David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「ナルニア国物語~カスピアン王子の角笛」~劇場で

2008-05-23-Fri
久しぶりに映画館に行き(GW以来です)、ナルニア2を見てきました。



おもしろいです。個人的には、第1章よりもおもしろいです。2時間半くらいの長めの作品ですが、展開が早く時間を忘れます。若者のラブストーリーにもできそうなところを、ルーシーやネズミの兵士にスポットをあてて子どもの視点を多くしてあって、子どもも一緒に楽しめる作品になっているというか、第1章よりもファミリー向けになっているかもしれないと思ったくらいです。思い出すのが、「ロード・オブ・ザ・リング」の第2作をスクリーンで見たときに、ほぼ全編にわたる重苦しさです。カスピアン王子のストーリーも、撮りようによってはそういう深刻な状況になるのでしょうけれど、暗さや、恐ろしさが緩和されて、まさにファンタジックな作りになっています。あるいは、人によってここが評価の分かれるところになっていくかもしれません。

第1章を見てないけれど……」という人には、誰かが友だちとかといっしょにいくなら、見てなくて行っても楽しめると思います。もちろん、第1章を見ないあなたを連れていった友だちの方が、3倍くらい楽しめると思いますけれども。ただ、ストーリーが全くわからないかというとそんなことはないので、この話はこの話で充分に楽しめます。

たとえば、ルーシー(二女)が崖の上に立って、アスランが見えたと言っても誰も信じてくれない時に「前にわたしを信じなかった時は後悔したでしょ」みたいなことを言うのですが、これは第1章の冒頭でタンスの奥の世界のことを兄弟たちの誰からも信用してもらえなかったことを踏まえているます。第1章を見ていないとそのことが気づかないわけですが、別に、それに気づかなくてもストーリのおもしろさに全く関係はありません。

また、冬の女王の件も、第1章でエドワード(次男)が冬の女王とどういう関係にあったかを知っていた方がおもしろい場面も登場します。しかし、それを知らなくても、物語には影響ありません。そうですね、大相撲でも、プロ野球でも、たとえばライバル対決とか、過去の対戦とか知っていた方が楽しめるのですが、それと、その対戦そのもののおもしろさとは、別と言えば別なのです。


→ 公式ページ

気になるのはエンディング。4人が現実の世界に戻るときに、アスランと交わす言葉です。不安と期待が広がりますね。



にほんブログ村 映画ブログへ

COMMENT



I love リーピチープ>カスピアン

2008-05-25-Sun-07:50
好いなァもう観に行かれたんですね。
今回はリーピチープに会えるのが楽しみ(↑ネズミの兵士ね〈十二国記〉楽俊のモデルなんですよ)
ナルニアの登場人物心のベストテン第1位なんです♪イケメンプリンスなんかメぢゃない(*^^*)
来日してグリーンカーペットを歩いて貰えないのが残念でなりません(笑)

ところで…
夕べは〈雷門福三 二ツ目昇進披露落語会〉へ出掛けました。大須演芸場は2階席を開け補助椅子を配しても立見の客が押すな押すなの大盛況。
和やかな好い会でした。
三亀司師匠(先生?曲独楽師の尊称は分かりません)も相変わらずスッ惚けたフッ飛ばし具合で大ウケしてました~

☆スゥ。さん

2008-05-25-Sun-10:41
ああ、福三さんの。そうでしたね。
わたしは、観劇の予定が入っていたので、行きませんでした。ま、演芸場がそんなに熱気があったなんてすごいです。

リーピチープっていうんですか。なかなか、人気者だと思います。
アスランとともにメインキャラの一人でしょうね。映画を見れば、誰でもファンになると思います。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2069-39cf1b7e

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。