David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「事故米」が「汚染米」になった今、太田農相の「やかましい」発言を見直す。

2008-09-18-Thu
「事故米」という言葉が、何か、事態を軽く印象付けてるようで気に入らないと思っていたら、最近、「汚染米」という言い方に変わってきてますね。この言葉はこの言葉で、ちょっと、「お洗米」っぽくて嫌なありがた迷惑な響きだと思わないでもないのですが、「事故米」よりはいいかもしれません。実際は、水に濡れてカビてしまったような、純粋事故米もあるかもしれませんが、メタミドホスが検出されたりしているようでして、やっぱり「汚染米」なんでしょう。ちょっとしっくりしませんが。

詳しく読んだわけじゃないので、正確なことはわからない……というか、かなり一生懸命読んでも、正確なことはわからないくらい複雑らしいのですが、簡単にいうと、日本は農業政策というか、食料自給率のことももちろん関係するのでしょう、農家を保護するということで、輸入米には高い関税をかける一方で、WTOの取り決めて、ある一定料の米を輸入しなければならないということになってるようなんです。

で、輸入米を検査すると、カビが生えていたり、メタミドホスが入っていたりして、食用にするには不適切ということになってしまうんで、これを工業米として扱うということになるようなんです。で、そもそもどうなんでしょう、食用として適切な米でなければ返品し、きちんと食べられるものをもらうべきだと思うのですが、どうしてそうしないのでしょう? ちょっとここに、全くの素人ながら、ゲスカンしてしまうのは、同じく農家保護の立場からは、「おいしく食べられる高価な輸入米」であるよりも、「食用には適さない安価な事故米(汚染米)」くらいの方が、むしろ農水省にとって、都合がよかったのではないかということです。むしろ、おいしく高価な輸入米の方が、日本の農家にとっては同じく都合が悪いというか……。ま、これはゲスカンというか、ちょっと【邪推】です。

で、事故米(汚染米)ですが、建前で説明されているような「接着剤」や「糊(のり)」の原料として使用されるということは皆無に近く、実際は、ストックが増えて増えて困ってしまっていたようなんですね。だから、安く買ってくれる三笠フーズのようなところはありがたかったと……。三笠フーズが工業用に転売してるといえば、渡りに船とばかりにありがたくその仕組みを利用して、円滑に事故米(汚染米)がさばかれていくことを、農水省としても喜んでいたような印象さえあります。

そして、「焼酎」「米菓(せんべい・あられなど)」そして「病院や福祉施設などの給食」にまで流通していたことがあきらかになっています。マジで? ほんと、驚くというか、怒るというか、その前に開いた口が塞がりません。ここで思いついたのは「未必の故意」……。メタミドホス入りの餃子であんな事件になってるのです。メタミドホス入りの米が危険であることを知らないはずがない……。製品を回収した焼酎会社や製菓会社もお気の毒ですが、あるいは被害額がきちんと算定できたら、三笠フーズに請求できるかもしれませんが、給食で食べてしまった人たちは、泣き寝入りなんでしょうか? 徹底的に責任をとってもらいましょう~。

さて、農水省です。この三笠フーズに繰り返し検査に入ったが、全くわからなかったそうです。それどころか、担当の課長が三河フーズ三笠フーズに接待を受けていたというような報道もあります。ご当人は「接待ってほどのものじゃない」と言ってるようなんですけど、問題になってます。

そして、ついでに思い出されるのが、ちょっと前の、太田農水相の「国民がうるさいから発言」です。YouTubeに載ってました。



う~む。どうなんでしょうか、これ。問題にされてるような「消費者や国民がやかましいから、一生懸命やる」というふうに言ってるわけではないと思います。むしろ、逆だと思います。太田農相の考えの根底にあるのは「消費者や国民がやかましいから、企業や農家、つまり生産者がきちんとそれに応えないとならない、そういう状況にある。(つまり、国が出る幕はありませんよ~)」と言ってるように聞こえます。つまり、基本的には、ほかっておいても安全だろうという甘い考え方あると思うのですね。

このYouTubeの最後のところだって、「今でも日本は安心なんだけれども、消費者や国民がやかましいから。だけども、さらにそれを徹底してやっていきたい」というように言ってると思います。「消費者や国民がやかましいから、基本的に安全ということでいけるだろう」という発言だと、理解しました。

そこで記事にとりあげたかった麻生太郎の擁護。これ違ってると思いましたよ。「やかましい」は「よく知っている」という意味なんてのは、牽強付会、こじつけもはなはだしいです。

「やかましい」は、「よく知っている」という意味--?

太田誠一農相が食の安全について「消費者がやかましいから徹底する」と発言した問題で、「問題視する方がおかしい」との意見が19日の自民党役員会で出席者から出た。麻生太郎幹事長も役員会後の記者会見で、太田氏擁護論を展開した。
 → 毎日新聞:「やかましい発言:麻生自民幹事長が太田氏擁護論

たしかに、「味にうるさい」とか、「演技にはうるさい」という言い方をすると、ただ、「やかましい」という意味ではなくて、「目が肥えていて評価が甘くなく、いろいろと注文をつける」というような意味です。そういう意味の「うるさい」もある。だから、「やかましい」にもそういうニュアンスの使い方が、ひょっとしたらあるかもしれません。

ただ、太田農相は「消費者としての国民が、いろいろとやかましく言う。それに応えざるを得ない」という言い方をしてるわけで、「やかましく言う」という言い回しです。ここを、麻生のいうように「よく知ってる」なんていう意味には置き換えられません。あとづけの言いわけでしょう。「岡崎でよかった」発言がなくても、ちょっと麻生ってどうかなぁと、ま、このとき(というか、前々から)思っていたのです。

それに対して、福田総理が何か擁護したようですが、この「チャンネル桜」の言うとおりなら、むしろ福田総理の解釈が正しいと思います。

福田首相が「日本の消費者がよい選択眼を持っていて、生産者を育てた。クルマなどはいい例だ」というような擁護論展開していて、それはそのとおりだと、この「チャンネル桜」の人(すみません、お名前存じ上げてません)は指摘するのです。

問題にされた太田農相の「やかましい発言」については、わたしも福田総理の「日本の消費者がうるさいがゆえに、生産者ががんばり、品質が向上した」という解釈で全然構わないと思うので、その点はそれでいいのです……。そして、農業もそうでした。形がきれいでおいし野菜。大きさが揃っていて、均一な作物。そうしたものが1年中安定的にある。日本の農業はすばらしい品質を提供することで、うるさい消費者に応えてきたと思います。

ところが、こうして「汚染米」がこんなに大事件になった今、この太田農相の発言を聞くと、「やかましい」という言い回しが不適切かどうかという問題ではなくて、やっぱり全然危機感がなかったと言わざるを得ないんですね。いわば、「やかましい消費者にあぐらをかいていた」のではないかと。

太田農水大臣が言わねばならなかったのは「消費者がやかましいから安全、でも、さらにやる」というようなことではなくて、「従来消費者がやかましいから安全と言われてきたが、本当にそうなのか? 今一度再点検し、もっと徹底的にやる」というような言葉でなければならなかったのではと思うのです。

後に、他人事みたいと聞かれて、あなたとは違うんですと開き直った福田総理なんですけど、この、太田農水相の、NHKでの「答弁」も、まるっきり他人事で的外れだったといわざるを得ないのですけど……。太田農相の責任は、失言だけじゃなくて、今回の件でも問われるべきだと思うのですけどね。どうなんでしょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



米国なら…

2008-09-18-Thu-09:06
>被害額がきちんと算定できたら(略)徹底的に責任をとってもらいましょう~。

三笠フーズに補償能力なぞないのは最早明白。脳淋衰惨省に矛先を変えて(アレ?変換ミスかなー農林水産省ね^^;)
>「焼酎」「米菓(せんべい・あられなど)」そして「病院や福祉施設などの給食」
を口にした人達を全部集めて一大原告団結成して訴訟~
国が被告の場合つまるところ補償金の出所が税金なのが辛いけど被害者は救済されて然るべき。

USAなら辣腕弁護士がレインメーカー事案だって小躍りするケースなんでゎ?
日本も米の国ならモ少しキチンとして貰いたいものです。


☆スゥ。さん

2008-09-18-Thu-09:54
おはようございます。お元気でしたか。

訴訟ね。あんまり日本では聞かないですが、必要なのかもしれませんね。生産性、品質管理の向上は、日本では消費者がやかましいということによって支えられてきたのですから。ここは、よりいっそう推進するために、次のステップが必要なのかもしれません。

太田農相は「じたばんたするな」とも言ってたみたいなんですけど、むふふ、もっとやかましくしてやらないといけないようです。

一箇所誤記があります

2009-09-18-Fri-22:21
「消費者やかましい」の動画の5行上で、「三笠フーズ」と書いたと思われるところが、一箇所だけ「三河フーズ」となってます。
「三笠フーズ」は極悪な会社ですが、「三河フーズ」は、豊田市の郊外に実在する、まったく別の会社ですので、この部分は訂正された方がよろしいと思います。

☆ねおきさん

2009-09-18-Fri-22:40
はじめまして。
ご丁寧にありがとうございます。

さっそく訂正させていただきます。

「ごめんなさい。申しわけありませんでした」>三河フーズ関係者さま

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2199-d5c66e61

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。