David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「棚の隅」~DVD

2008-02-11-Mon
連城三紀彦の短編「棚の隅」の映画化です。
棚の隅―珠玉短編集 (COSMO BOOKS)
連城 三紀彦
コスミック出版 (2007/04)
売り上げランキング: 474061
おすすめ度の平均: 4.0
4 「棚の隅」に忘れ去られたような人たちの忘れていた恋

「大人の映画」なんだそうですが、たしかに、しみじみとしたいい作品です。

街の小さなおもちゃ屋の店主は元気で明るい妻と8才の男の子との三人の平凡だけれど、ま、所謂ささやかな幸福的な生活をしています。しかし、実は、過去にはとんでもないことがあったんですね。産んで間もない頃、元妻が失踪してしまったのです。今の妻は子どもが産めない身体で、もちろんそれを喜ぶ女などはいないでしょうけれど、結果それが幸いして、先妻の子をわが子のように愛し、また、子どもも過去の事件など知らぬまま、すくすくのびのび育っているのです。

ところが、その失踪した元妻は保険の外交員をしていまして、皮肉にもその地域を担当することになってしまった……。そこで、再会しなくてもいいはずの再会をすることになります。そして……。という映画なんですね。おもちゃ屋の主人が元妻のことをどう思い、そういう夫のことを今の妻はどう思ったか。産めないながら育てた女は、子どもを産んで捨てて逃げ出した女のことをどう思ったか。そして、逃げた元妻は、元夫のこと、子どものことをどう思い、今の幸福をどう考えているか……。というような、ま、決別しきれない過去と、今と、未来の幸福というようなことを考えさせてくれる作品ですね。

DVDにおさめられている特典映像で役者や監督が映画を「曇り」とか「ニュートラル」とかいう言葉で紹介していましたが、そういう感じです。ただ、脚本家の浅野が「誰でも心の隅にある忘れかけてものをもう一度見つめて」みたいなことを言っていたのですが、そういうメッセージもあるとは思うのですが(もちろん、脚本家が言うのですからそうなんでしょうけれど)、わたしとしては、忘れようにも忘れられない一抹の雲みたいなものが、必ず誰しも心なり、記憶なりの棚のどこかにあると思うんですね。で、それをどうちゃんと片づけるかってことなんじゃないのかなと思いました。あ、同じこと言ってるのか……。見つめるのあとには、片づける必要があるなら片づける……。でも、その特典映像の浅野の言葉は、ちょっとタイトルに引っ張られて、ちょっと違うなって響いてしまったのです。

いい映画だと思います。原作はこっち。

棚の隅
棚の隅
posted with amazlet on 08.02.11
タキ・コーポレーション (2007/09/07)
売り上げランキング: 64904

 → 公式ページ

で、この映画はリトルバードという新しく、若い、そして小さなプロダクションが作ってまして(→参考記事)、次の作品は「休暇」(吉村昭「蛍 (中公文庫)」所収)というのが決定しています。

刑務官、それも死刑執行刑務官の話です。もう、やってる仕事が重いですから、もう重いものに違いありません。どこの世界に、好んでこの仕事に付く人がいるのか……、誰かがやらねばならない仕事にちがいありません。確かに、死刑制度がなくなればこういう思いをする「役人」もいなくなるわけです。読んだことありませんので、どんな作品になるかわかりませんが、見てみたいです。
 → 映画「休暇」公式ページ

どうやら、山梨で撮影し、山梨の俳優をたくさん使って、今月中にも山梨で先行公開らしいです。アイシティさんが喜びそうな感じ~。
 → 山梨で独占先行公開のページ

にほんブログ村 映画ブログへ

COMMENT



コメントありがとう

2008-02-11-Mon-18:29
出人さん、映画「休暇」で喜んでいるアイシティkofuです(^o^)
コメントとトラックバックありがとうございました。
甲府、湯村の杜竹中英太郎記念館もすぐ傍に遊歩道と小さな公園も完成間近で、館長さんも主宰さんも大忙しという状況みたいです。
館長日記にもご訪問くださいませ。
http://takenaka-kinenkan.jp/

☆アイシティさん

2008-02-11-Mon-20:16
こんばんわ~。
喜んでらっしゃいますよね~。

ええと、館長さんの日記、さっき拝見してきました。

なにか、画集がオークションに出ていたとか、そんな記事が目にとまりました。なんだか、ずいぶん高価で売れたそうで~。ショックっぽかった~。ガンガン売っちゃえばと思ったけど、そんなことこ書くと叱られそう~。

大杉

2008-02-16-Sat-12:42
TBありがとう。
僕はこういう超低予算映画にも、きちんとつきあう大杉漣という役者さんは、すごいなあ、とあらためて思いました。

☆kimionさん

2008-02-17-Sun-00:08
はい。
予算のことびっくりしました。
大杉漣は面白い人だとあらためて思いました。
いろんなことができる、まだこの先楽しみな人ですね。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1949-4be6cc1e

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

mini review 07270「棚の隅」★★★★★★★☆☆☆

直木賞作家、連城三紀彦原作の短篇を映画化した珠玉の愛の名作。かつて夫婦だった中年の男女が再び出会い、互いに新たなスタートを切るまでの葛藤(かっとう)を描く。主演は『悪夢探偵』など300本以上の作品に出演しているベテランの大杉漣。そのほかの出演者も『無花果

(映画)棚の隅

この映画の制作費は、500万円。これだけ低予\\算だったらあまり期待できないのではと思いながら見ていましたが…。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。