんな書き方をしてくれるとよくわかります。

その反面、Blog の利用者は着実に増加している。ポータルサイトの Blog サービス(ポータル Blog)中、利用者がもっとも多い「Naver ブログ」の1日平均のユニークユーザーは580万人で、「Cyworld ミニホームピィ」のユニークユーザーとほぼ似たような水準にいたっている。

こういう書き方をしてもらえると、「ポータルBlog」と呼んでいるものが「ポータルサイトの Blog サービス」だということがわかります。NaverはYahoo!とかgooを想像したらいいわけで、検索ポータルサイトで、Naver Japanのブログはわたしも以前使っていましたし。

記事では「ポータル Blog」の特徴を、ポータルサイト内の他のサービスと同時に利用される比率が高い点をあげて、「統合検索の結果において、ポータル Blog 内にある文章の検索結果を上位に配置するケースが多いため、Blog の訪問目的ではなく検索を利用する目的でポータルサイトに来たユーザーでも、自然と Blog を訪れるケースが多い」としています。

続いて「Blog 専門サイト」という言葉も登場します。

Blog 専門サイトのユニークユーザー数は、ポータル Blog に比べ、多少大きな差を見せている。Daum の運用会社である「Daum Communication」の「Tistory」が153万人で、Cuworld の運用会社である「SK Communications」の「egloos」が56万人と、その後に続いている(※1)。

この記述における「Blog 専門サイト」とは、韓国のブログサービスの状況を知らないのですぐには理解できなかったのですが、それに続く記述や、注1の内容が手がかりになりました。

「注1」には

(※1)2008年8月、Rankey.com による、1日平均のユニークユーザー数の資料。日本の場合、「FC2 ブログ」「アメーバブログ」「goo ブログ、」「楽天ブログ」「Yahoo! ブログ」の順で、ポータルサイトの Blog より、Blog 専門サイトが強さを見せている傾向にある(Impress「インターネット白書 2008年」資料)。

とあります(ユニークユーザーではFC2ブログの方がアメーバより多いという統計もあるようなんですね>FC2)。

「Blog 専門サイト」とは、FC2ブログやアメーバブログをイメージすればよく、検索ポータルの付属サービス的な扱いではなくて、「主に(専門的に)ブログサービスを中心にして展開しているサービス」ということになるようです(そもそもそういう名前なんですが……)。その特徴を「ポータル Blog に比べて開放性が高い」、「好みのスタイルで飾ることができ、多様なプラグインを使って個性ある Blog を運用することができる」として、「ポータル Blog より、自身が直接優秀なコンテンツを作り上げていく、いわば“パワーブロガー”が多く集まりやすい」と述べています。そして、日本ではそれが顕著だと言うのです。

こうして、日本では「ポータル Blog」より「Blog専門サイト」の方が訪問者を集めているが、韓国では逆で「ポータル Blog」の方が「Blog専門サイト」より訪問者を集めているという現状ということを記事の大半は述べています。

さて冒頭の「主要サイトの Blog 数は約508程度」というのが、ちっともピンとこないのですが……、「508」が、「ブログサービスを提供してる比較的メジャーなサイト」ということなんだろうかという気もしてくるのですが、「主要なブログサービス」が508ってのはいかにも多いです。これは「日本に比べて活発ではない」なんてことにはならない。

じゃ、ブログサービスの数ではなくて、まさにブログ(「ブログページ」とでも言っておきますか)の数なんでしょうか? 「(2007年7月基準で)主要と言えるほど集客力のあるブログ(ブログページ)は508」……? きっとこっちなんですね。だから、記事の後半の「Googleがブログ設置ツールの会社を買収した」というところにつながって、「ポータルBlogのブログ」でもない、「Blog 専門サイトのブログ」でもない、「個人設置型のブログ」の今後の趨勢に注目したいということになってくるようです。

ああ、難しかった……。「ブログサービス」という言葉や、便宜的でも「ブログページ」とかいう言葉を補助的に使ってもらえると助かると思います。「サイト」ってことばだけではわかりにくいでしょう。それに、全体にユニークユーザー(訪問者)の観点で書くのであれば、冒頭の総務省の情報通信政策研究所(IICP)が発表した数値を持ち出してるのも、ちょっとわかりにくくしています。「アップデート」という言葉があるように、そっちはアクティブユーザー(記述者・管理者)の視点ですから。>書いた人

では、いつものグラフです。月初めですので、月別の集計。
・アメーバがやや伸びが緩やかになってます。
・FC2が上向きに転じてます。
・あとは全体的に低迷という感じです。
actg0809a.gif
※集計はブログファンです。

にほんブログ村 ブログブログ ブログサービスへ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2216-75a2f0ae

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。