David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガも描ける落語家雷門獅篭の「雷とマンダラ」発売!

2008-09-25-Thu
大須演芸場をホームグランドにして、着々と高座の修行を積んでいる雷門獅篭は、プロのマンガ家でもある。あの、立川談志に入門するも、破門され、名古屋は大須演芸場に流れ着き、雷門下となる。実際は、落語家としてよりも、マンガ家としてよりも、シャアコレクターとしての方が、その道では有名であるようなのだが、多芸は無芸、二兎追うものは一兎を得ずは彼の前では禁句、まさに、芸は身を助けるを地で行っている。

雷とマンダラ
雷とマンダラ
posted with amazlet at 08.09.25
雷門 獅篭
ぶんか社


発売予定は9月30日! 価格は880円

内容は、破門から大須演芸場に着き、慣れない名古屋で暮らしを始める。妻との別れ寂しい異郷での一人暮らし、芸人仲間との交流、大須演芸場の楽屋ばなしなど、私小説風連作4コママンガには、ユーモアとペーソスがただよっている。もちろん発売前なのでまとめて読んではいないのだけれど、ほんわら(「本当にあった笑える話」)に連載されていたので、よくいくラーメン屋さんで、ネギラーメンを啜りながら読んでいたので~(笑)、単行本が出ると聞いて楽しみにしている。
 → ほんわら(「本当にあった笑える話」)公式ページ

ブログによると、出版を記念して来月25日、出版記念落語会をやるそうである。ぜひ、単行本買って、大須演芸場に、生獅篭を見に行こう。単行本買ってもって行くと入場料を200円割引してくれる。単行本は880円だから、単行本+入場料で2680円なのだけれど、買わないで立ち読みですませれば、むしろ2000円だけの出費である。さらに、誰かが買ったのを借りて持っていけば、木戸銭割引1800円だけで済むのだ……。ムフフ~。

10月25日
出版記念落語会を大須演芸場にて開催!

開場6時半 開演7時~
木戸銭:2000円 単行本持参の方→1800円

 ※問い合わせ先などは、ブログ参照

獅篭にはこんな本も出ある。軽くて、また、名古屋人気質、名古屋の食事、名古屋の街などが書いてあって、おもしろい。平成17年刊行で、最初に「愛・地球博」がとりあげられている。ついこの間のようで、ありながら、もうずいぶんとたつ。ぼちぼち続編を……と考えてもいるのかもしれない。
名古屋式。
名古屋式。
posted with amazlet at 08.09.25
雷門 獅篭
マガジンハウス
売り上げランキング: 6191
おすすめ度の平均: 5.0
5 面白くて一気に読んでしまった。
5 名古屋って・・・!
5 名古屋って・・・!
5 落語の雷門 獅篭に「も」期待
5 名古屋を知らない人の方が面白いんじゃないか。


それから、立川志加吾時代の「風とマンダラ」全4巻も代表作。談志門下前座時代エッセイマンガ。
風とマンダラ 1 (1) (モーニングワイドコミックス)
立川 志加吾
講談社
おすすめ度の平均: 4.0
4 復活を祈ります
※全4巻。絶版なのでAmazonのマーケットプレイスでバラバラに探すか、絶版を作ってお届け、コミックパーク(「風とマンダラ」。※上画像)で求めることになります。



ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



2008-10-03-Fri-05:23
「雷とマンダラ」について日記を書き
トラックバックさせて頂きました

もしお時間があるとき読んで頂き
間違っているところなどがあればご教示頂けると助かります。

厚かましいお願いごめんなさい

よろしくお願い致します

☆立川さん

2008-10-03-Fri-07:55
コメントありがとうございました。

妄想協会に「とってもおもしろい」と言われても、「どうせ妄想でしょ」って言われちゃいそうですな。

2008-10-04-Sat-04:39
確かにそうですね(笑)

コメントありがとうございました

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2208-864d490d

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

【妄想51】雷とマンダラ発売!・・・師匠!いつか弟子になりに行きますw

自分が近いうち一番弟子になりに行くと勝手に決めている師匠 落語家・雷門 獅篭(かみなりもん しかご)さんの漫画
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。