David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「漠たる共感」(仮題)

2008-06-13-Fri
マスコミがアキバの無差別殺人者のことを報じている。
衝撃が大きかった。

ダガーナイフを規制してはという声が出ているそうだ。
安易に手に入るのは確かによくない。
無駄に殺傷力が高い。
2トントラックの方は規制するとは誰も言わない。
そりゃそうだろう。
日常的なものなのだ
歩行者天国は休止だそうだ。
日常的じゃないから意味がある
そうした開放感を売りにしたスペースだからなのだ。
特別な空間だった。

ダガーナイフが規制されるようになると、
ダガーナイフの神秘性はさらに増すことだろう。
ほら、これが、あのダガーナイフなんだと。
ヤツがダガーナイフを禁止にしたヤツなんだと。
ソレハ呪イデアリ、同時ニ、信仰トナラナイカ。
錆ビタ勲章ヲ与エルコトニナリハシナイカイ。

心理状態や生育環境、来歴などが「分析的に」語られる。
--深い孤独感 ・破滅・彼女がいない・教育ママ・負け組・挫折・派遣社員・進学校・成績優秀者の転落・キレる……誰かに止めてほしかった。

識者が言う。
--許せない・身勝手だ・甘えだ・自己中心的だ・異常だ・理解できない……。

理解できなくはないだろう。
共感を持つ若者はたくさんいると思う。
若者だけじゃなくて、大人たちにもわかるんじゃないだろうか。
ただし、行動にではなくて、心理に。

念のために書いておく。
犯行は決して許されるものではない。
どんな理由があっても免罪されることは必要ない。

許す、許さないではなくて、
怒る、怒らないではなくて、
悲しむ、悲しまないではなくて、
--いや、たぶん悲しいことに、
この若者の心理を理解する人は、
案外とたくさんいるんじゃないかと思う。

もちろん、誰かの心理のすべてがわかるなんて人はあり得ない。
そんなの誰にだってわかり得ない。
身近にいる人の気持ちがわからないことだってあるのに、
切り取って報じられた断片だけでは、
もちろんわかりようがない。

ただ、自分がこうしていられるのは、
あるかないかの才能があって、
そう呼ぶに値するかどうかの努力をして、
ありがたい家族や周りの支えがあって、
同時に、適当に羽根を伸ばすことができていて、
そして、いくらか運があった。

あのとき大学受験に失敗していたら、
あのとき就職試験に失敗していたら、
あの面接で不合格だったら、
あのとき会社が倒産していたら、
彼女がイエスと言ってくれなかったら、
あのとき母があの言葉を選ばなかったら……。

そんな寒々とした気持ちのなることはないのだろうか。

止むに止まれずに数人に聞いてみる。
--もしそんなふうに感じるとしたら、お前は不幸だ。
--そう言われればそうかもしれないが。そんなふうには思わない。
--全然違うよ。あれは異常だ。
--ふ~ん。でも、全然違うじゃん。

ありがとう。最後の言葉はありがたかった。
あなたはほんとうに優しい人だ。

demo ta reka oremo sodato ittekure.






------ 慎んで犠牲者の冥福をお祈りするとともに、
           被害者及びご家族にお見舞い申し上げます。


ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2089-2818af47

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。