David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛暑日の初日ってあんなもの?~平成20年度名古屋場所

2008-07-14-Mon
昨年気象庁は「猛暑日」を定義して、気温35度以上の日をこう呼ぶようになりました。昨日の名古屋は、まさにこの猛暑日でした。う~ん、初日の土俵、なんとなく全体的に粘りのない相撲が多かったと思ったのはわたしだけでしょうか。あっけない、短い相撲が多かった、そんな印象でした。見ながら、やっぱ、暑いんだろうなぁ、愛知県体育館も、と、冷房の効いたテレビを見ながら思ってました。

まず、琴欧洲が安美錦にあっけなくやられ、綱取りの夢がなんとも細く頼りないものになってしまいました。これは残念ではありますが、解説の北の富士がこの初日の顔合わせを「イジワルな……」と評すと、藤井アナが「いや、東の大関には前頭筆頭はここのところの定番ですから」みたいなフォローをしていました。北の富士がこんなことを言いたくなるのも、不戦勝1を含むとは言え直近5場所で5連敗と、まさに天敵とも言える相手なんですね。それでなくても、精神的な弱さを指摘される琴欧洲に対してこれではと、ま、わからなくもないのですが、ま、横綱たるもの苦手力士がいるのはいいこととは言えないので、琴欧洲の横綱昇進は、安美錦を克服するまで見送りということでもいいかと思うんです。別に条件と言うことではなくて、安美錦への苦手意識が払拭できるくらいに自信がつき、相撲も巧くなれば、自然横綱にも手が届くということで。今場所はあと全勝して14勝1敗の優勝なら、まだ、一応可能性はありますかしらん~。

次に、白鵬と稀勢の里。白鵬はもう、どっしりと安定感があって大横綱の風格ですね。そして強い。このままじっくりいくと、今場所は白鵬って感じがしました。猛暑を感じさせない……。稀勢の里は場所前充実の稽古をして好調と聞きいてまして、事実、昨日もうまく攻めたところもあったと思うのですが、白鵬には全く通じない……。なんだか、本当に横綱らしい横綱になってきたなぁという感じです。

で、結び。朝青龍が豊ノ島に、ついに負けました。今まで攻め込みながらも、惜しいところでやられていた豊ノ島がついに勝ったのです。もちろん、勝った豊ノ島を誉めるべきと思います。低く重いのに手をつかない豊ノ島は、朝青龍にとってはあるいは苦手のタイプに入るのかもしれません。もっとも、過去一度も朝青龍は負けてないのですけれど。それにしても、朝青龍がうまく攻め切れず、豊ノ島に持ちこたえられ、また攻めかけ踏ん張られて腰砕け。危うく無様に背中から落ちるところでした。そこをなんとか残して寄ったのですが、そこですでに腰高という感じで、豊ノ島に逆転の投げをくらうという感じでした。この土俵の粘り合い……のはずが、あっさりと手をついてしまいました。

YouTubeに結び3番が載ってます。→ここ

目多掘部屋勢
 → 「気づいたら初日ドリーム大相撲への参戦
横綱朝青龍1戦1敗
西大関琴光喜1戦1勝
小結稀勢の里1戦1敗
前頭筆頭安美錦1戦1勝
西前頭5把瑠都1戦1敗
前頭6豊真将1戦1敗
西前頭筆頭若ノ鵬1戦1敗
 初日の成績:2勝4敗 銀星1(若の鵬は補欠)
 → バカピカさんのブログのまとめ記事(記事力士成績部屋別成績

愛知勢は十両復帰の玉飛鳥が白星スタートでした~。

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
西大関琴光喜1勝
西十両12市原1敗
十両13玉飛鳥1勝
三段目13深尾
序二段18玉海山1勝
序二段60舛名大


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2128-5d701f70

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

08年7月場所初日 青欧●、大波乱の初日

実況藤井アナ、解説北の富士。 西方土俵入り。千代に歓声、地元ミッキーに大歓声(´
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。