David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江古田ちゃんの「臨死」って~第3巻発売

2008-05-24-Sat
ついつい琴欧洲が初優勝したと聞いて
うれしくなってしまうミーハー相撲ファンのみなさんこんにちは。
この際、来場所も優賞しちゃって、いっそ横綱になっちゃってくださいと、
もっとミーハーなこと考えてる出人です。
ほんでも、いちおう朝青龍が好きです。

さて、昨日、23日は「臨死!!江古田ちゃん」の第3巻の発売日でした。まだ、Amazonに表紙のイメージ画像がなかったので、記事を一日延ばしてました。今日はありましたんで貼っときますね。


 → tag:「江古田ちゃん」

一月ほど前に記事にしたときに、江古田ちゃんの作者、瀧波ユカリのサイン会のことを触れましたが、会場の有隣堂(アトレ恵比寿店)のぺージに告知が載ってましたが、あ、もう「※整理券配布は終了いたしました。」だそうです。残念……って、もっとも行けませんけどね。

ところで、「臨死」ってどういう意味なんでしょうね。検索しましょう。
 → Google先生に「臨死」を質問する。

検索結果を見ると、「臨死体験」がたくさんヒットしますね。「人間が事故や病気などが原因で一度死亡したと医師に診断された後、回復した際に体験したと証言したもの」とWikipediaでは説明されてます。

ふむ。ちょっとまえに、「デスパレート(desperate)」とか、「崖っぷち」とかいう言葉が逸ったのですが、ま、その延長線上にある言葉だと解釈してます。つまり、気分はデスパレートで崖っぷち、でもって崖っぷちから落ちちゃったんですね。でも、まだ、死にきっていない。死にきっていないどころか、まさに、臨死状態で、ま、生死の間をさまよってる……って感じじゃないでしょうか。

実は、沢尻エリカが一発復活をかけるとしたら、実写版江古田ちゃんしかないと……。ま、思っていたのですが、ふっと、あ、矢田亜希子でもいけそうだ、いや、むしろ矢田亜希子の方がいいかも……とおもっちゃったんですよね。沢尻エリカは猛禽の方をやってもらっうってことで……。むふふ。部屋では全裸が原則~。



ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2072-3594a38a

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。