David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「パンズ・ラビリンス」~DVD

2008-08-26-Tue
「パンズ・ラビリンス」の「パンズ」が「Pan's」で、パーン(牧神)であることを知ったのは、公開されてしばらくたってのことだったと思います。「パンズ」というカタカナを見て、これがPanの所有格だなんて思ってもみませんでした。だったら、「パンのラビリンス」って訳せよ、普通そんなことすんか? と思ったのですが、次の瞬間、「チャーリーズ・エンジェルス」とか思い出していたので……。敗北というか、納得しました。でも、パーン=牧神なんて、ファンタジーがいろいろ読まれたり、映画で見られてるとは言え、まだそんなに浸透してるとは思えないので、この邦題はどうなんだろって依然として思うのですね。

パーン(牧神)のイメージはわたしの中では、ナルニア国物語の第1話で、次女(ルーシー。四人兄弟の四番目)がナルニアで最初に遭遇するタムナス(種族名は「フォーン」らしい。こことか)なんです。「パンズ・ラビリンス」のパンとは似ても似付かぬイメージなんです。その点は、いろいろ検索してみると、フォーンとはローマ神話に出てくる半獣半人身の神であり、パーンはギリシア神話に出てくるということで、両者はもともとは別物だったのですが時間とともに同一視されるようになってきたようです。--ちなみに、羊の群れなどが、何かの拍子に興奮して暴れ出すことを「パニック(panic)」というのは、このパーンにちなんでいるそうです(→Wikipedia:「パニック」)。


わたしがパーン(牧神)に興味を持つようになったのは、ピカソ展(→過去記事)で「パンの頭部」という作品を見てからです。ピカソはミノタウロスだけでなく、パン(=パーン)にも持っていて、人の持つ二面性というか、それも理性と野性というか、理性と本能というか、中でも性的なエネルギーをそこにみていたように思われたのです。だから、パーンの話ってどんな話なんだろうと思っていたのですね。

そんなわけで「パンズ・ラビリンス」に期待し、そして一般的でない点についていささか失望しました。もちろん同じパーンなのですから共通点はあります。山羊と人間のデザインがモチーフでできているということは共通しています。しかし、伝承しているパーンはこんなにモンスターっぽくなくて、もっとルックスが人間っぽい、とりあえず、造形的には別物とさえ思うに至りました。

しかし、造形が問題なのではありません。

Wikipedia(「パーン」)にはこうあります。

パーンは羊飼いと羊の群れを監視する神で、サテュロスと同じく四足獣のような臀部と脚部、山羊のような角をもつ

そして、この「山羊」のイメージに多産と同時に性的なイメージがあるわけで、

パーンも性豪として有名であり、しばしばファルスを屹立させた姿で描かれる。ギリシア人はパーンがその魅力により、処女やダフニスのような羊飼いを誘惑するものと信じていた。
 → 同じ

ま、わたしが興味を持っているのは、パーンの誘惑の話なんですね~w、「パンズ・ラビリンス」でも主人公の少女を「誘惑」はします。性的な誘惑ではなく、ま、冒険への誘惑なんですが。そして、少女がパーンの話を周囲の大人にすると、大人たちは「妖精に近づいてはいけません」と言ったりして、パーンの妖精=誘惑というイメージはあるようです。

さてここで映画の設定を書いておきましょう。1944年のスペインです。軍事独裁とレジスタンスたちが戦っています。主人公の少女オルフェウスの母は夫を亡くし、おそらくましに生きるためということもあって、軍の大尉と再婚します。映画は、その大尉の軍が、まさにレジスタンスと戦っている森林が舞台となります。母は大尉の子を身ごもっており、大尉の下で出産するために、臨月にも関わらず長女オルフェウスを伴って前線までやってくるのです。オルフェウスはその道行の車中で、ファンタジーを読んでいます(そしてその本のタイトルが「パンズ・ラビリンス」で、月の王女と妖精の話なのだと思うのですけれど……)。


▲予告です(英語)。

戦乱の中父を失い、母の再婚の相手が軍人とあって、少女は新たな現実を受け入れられません。それどころか、レジスタンスとの戦いは壮絶です。戦争、父の死、母の再婚、弟の誕生、軍人の父の性格、そして前線の戦い……少女は耐えがたい現実の中で、本から出たようなパンの妖精と出会い、ファンタジックな試練を与えられます。そして、ファンタジーの世界と現実世界との行き来が始まるのです……。マンドラコラとか、子どもを食べてしまう目玉のない怪物(本当はあるw)とか、お化け蛙とか出てきます。これがどれも、「ベルセルク」に出てくるくらいグロい。

どうしてファンタジーがこんなにもグロく、恐ろしいのか。それは戦争の現実が隣接しているからにほかなりません。いくつかのファンタジーは過酷な現実からの逃避もしくは寓話として描かれたということを意味してるのでしょう。過酷な現実、困難の連続を乗り越えるのに必要なものは、まず勇気であり、強い意志であり、戦う気持ちであり、あきらめない心であり、知恵であり、そしてなにより愛であることを、「パンズ・ラビリンス」は、他のファンタジー同様に描いています。

グロいシーンが多くて、だからPG-12で中学生以上ならOKということなんでしょうけけれど、ファンタジーの世界のモンスターも残虐ですが、戦争してる人間も負けぬくらい残虐です。グロなシーンを展開するのは、モンスターが多いか人間が多いか比べてみろとでもいいたいのでしょう。

明るく伸びやかな冒険のあるファンタジーを期待してみると失望する人もいるかもしれませんが、こっちの方が上等とも言えると思います。

パンズ・ラビリンス 通常版
アミューズソフトエンタテインメント (2008-03-26)
売り上げランキング: 2734
おすすめ度の平均: 4.0
2 期待はずれ
5 残酷なハッピーエンド
4 一応注意
5 『叫び』が心に残る
3 思いのほかえぐかった。



にほんブログ村 映画ブログへ

うまく記事に書き込めませんでした、「パンズ・ラビリンス」には、パン(パーン)の使者のような妖精が登場します。最初は昆虫ナナフシの姿をしており、やがて背に羽根を持った所謂妖精(フェアリー)らしい姿に変身します。パーンやファウヌス同様半人半獣のサテュロスを通じて、パーンはパック(「ベルセルク」で主人公と同行する妖精)につながります。
 → Wikipedia:「サテュロス

COMMENT



カタカナってなに

2008-08-26-Tue-13:05
カタカナってなに?

コチラの作品 私の昨年のベスト1ムービーでした

2008-08-27-Wed-09:54
牧神って、私はなんとなく山羊+人間ということで、おだやかで優しい神という印象がありますが、そういう面もあるとはちょっと意外でした。

さてこの作品ですが
最近もてはやされているファンタジーとは、方向性をまったく異している作品ですよね。

しっかりした現実があるからこそ、濃いファンタジー世界がある、というのを強く感んじさせてくれました。

コチラの作品のパーンは、少女を誘惑しているのか、誘っているのか、、そこでも見方分かれそうですよね

☆コブタさん

2008-08-27-Wed-22:29
コメント&トラバありがとうございます。

年間ベスト1、へぇ~、そうなんですか。ファンタジーであり、ファンタジーに終わらないというところがいいのかもしれません。それはいいことだと思うのですが、映画となると「娯楽」の側面もありますので、そこは好みもあるでしょうし。

わたしも、残念ながら劇場で見られなかったので、ベスト1はあげられません。

牧神については、ピカソの解釈というか、つまり、性的な誘惑をするという解釈のストーリなんですが、そういう性格づけでパーンをい描いている作品を見てみたいです。こないだ記事書きながらふっとおもったのですが、「ピーター・パン」の「パン」も、これを踏まえてるんでしょうかね。フェアリーのイメージを経由してのことでけど、ふと、そんなことも考えました。

誘惑と、勧誘とは、似て非なるものですからね~。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2177-ec7f403e

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

●パンズ・ラビリンス (EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN\'S LABYRINTH)

久しぶりにファンタジー映画に魅せられた。 ここ数年ファナンタジー世界的に流行しファンタジー映画も多い。 しかしこの作品はそういった...

mini review 07258「パンズ・ラビリンス」★★★★★★★★★☆

1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。『デビルズ・バックボーン』のギレルモ・デル・トロ監督がメガホンをとり、ファシズムという厳しい現実から逃れるため、架空の世界に入り込む少女を通じて
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。