David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「靖国」の上映中止って、かえって見たくなりませんか?

2008-04-02-Wed
十把一絡げみたいに言うのは嫌なのですが、どっちかというと「戦争映画」というジャンルは好きではありません。好きでなくても、そちらのことを話題にし、気にしていないと、人はすぐ戦争の悲惨さを忘れてしまうので、もう古いことだ、もう毎年同じだなどと言ってないで語り継ぐことは大切だと思います。だからそういう作品をそれなりに評価はします。

「靖国」という映画については、実はまったく興味がありませんでした(正確にいうとしりませんでしたし、知っていたとしても興味は持てませんでした)。映画を選ぶとき、お気に入りの女優が出ているとか、もともとそういう傾向が好きとか、ま、そういうのは別にして、また、そうでなくても、「評判がよい」というのは別にして、そうではなくて、「華氏911」とか「不都合な真実」とか、一種のプロパガンダ的な色合いを帯びているというか、問題作というか、あるいは、一種の政治的な意味合いを持つというか、そういう作品というのは、それだけでわたしは選ばないんですね(むしろ敬遠するというのに近いかと思います)。



だから、「靖国」という映画についても、ほとんど興味がなかったんです(というかほとんどその存在を知らなかったという感じです)。ところが、「公開直前に上映中止が決定される」という、きわめて異例ともいえることがおきてしまいました。

靖国神社を題材としたドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」を4月12日から上映する予定だった銀座シネパトス(東京都中央区)、シネマート六本木(同港区)、Q-AXシネマ(同渋谷区)、シネマート心斎橋(大阪市中央区)の4つの映画館が相次いで上映自粛を決定。3月31日、同作を配給するナインエンタテインメント、アルゴ・ピクチャーズが発表した。

同作については、すでに新宿バルト9(東京都新宿区)が上映の取り止めを決定していたが、さらに上記4館が上映自粛を決定したことによって、予定されていた公開劇場がなくなるという異例の事態となった。
 → eiga.com:「異例!ドキュメンタリー「靖国」が、公開直前に上映中止決定!」(4/1)

上映中止決定の背景には、一部の政治団体が街宣jカーなどでつめかけて、住民やテナントなど近隣の迷惑になるということを心配してのことのようです。また、これはわたしの想像ですが、映画館や配給会社などで話し合って足並みをそろえたということもあるかもしれません。

う~む。ちょっと待ったぁ。わたしは「靖国」がどんな映画なのか全く知りませんでしたが(たとえば靖国に肯定的なのか、靖国に否定的なのかを知りません。ただ、経緯から、否定というか批判色が強いものだろうとは思いますが)、とりあえず、この上映中止の経緯を見て、いつかは見たい映画だと思うようになってしまいました。そうしてちょっと興味を持ち検索してみると、以前から注目されていたなか、先日の香港国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞に選ばれたのですね。

靖国神社の現実と精神構造に、映画『味』の李纓(リー・イン)監督が挑んだドキュメンタリー映画『靖国 YASUKUNI』が香港国際映画祭にて最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した。

 本作は靖国神社というそのデリケートなテーマから、以前より国会議員試写や一部映画館の上映取りやめなど、さまざまな人や場所にて、物議を醸していた問題作。
  → eiga.com:「問題作『靖国 YASUKUNI』が最優秀ドキュメンタリー賞を受賞!-香港映画祭-」(3/27)

個人的には、スルーしてほどんど見るとは思われなかった作品のはずが、海外の映画際で最優秀ドキュメンタリー賞をうけながらも、国内で一部の者の圧力で上映中止になった作品という、ただそういう事実で、つまり、映画の内容への関心とは無関係というか、別のレベルで見たいという作品になってしまったのです。

あるいは靖国神社を大切に思う人たちには許せないような部分があるのかもしれません。もしそうだとしたら、わたしはそれを見てみたいと、まぁそう思ったのです。ああ、あの人たちが見せたくないと感じたのはここだったのか、見せたくなかったのはこれだったのかと、それが知りたいと思うようになったのですね。

上映中止を訴えている方たちはどこでご覧になったのでしょうか? 自分では見ないで上映中止活動をなさっているのだとしたら、やっぱりそれはよくない。せめて、見てから言ってよって思います。そして、そのためには、やっぱり上映しなければそれができないのです。

先日、「コドモのコドモ」の映画化について、わたしのブログ記事に長文のコメントを寄せられることがありました。「コドモのコドモ」はいろいろとけしからん作品だとその方はおっしゃいました。その人は、マンガを全部読んでの感想だとおっしゃっていました。これが映画化されるとなると危惧することがいっぱいあるぞというのがその方の意見でした。わたしは、連載中途切れ途切れに読んだということで、すでにその点でその人に及んでいません。そして、映画についてはまだ見ていないので(まだ、できてないのですけど)、やはり、コメントできません。「教えていただいた観点からも見てみることにします」とお返事しました。
  → 過去記事:「「コドモのコドモ」が映画化

映画「靖国」も、まず見ましょう。というか、上映の機会は与えられなければならないと思います。一応、香港国際映画祭の最優秀ドキュメンタリー賞です。それなりに評価をされて、世界的には見られるんです。それを見る機会も奪われてしまったら、もうものが言えない。実際の作品を見もしないで意見は言えません。「俺は見たすばらしかった」と言っている人に、あの映画のこういう点は間違っている、ここが偏っているとうような反論ができないではありませんか。それは愚かな選択です。

参考までに、読売新聞の社説(4月2日)では、この映画の内容の問題、この映画に対して公的助成金が出ている問題が浮上していることなどをとりあげつつ、「憲法が保障する「表現の自由」及び「言論の自由」は、民主主義社会の根幹をなすものだ。どのような政治的なメッセージが含まれているにせよ、左右を問わず最大限に尊重されなければならない」と書いています。
  → 読売新聞社説:「「靖国」上映中止 「表現の自由」を守らねば(4月2日付・読売社説)

にほんブログ村 映画ブログへ

コメントでスゥ。さんが「太陽」の公開のときによく似た感じがあったんで見たというようなことを書いていらっしゃいました。
太陽
太陽
posted with amazlet at 08.04.03
クロックワークス (2007-03-23)
売り上げランキング: 1649
おすすめ度の平均: 4.0
5 今ひとたびの僥倖
5 これはあくまで
3 舞台を見ているような作品
1 消化不良
3 時代に翻弄されたひとりとして

わたしも、DVDが出たときに、そういえばと思ってこれを見て、なんというか感想が書けなかったのを思い出しました。昭和天皇を、今の皇太子と並べて論じて意味があるかどうかはわかりませんが、わたしは皇室の人間のなかでは、同世代といってもいい皇太子に一番興味があるのです。恐縮ですが、昭和天皇には昭和天皇なりの、そして、皇太子には皇太子なりの、苦悩がおありなのだろうと思います。その苦悩を描き、また、理解することが、なにか、天皇を冒涜し、皇太子を貶めることになるとは思いません。否が応でも時代に押し流されるときがある点では同じだろうし、葛藤や苦悩、不安は誰あろうあって当然だと思いました。


靖国神社をテーマにした日中合作のドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」の上映中止問題で、大阪市淀川区の映画館「第七芸術劇場」が、当初の予定通り5月10日から上映することを決めた。(中略)この映画については全国18館が上映を予定していたが3月末、東京の4館と大阪1館がトラブルなどを警戒して公開中止を決定。

残りの13館については第七芸術劇場のほか、名古屋シネマテーク(名古屋市)が5月3日の公開予定を延期して上映を決めているほか、サロンシネマ(広島市)が6月、京都シネマ(京都市)が8月などと、今のところ当初の予定通り上映する見込み。
 → YOMIURI ONLINE:「映画「靖国」、来月大阪で上映…初の一般公開

COMMENT



〈太陽〉が

2008-04-02-Wed-15:27
似たような経緯で日本での公開が危ぶまれたのではなかったかしら。
今記事の出人サンと同じく却って興味をソソられたので昨年シネマスコーレで上映されたとき観に行きました。

昔の(たぶん)政治家が思想的に全く対極にいる相手に云ったという言葉が(発言者の名は失念しましたが)記憶に残っています。
曰く「私と君の考えは相容れない。私は君の考えに全く共感できない。しかし君が君の意見を述べる自由を私は私の命を懸けて守る」

(↑台詞は正確ではないけれど大意は違っていない筈)
民主主義の根本だと思うのですが…

☆スゥ。さん

2008-04-02-Wed-19:59
あ、それ、聞いたことありますね。ヴォルテールですかしら。
「私はあなたの意見には反対だ、だがあなたがそれを主張する権利には賛成だ」なんて書いてあります。
→ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%AB

ま、パソ通時代の経験もあって、ネットでこそその精神でいきたいと思っていたものですが~。

・「太陽」については、追記に書いておきました。

公開決定

2008-04-03-Thu-09:50
おっとヴォルテールでしたか~^^;知ったかぶりの恥っ掻きでしたねー^_^;

ところで大阪で上映決定だそうです。朝の情報番組で新聞記事を紹介していました。

☆スゥ。さん

2008-04-03-Thu-20:08
お、大阪でも、名古屋でも公開のようですね。
ちょっとまた、これも追記しましょう~。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/2016-cc550182

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。