David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琴欧洲が綱取りなんだけど、大関予報を続ける~平成20年度夏場所後

2008-05-30-Fri
平成20年度の名古屋場所(七月場所)は、琴欧洲が綱取りの場所になると思っています。これについて、朝青龍と内館牧子委員が「そんなに甘くなく」という発言をしたのが、先日(25日)記事になってました。

欧洲「綱取り」に内舘氏と朝青が待った(5/25:ニッカン)
琴欧洲の「綱取り」ムードに、朝青龍と横綱審議委員会(横審)の内館牧子氏がともに「待った」をかけた。報道陣に「来場所は琴欧洲が綱取りになりますが」と問われるや、朝青龍は「そんなに甘くないよ」とピシャリ。それまでの笑顔から一転、厳しい表情をつくった。

内館氏は琴欧洲が大関昇進後、ふがいない成績が続き、今場所がかど番だったことを重視。「仮に2場所連続で優勝したからと言って、内規通りに横綱昇進というのはどうでしょうか」と疑問を呈した。

記事によると、朝青龍の真意は「俺が壁になる」という意味で「甘くないよ」と言ったのであり、一方、内館横審委員は大関昇進後のふがいない成績が続いたこと、今場所がかど番だったことなどを指摘して、「2場所連続で優勝したからと言ってちょっと」と言ったわけなんですね。

朝青龍の発言はわかります。「自分が壁になる」かどうかはともかく、二場所連続優勝などはそう簡単にはいかないというのは誰だって思うでしょう。白鵬だって怪我がなおったらあんなわけにはいかなしだろうし……。内館委員のような意見が出るのも、極めて自然だと思います。直前の二場所がよければ、前はどうだっていいのかってことですよね。わたしも疑問でした。でも、理由は「怪我」だったのですからね。怪我を押して出続けての「ふがいない成績」だったわけでしょう。怪我が治って強くなったのなら(つまり二場所連続優勝したのなら)、その点は考慮できるとは思います(見送ってもいいけど、次は優勝でなくても13勝くらいしたら、いいよって言ってあげないとなんか気の毒)。

ただ、この「2場所連続で優勝(またはそれに準じる成績)」というのは、実は相対的な基準で、14勝1敗でも優勝できないこともあるし(論理的には15戦全勝で優勝決定戦で負けるということもあるでしょう。ま、これなら「準じる」んでしょうけど)、13勝2敗で優勝できるのは普通にあるとして、12勝というケースだってあるので、ちょっと曖昧な感じで、実際、「準じる」の方がよく問題になるのです。で、大関予報でごいっしょしている下北陸奥男さんが、個人的に「横綱昇進基準私案」を公開していらっしゃいます(→「これでいいのか横綱昇進基準」)

1.大関に昇進した場所から、2場所連続14勝以上を挙げること。
2.大関において、2場所連続15戦全勝すること。
3.大関において、連続する3場所で順に10勝以上、13勝以上、13勝以上を挙げること。ただし、それらの3場所の間に休場、不戦敗を含まないこと。
4.大関において、連続する3場所で合計40勝以上を挙げること。ただし、それらの3場所の間に休場、不戦敗を含まないこと。

是非を論じるのはともかく、仮に、これを琴欧洲にあてはめてみると、仮に名古屋場所で優勝してももう一場所見送っての、その場合は優勝でなくても二桁以上であれば有資格ということになろうかと思います(※1.の「大関に昇進した場所から、2場所連続」というのは、「大関に昇進した直後の2場所を連続で」という意味ですので、今回はあてはまりません)。
※ちょっと余談ですが、この「綱り」ってときの「り」の用字が落ち着きません。「獲得」で「綱獲り」でいくべきか、「取得」で(「奪取」などでもいいのだけれど)、「綱取り」で行くべきか……。検索数では「綱取り」が圧倒的に多いので、ま、「綱取り」としていきます。ただ、「獲り」の方が「取り」より、意欲的というか、積極的というか、強い意味合いを感じるのはわたしだけでしょうか。

さて、恒例になってます、mimuraさんのところの「第6回 大関予報」はの6月1日締め切りです。わたしも初回から6回連続の出場となりましたが、未だに誰も昇進したものはおらず、成果はありません。まず、わたしの予想を、ドンッ!
oseki06.jpg

こうしてみると、稀勢の里安馬、豊真将の3人から、豊真将が脱落、琴奬菊が追いついてきたという感じですね。ま、現在はこの3人が中心だと思います。まだ、豊真将を加えようとは思いません。「次の大関」を予報せねばならないのですから。ただ、それだけではちょっとおもしろくないので、大穴的な存在として、今まで把瑠都を押していたのですが、パワー中心の把瑠都よりも、勘がよく、また、器用で、そしてなにより、あの安馬に負けたときのくやしがりが気に入ったので、わたしは若ノ鵬に1点入れておきます。

というわけで、

稀勢の里 4点
安 馬 3点
琴奬菊 2点
若の鵬 1点

でお願いします。>mimuraさん

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2079-13edf640

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。