David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:エロチック乱歩「人間椅子」&「屋根裏の散歩者」~DVD

2008-01-03-Thu
先日「椿三十郎」を見たときに、映画好きの同僚Tがこんなことを言ったのです。

「出人さん、よく見に行ったね~
 わしは見る気がせんね~。
 オリジナルを超えるわけがない。
 どうしてオリジナルの方がいいに決まっているのに……。
 ぜひ、オリジナルを見てよ」

そうして彼は黒澤明のいくつかの作品が凄いということをいい、『七人の侍』を見ろとわたしに強く進めたのです。わたしは、彼の本物志向にはいささか引く時もないわけではないのですが(たとえば「モナリザはいい」だとか、「やっぱり富士は見事だ」とか、そういうことばかり言うのです。もちろんそれは間違ってないのですが、別に彼に言われるまでもなくそうだろうなって思いますし……)、ま、せっかくそこまで薦めてくれるので、ま、見ないのもなんなので、『七人の侍』をたびたび探しにレンタル店に行くのですけれど、たぶんみんな同じような事情でしょう、黒澤の『椿三十郎』も『七人の侍』もレンタル中なんですわ。

で、ま、はずみで借りてきてしまったのが、このエロティック乱歩シリーズの『人間椅子』と『屋根裏の散歩者』の2作品なんですね(いっしょに「犬神家の一族」(2006年版)も借りてきました)。

どちらからでもよかったのですが、わたしは話としては『人間椅子』の方が好きなので、こっちから見たのです……。

エロチック乱歩 人間椅子
ジェネオン エンタテインメント (2007/10/24)
売り上げランキング: 14388
おすすめ度の平均: 2.5
2 タイトル
3 異常性愛…


う~む。これは、いかんだろう(笑)。わたしは、同僚Tのようなオリジナル至上主義(勝手にわたしが命名しました。Tは不本意かもしれません)ではありません。むしろ、逆で、どんどんそういうヤツに挑んで欲しいと思っています。その勇気を買いたいとさえ思っているのいるのです。でも、ちょっとこれはマズいと思いました。江戸川乱歩の小説『人間椅子』とは、似ても似つかぬ作品なんです(それでも、「仮面の忍者赤影」のリメイク(ということになってると思うのだけれど)の「RedShadow」よりは何倍もマシ)。ほんと、共通点は、「人間椅子」と女流作家くらいしか見つからないんです(笑)。

ま、しかし、少し好意的にとらえるなら、乱歩の「人間椅子」をメインに、「陰獣」や「芋虫」の世界にもメインに描かれた倒錯的な性愛の深まりと地獄性を凝縮した作品ということが言えるかもしれない……と。つまり、乱歩の「人間椅子」を題材にしながらも、「人間椅子」には描かれず、「芋虫」や「陰獣」で描かれた、出口のない泥沼というか、淫靡で破滅的な性愛の世界を描いているのかなと、ま、いちおう思いました。そういう意味では、乱歩の持つ一つのエロスの世界(破滅的異常性愛とでも言いましょうか)を描いた作品と言えなくはありません。

つまり、オリジナルを超えるとか、オリジナルと競うとかいう視点ではなくて、自分の解釈に自分なりのアレンジを加えて再作品化したのだと考えて、ま、そういう視点で見るということになるわけですよね。

もう一つの「屋根裏の散歩者」も、ま、江戸川乱歩の「屋根裏の散歩者」とは全く別の話です。ただ、「人間椅子」よりは評価できるのは、主人公の女性ライターが郷田三郎(乱歩の「屋根裏……」に同姓同名の人物が登場)を取材して、郷田が住んでいたアパートを訪れるという、乱歩の「屋根裏の散歩者」のパロディとしてなりたっているということでしょう。そうして、郷田がしていたのと同じように屋根裏を散歩するわけです。いわば、「男もすなる屋根裏の散歩といふものを女もしてみむとてするなり」という趣向になっていまして、そう設定を思いついたということで評価できると思います。小説に出てきたような天井裏から覗くというシーンもあるし、また、そこで展開されているのは、やはり妖しく、エロチックなシーンで、そのあたりも乱歩趣味だし、そこになぜだか道化師が出てきたりして、そういう演出なら許しましょうという気に、一応はなりました。

エロチック乱歩 屋根裏の散歩者 完全版
アートポート (2007/11/21)
売り上げランキング: 4453
おすすめ度の平均: 1.5
1 これが最悪っていうんだ
2 セミヌードで魅力もない
1 期待はずれ


この2作品がAmazonで非常に辛い評価を受けているのに対して、今日見つけたのですが、いい評価を得ている乱歩の映画化を見つけました。

人間椅子
人間椅子
posted with amazlet on 08.01.02
ジーダス (2006/01/27)
売り上げランキング: 34657
おすすめ度の平均: 5.0
5 実に実に、これは隠れた名作なのです。


にほんブログ村 映画ブログへ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1888-b53fb6f4

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。