FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

天皇誕生日に考える正しい年齢詐称

2004-12-23-Thu
きょうは天皇誕生日。仕事が休みだ~くらいにしか思い入れはないのでありますが、それだけでもなんなんで、お誕生日おめでとうございます。跡取り問題にお悩まれになった「仕事を捨て家庭に入られた、長男の嫁」も快方にむかうようであられますし、「誰がなんと言おうと負け犬」と呼ばれてしまいそうだったご長女もお相手お決まりになったようで、悩みまでもまさに国民の象徴の面目躍如だと、ある種の感銘を抱いておりましたが、いずれにいたしましても、良い方向にすすまれますようで、おめでとうございます。一国民としてお喜び申し上げます。

さて、いやらしい前口上はこのくらいにして、今日は、天皇誕生日にちなんで、年齢のことを書きたく思います。副題として、「正しい年齢詐称」などとしましたが、ま、そんな大仰なはなしでなく、年齢のサバの読み方について書きたいのです。

で、知プラーといたしましては、とりあえず「さばを読む」あたりで、知識検索したいわけです。

こうなります。↓(■1~■3などを適宜挿入)


TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTT
知識plus 6 件 1-6 件目

■1 [解決済] さばをよむ?? (評価:4 回答数:2 閲覧数:65 ポイント:0)
... 粒を読む→生飯を読むとなったという説。 ・梵語にも「さば」という言葉が...粒を読む→生飯を読むとな
ったという説。 ・梵語にも「さば」という言葉があり、禅家(禅宗の寺院)では散飯と書いて、鳥などに一つ
まみを投げ与えました。その飯を「さば(生飯)」とい...

知識plus > 生活 > 生活の知恵 (質問登録日:2003-12-18 質問者:plusevent 回答者:なのあ)
■1(→ http://plus.naver.co.jp/browse/db_detail.php?dir_id=8&docid=3914 )

■2 [解決済] サバを読むのはやめて欲しい。 (評価:8 回答数:2 閲覧数:106 ポイント:0)
... 粒を読む→生飯を読むとなったという説。 ・梵語にも「さば」という言葉が...粒を読む→生飯を読むとな
ったという説。 ・梵語にも「さば」という言葉があり、禅家(禅宗の寺院)では散飯と書いて、鳥などに一つ
まみを投げ与えました。その飯を「さば(生飯)」とい...
知識plus > 社会&文化 > 一般常識 > 語源・由来 (質問登録日:2003-12-18 質問者:plusevent 回答者:なのあ)
■2(→ http://plus.naver.co.jp/browse/db_detail.php?dir_id=6&docid=299 )

■3 [解決済] 「サバをよむ」のサバとはなんのこと?   (評価:5 回答数:2 閲覧数:67 ポイント:0)
... 粒を読む→生飯を読むとなったという説。 ・梵語にも「さば」という言葉が...粒を読む→生飯を読むとな
ったという説。 ・梵語にも「さば」という言葉があり、禅家(禅宗の寺院)では散飯と書いて、鳥などに一つ
まみを投げ与えました。その飯を「さば(生飯)」とい...
知識plus > スポーツ (質問登録日:2003-12-18 質問者:plusevent 回答者:なのあ)
■3(→ http://plus.naver.co.jp/browse/db_detail.php?dir_id=10&docid=593 )

……以下略

LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL


おお~ あいかわらずの plusevent 氏の活躍ぶりには恐れ入りますね~。よくもまぁ同じコトを3回も、しかも同日に、別々のディレクトリで聞いたもんだとまあ、感心するというか、呆れるというか……、まさに、知プラ黎明期から、「既出」だとか「ディレクトリ違い」だとかいう問題に悩まされていたわけであります。

それにしても、検索の結果として表示されている引用文が3つとも同一なのはどういうわけなんだろうと思ってそれぞれをクリックしてみると、なんとまぁ、みんな同一回答者の、同一文章の回答がベストになってます。(呆!) それもまぁ、同じ日に回答なさっているのですね……。まぁ、これが、検索結果の表示がみんな同じ理由だったのです。ま、当然ですね。回答者の なのあ さんには問題がないのでしょうけれども、それにしても、なんとなく、杜撰という言葉を思い出さないではいられません。 

さて、本題というか、わたしの知り合いの女性の話です。彼女は本当は20代半ばのはずなんです。正確にいくつかは誰もしりませんが、そのくらいであることは誰だって分かっています。すでに結婚しているし……。

わたしがいつもとおるその交差点は、いつにもなく渋滞していました。片側2車線も、3車線もあるような広い国道が交わる、大きな交差点ですが、その手前で立ち往生する1台の軽自動車があったのですね。

なんだ、こんなときに迷惑なヤツだなと思って、横目で運転手の顔を眺めながら行き過ぎようとすると、知り合いでした。その彼女のクルマだったんです。なんだこりゃ、気の毒にと思って、わたしはUターンなどして路地にクルマを止め、△ボードを出したり、ちょっとした交通整理のようなことをしたり、彼女を助けました。警察を呼んでクルマを移動したり、レッカー移動後、彼女を自宅に送りとどけたりしたのです。

ま、そのクルマの中での会話です。もちろん、お礼やねぎらい、お見舞いなどの会話があってからですが、
「……嫌なことって続くんですよね……助かりました。」
彼女は、わたしのクルマの助手席で言いました。
「先日は、姑がクルマぶつけたり、そのショックで入院したり、いろいろ大変だなって思ってたら、今度は、わたしがこんな恐ろしいめに……」
などと話をするのです。

「ああ、続くよね……。わたしの知人にも、この1年間で、会社が倒産して、おかあさんが脳梗塞で入院し、あげくに奥さんが亡くなった人がいたな。彼は、本当にしみじみと、厄年って本当にあるんだなって言ってたよ」
と、わたしが答えると、
「え、厄年ですか……。わたしはそんなんじゃないんですけど……。ときどき、冗談で、友だち同士で、あんたは18歳、わたしは19歳って言ってますけど……。 ……そういうのあるんですかねぇ……(笑)」
「……それかなぁ(笑) わたしはそういうの全く信じないけど、わざわざ年齢詐称するのに厄年を選ばなくてもいいよね。それで不幸背負いこんでもさ……」
「あーそうだ~。もういやだぁ~。もうやめよう。もうやめよう。もう、これから18、19、20は使わないようにしよう……。これからは21歳で……」

ただ、それだけの話なんですけど(笑)。

そもそもが「19歳」にも無理はあったですが、ま、それはここだけの話にして、年のサバを読むことが、みなさま、どのくらいあるものか……、ネットなんかでは簡単にできちゃうんでそういう方もいるかもしれません。

それにしても、ま、年齢詐称するときにも、敢えて厄年に設定する必要もないかと存じますよ。こんなこともありましたので(笑)

ちなみに、厄年ってのは、これです。
 → 知プラ「厄年」

ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/20-0efa9d80

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME