David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルカイダの友人の友人は「死に神」~目くそ鼻くそを笑う

2008-06-21-Sat
朝日新聞の夕刊のコラム欄「素粒子」に鳩山法相が「死に神」と書かれてご立腹だそうです。ほぅ、そう~。

うちは読売ですんでどんなふうに書かれたのかしらないのですが、こちら

 素粒子(6月18日付朝日新聞夕刊一面)

 永世名人 羽生新名人。勝利目前、極限までの緊張と集中力からか、駒を持つ手が震え出す凄み。またの名、将棋の神様。

 永世死刑執行人 鳩山法相。「自信と責任」に胸を張り、2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神。

 永世官製談合人 品川局長。官僚の、税金による、天下りのためのを繰り返して出世栄達。またの名、国民軽侮の疫病神。

と書かれたようだとあり、その情報はこちらとも、こちらとも一致するようなので、一応これが本文だろうということにここではしておきます(こういうのは「孫引き」と言ってほんとうはよくないので、もし、違っていたらぜひご指摘下さい)。

で、これを読んで、友人の友人がアルカイダの鳩山法相が怒ったわけです。

「死に神」表現に猛抗議 死刑執行で鳩山法相(東京新聞6/20)

 「苦しんだ揚げ句に死刑を執行した。彼らは『死に神』に連れて行かれたのか」。鳩山邦夫法相は20日の閣議後会見で、13人の死刑執行を命令したことを朝日新聞が「死に神」と表現したことに対し「軽率な文章には心から抗議したい」と怒りをあらわにした。

 朝日新聞18日付夕刊の「素粒子」欄は、鳩山法相について「2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」などと記載した。

 これに対して鳩山法相は「極刑を実施するんだから、心境は穏やかでないが、どんなにつらくても社会正義のためにやむを得ないと思ってきた」と語り、「(死刑囚にも)人権も人格もある。司法の慎重な判断、法律の規定があり、苦しんだ揚げ句に執行した。彼らは死に神に連れて行かれたのか」とマイクが置かれた台をたたいて声を荒らげた。

 さらに「私に対する侮辱は一向に構わないが、執行された人への侮辱でもあると思う。軽率な文章が世の中を悪くしていると思う」と語った。


同じことを朝日はこんなふうに伝えています。

法相、朝日新聞夕刊コラムを批判 「死に神」表現で(朝日新聞6/20)

 鳩山法相は20日の閣議後の記者会見で、朝日新聞の18日夕刊1面の時事寸評コラム「素粒子」で死刑執行に絡んで「死に神」と表現されたことについて「大変な問題だ。そういう軽率な文章を平気で載せるということ自体が、世の中を悪くしている」と批判、「司法の慎重な判断、法律の規定により、私も苦しんだ揚げ句に執行した」などと述べた。

 「素粒子」では「2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」などと表現した。

 法相の発言について、朝日新聞社広報部は「『素粒子』は、世の中の様々な出来事を題材に、短い文章で辛口の批評をするコラムです。鳩山氏や関係者を中傷する意図は全くありません」としている。

う~む。まず思うのは、「軽率な文章で世の中を悪くしている」というのは、いくぶんあたっていると思います。特に大変な努力をして永世名人となった羽生名人に対してはそもそも失礼だと思います。ま、しかし、たしかに中傷されてるわけではないので、これも表現の自由というやつなのでしょう。

また、永世談合名人も、これは悪事、国民の血税を使って私腹を肥やしていたわけで、ま、「疫病神」と言われてもいたしかたないところもあると思います。さて、鳩山法相。確かに、アルカイダの友人の友人であり、ベルトコンベア式死刑執行論ともいうべき主張をした法相であります。そういう軽率な表現で、いろいろと物議を醸してきた法相ではありますが、少なくとも死刑執行は、法相の権限であり、職務であるとわたしは思います。給料だけもらって、その責務を怠っていた杉浦元法相よりもわたしは評価したいと思っています。法律にある以上は、法務大臣といえども、いや法務大臣だからこそ、信念と違おうがその責を果たさなければならないと思います(嫌なら法務大臣になるべきでないと思います)。だからといって、「ベルトコンベア式に執行する」だとか、「乱数表で決める」だとか言っていいということでは全くないわけです。よくも、そんなことを言っておきながら、「死に神」と言われて、「私に対する侮辱は一向に構わないが、執行された人への侮辱でもあると思う」なんてことが言えるもんだと思います。

そうでしょう。過去に、ベルトコンベアのように機械的に執行するとか、乱数表のように適当に決めるとかいうようなことを言っておいて、自分が「死に神」と呼ばれると、「極刑を実施するんだから、心境は穏やかでないが、どんなにつらくても社会正義のためにやむを得ないと思ってきた」とか、「司法の慎重な判断、法律の規定があり、苦しんだ揚げ句に執行した」などと、よくもまぁ言えたもんだと思います。

ああ、それにしても、鳩山法相が死に神だなんて、むふふ、いけない想像力が働いてしまいますわ。
水木しげるの死神ってこんなんですが、あはは、似てるかも~。となると、自ら貧乏くじって言ってた福田首相は貧乏神ですよね。

舛添厚労相はズバリ!ネズミ男、でもって、伊吹文科相は妖怪中の妖怪ぬらりひょんですね~。

石破防衛相は、ほら、これ(「呼子」って言うらしい)とか、あ、こっちか……。

なんだが、現役大臣に似ている妖怪を次々と探していかせるなんて、朝日も罪な記事を書いたものです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2100-bd8ea67e

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。